映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」


chirosukeは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」を観に行ってまいりました。

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」 2D・吹き替え
(Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales)
監督: ヨアヒム・ローニング
   エスペン・サンドベリ
制作:ジェリー・ブラッカイマー
制作総指揮: マイク・ステンソン
         チャド・オマン
脚本:ジェフ・ナサンソン
衣装:ペニー・ローズ
音楽:ジェフ・ザネリ

2017年 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間: 129分
http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html

「キャスト」
ジャック・スパロウ:ジョニー・デップ
サラザール:ハビエル・バルデム
ヘンリー・ターナー:ブレントン・スウェイツ
カリーナ・スミス:カヤ・スコデラーリオ
ギブス:ケビン・R・マクナリー
ヘクター・バルボッサ:ジェフリー・ラッシュ
ウィル・ターナー:オーランド・ブルーム
エリザベス・スワン :キーラ・ナイトレイ
アンクル・ジャック : ポール・マッカートニー

chirosukeはこのシリーズはTVで何度か観ていますが、映画館で観たのは今回が初めてです。
chirosukeの感想は・・・
映画館で観て良かったです~。
もともと荒唐無稽なお話で、スケールが大きい。
世界観がしっかりあってとても楽しめました。

ジョニー・デップは完璧なジャック・スパロウ船長です。
歩き方、走り方、いなし方、喋り方、立ち姿・・・どうしようもなくどっぷりジャック・スパロウであります。
このお決まりというか、お約束を正しく大画面で観るためだけでも、映画館で観る価値があるとchirosukeは思いました。
良質なエンタメ、ディズニーになってからオドロオドロしさはちょっと薄まったのかもしれませんが、こんな豪華で洗練されたドタバタ映画、chirosukeは大好きです。

舞台で「幕開き三分」というのがあります。
演出家の蜷川さんが昔から「幕開き三分」が勝負ということを言っておられました。
最初の数分で観客の心を掴めるかどうかが肝心ということですね。
「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」は「客電落ち20分」でありました!
座席が暗くなって本編が始まってから20分くらい、ガーッとすごい勢いで観せます!
出し惜しみ全く無し!
ここまでやっちゃって、残り100分以上どうすんのよ・・・とchirosukeは思いました。
心配ご無用・・・残り100分も「ガーッ!」でありました。

サメがすごい!怖い!
chirosukeは「うわっ!」と声が出て涙目になりましたよ。

chirosukeが好きなバルボッサの活躍もとても良かったです。
そして何といっても「ここぞ!」という場面で登場するギブス君に、chirosukeは何度も両手をグーです。
お約束の父と子の絆より、このギブス君の忠誠心(金貨や銀貨の枚数で微妙に変化したりする)にこそchirosukeは感動しちゃうんだな。

映画館のディスプレイです。
ここにはぜひ「ギブス君」も登場させてほしいと思うchirosukeであります。

感動するような物語ではなくても、迫力の映像美と常識を超えた想像力と意外な展開、ハラハラドキドキの連続、そしてお約束の音楽が流れて心が踊ってしまう。
それも映画の魅力ですね。(それこそが魅力)
荒唐無稽で細かいことは気にならないのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」という揺るぎない世界がスクリーンにあるからです。
その世界感を揺るがせない為に、エキストラの衣装、靴、帽子に至るまで隙が無い。(ここはしっかり細かく!)

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」、ぜひ映画館でどうぞ~!

映画 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇」


chirosukeは「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」」を観てまいりました。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章「発進篇」
監督: 羽原信義
原作: 西崎義展
シリーズ構成: 福井晴敏
制作総指揮: 西崎彰司
副監督: 小林誠
音楽: 宮川彬良

2017年 日本
配給:松竹メディア事業部
上映時間: 96分

http://yamato2202.net/

上映期間: 2017年6月24日~7月7日
料金:1,200円均一 

「キャスト」
古代進:小野大輔
森雪:桑島法子
島大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠
徳川彦左衛門:麦人
佐渡酒造:千葉繁
山本玲:田中理恵
新見薫:久川綾
南部康雄:赤羽根健治
相原義一:國分和人
太田健二郎:千葉優輝
桐生美影:中村繪里子
岬百合亜:内田彩
榎本勇:津田健次郎
山崎奨:土田大
藤堂平九郎:小島敏彦
芹沢虎鉄:玄田哲章
山南修:江原正士
土方竜:石塚運昇
斉藤始:東地宏樹
永倉志織:雨谷和砂
西条未来:森谷里美
ローレン・バレル:てらそままさき
クラウス・キーマン:神谷浩史
サーベラー:甲斐田裕子
ズォーダー:手塚秀彰
テレサ:神田沙也加
沖田十三:菅生隆之

chirosukeの感想は・・・
大好きな「宇宙戦艦ヤマト」続きが観たかったです~!
心が熱くなりました。
前回の「第一章 嚆矢篇」は2話分50分であっという間でしたが、第二章 発進篇は以下の4話構成で、96分とじっくりみせてくれます~。

( 第一章嚆矢篇」については、2017年3月4日のブログをみてね)

第3話「衝撃・コスモリバースの遺産」 
第4話 「未知への発進!」
第5話 「激突!ヤマト対アンドロメダ」
第6話 「死闘・第十一番惑星」

コスモリバースシステムの副作用によって地球に生じた、「時間断層」を理解するのに頭がぐるぐるだったchirosukeでありましたが、遠い宇宙からのテレサのメッセージに応えてヤマトが飛び立つシーンは震えました。

反逆者の汚名覚悟でヤマトに乗り込むクルー達、運び込まれるコンテナに「南部」の文字・・・。
南部さんの実家?? どんな家なのよ・・・!
chirosukeはブラックタイガー合流に涙目、加藤さんの「これが父ちゃんの船だ!」に涙、無理くり乗り込んできたキーマンに心の中で「兵長!」と両手をグーであります。
一部のクルーから「ガミ公」と呼ばれていてもへっちゃらです。
キーマン、乗船ありがとう~!

ヤマトを全力阻止するアンドロメダからの強行突破のシーンは、chirosuke両手をグーで息を詰めておりました。
山南さん、良いぞ!
惜しくも残留組となった山崎さん、星野くん達4名の合流はあるのかしら?
地球に残した意味があったのかなぁ。
気になるchirosukeです。

そして第十一番惑星で、少女が叫び上空からヤマトが現れた時、chirosukeは本当に泣いてしまったのでした。
「宇宙戦艦ヤマト」が大好きだった少女chirosukeでしたが、オトナchirosukeも泣けてしまう素晴らしい作品です。

エンディング曲が神田沙也加さんです。
「月の鏡」 作詞・作曲:S.E.N.S. Project 歌:テレサ(神田沙也加)
とても良い感じでした。
次回はテレサの声ももっと聴けるといいなぁ。

数量限定の来場者プレゼント(複製キャラ原画&設定線画)ももらえました。
・6月24日(土)〜 『キーマン&山南&コスモタイガーⅠ』
・7月1日(土)〜 『森雪&ズォーダー&ドレッドノート』
第一週に2回観に行ったお友達にキーマンのセットをいただきました。
Sちゃん、ありがとうです!

第三章「純愛篇」は10月14日~公開予定です。
第二章「発進篇」までの2週間限定上映から、上映期間が1週間延長され3週間限定上映みたいですよ!
スタッフさんたちのますます深まる「ヤマト愛」が、とても楽しみなchirosukeであります。

富野有紀子先生のベビー&ベビーベッド


chirosukeはとても素晴らしいビスクドールを身請けしました。
めちゃめちゃかわいいです。

chirosukeの大好きな自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」の11回目のアニバーサリー、スズラン祭が開催されました。
いろんな作家さんがスズランをモチーフにした作品を創られました。
chirosukeはビスクドール作家 富野有紀子先生の作品にとても心が揺れました。
とても愛らしいベビードールとベッドのセットであります。

富野有紀子先生は名古屋を中心にお教室や、東京の百貨店でもワークショップを開催されておられ、とても人気の作家さんです。
そんな富野先生がボンクラージュのスズラン祭りに作られた一点ものの作品です。
たった一つの素晴らしい作品、 本当にまさかでchirosukeのところにご縁がありました!

お顔のアップです。
なんて愛らしい子なんでしょう・・・。
chirosukeはあまりの愛らしさに感激して涙目です。
ベビーはビスクです。
くまちゃんを抱っこしています。
ベビーちゃんは頭からドレスの裾まで約14㎝
くまちゃんの大きさは約3.5㎝くらいです。

ドールにもベビーベッドにも素晴らしい材料を使用されています。
もうこのベッドの豪華さと愛らしさって・・・!

chirosukeはこのベッドに、コレクションしているミニチュアドールたちを順番に寝かしてあげたいと思いました。

とても素晴らしいベッドなんですもの・・・。
しっかりしたつくりで脚もついています。
たっぷりなアンティークレースで飾られて、天蓋付きです。
縁にはスズランのお花とシルクのリボン。

サイズ ベッド高さ:約19㎝ 幅:約14㎝ 長さ:約20㎝

素晴らしく豪華なベッドですが、特に枕がすごいんです~。
とても美しいスズラン刺繍のレースが枕になっています。
枕というより大きなクッションみたいです。
ふち飾りのスズランが愛らしすぎ・・・。

ベッドの中はふわふわのマットレスというかお布団になっています。
その上にアンティークレースのシーツが敷いてあって、さらにその上にスズランレースの枕がセットされています。
全部外れます~。

もうこれらのレースだけでもうっとりしてしまいます。

ドールのおくるみのようなドレスも素晴らしい材料と、手の込んだデザインです。

ちょっとベビーちゃんとくまちゃんには、うつぶせ寝をしてもらってバックスタイルを・・・。
ドールのドレスの美しいローンとレースにも涙目です。
ふんわり透けるようなローンドレス。
背中がスナップ留になっています。
とても小さなスナップなんです~!

本当に素晴らしい材料を使ってくださっていて、chirosukeは身請け額に驚きました。
ドールとくまちゃんだけでも身請け額の値打ちがあると思ったくらい・・・。
実際にあり得ない身請け額だそうです。
アニバーサリーなのでとっておきの材料を使ってくださったそうです。

chirosukeにご縁があって本当に嬉しいです!
大切に大切にします。

ベビーちゃんのドレスの下をちょっと失礼・・・。
いやんかわいすぎ!
レースのソックスを履かせてもらっています。

chirosukeの宝物がまたひとつ増えました。
アニバーサリーの一点もの、chirosukeは富野先生のファンの方たちに申し訳ない気持ちでした。
でも、chirosukeも富野先生の大ファンになったから・・・良いですよね!

富野先生、ありがとうございました。(ベビーちゃんの出生証明書も!)
そして、こんな素敵なドールちゃんの橋渡しをしてくださったさつきちゃん、ありがとうございます。
かわいい子が来てくれて、ほんとにほんとに嬉しくて幸せ!
先日の帰省のおり、関西のマンションに連れて行きました。
ずっとchirosukeの手元において大切に可愛がってあげたいと思います。

ドレミファームの「ピクルス&ドライフルーツミルフィーユ」


東武百貨店池袋に期間限定で出店していたドレミファームさんのドライフルーツ&ピクルスです。
去年chirosukeは、見た目の美しさで身請けしました。
見た目だけでなくお味もとてもおいしかったので今回は機を逃さずです!

(去年のドレミファームのピクルスについては2016年12月26日のブログをみてね)

ドレミファームさんは、千葉県我孫子市の食品工房です。
国産野菜を使用したピクルスは500種類もあるそうです。
都内近郊のマーケットにも不定期で出店されていますが、オンラインショップが無いのでチャンスは逃せませんね。
とにかく美しくてアート作品みたい。

今回chirosukeが身請けしたのは・・・
写真上段左端から
・セロリのピクルス
・ミニトマトのピクルス
・エシャロットのピクルス
・長ネギのピクルス
・蓮根のピクルス
身請け額:各690円(税別)

写真下段左端から
・ドライフルーツ ミルフィーユM 1,000円
・みょうがのピクルス 690円
・ごぼうのピクルス 690円
・オリジナルピクルス 800円
(すべて税別)

去年売り切れで身請けできなかった一番人気のごぼうのピクルスが嬉しいです。
今回たまたま東武百貨店を通り過ぎたchirosukeは、関西に帰省するところでした。
出店期間には間に合いますが、重い瓶詰めは持っていけませんし、ほしいのが売れ切れたら残念なので取り置きをお願いしました。

おいしくて、とても美しいドライフルーツとピクルスでした。
ごぼう、みょうが、めちゃうまでありました。
ごちそうさまでした。
ぜひまた出店、お待ちしています~!

個室もつ鍋屋 「ぎんなべ」のサムギョプサル


chirosukeの関西帰省、二日目の土曜日の夜は久しぶりにお友達Kちゃんと晩御飯です~。

大阪ミナミにある全席個室のもつ鍋専門店「個室もつ鍋屋 ぎんなべ」でサムギョプサルをいただきました。
約2年ぶりに会うKちゃんと、個室でゆっくりお喋りできました。

http://www.ginnabe.net/

chirosukeはサムギョプサルを初めていただきました。
「ぎんなべ」さんのサムギョプサルは国産もち豚使用、塩麹に漬け込んで一晩寝かすことで風味と食感をアップさせているそうです。
韓国味噌と国産合せ味噌をブレンドした特製タレがおいしいです。

サラダもおいしかったです。

豚肉も柔らかくておいしいです。
サンチュや大葉に巻いていただくとサッパリでもっとおいしくなりました。
Kちゃん、ずっと巻いてくれてありがとう・・・。

晩御飯の後に行ったケーキ屋さんでおいしい紅茶もいただきました。
途切れることのないお喋りはとても楽しい時間でした。
あの時代の私たちもいろんな夢や悩みを語り合いました。
何十年も経って、悩みの種は変わったけどお互いに何でも言える関係は変わらなくて、chirosukeはとても嬉しいです。
中学時代からのお友達Kちゃん、長の友情ありがとう!
これからもずっとあだ名で呼び合いましょうね。

おいしい晩御飯とケーキセット、ごさそうまでした。
また会って楽しい時間を過ごしましょうね。
お互い元気で頑張りましょう~!

美々卯の「うどんすき」&丸福珈琲のケーキセット(2017年6月)


chirosuke、3カ月ぶりの関西です。
ランチタイムはほぼお約束・・・「美々卯のうどんすき」であります。
(Iちゃん、いつも予約ありがとうです!)

梅田ルクア10Fにある美々卯の「うどんすき」は夏でもおいしいです。
季節のせいか、蛤はありませんでしたが、毎回活き車エビが元気です。
冬瓜もさっぱりおいしかったです。
お腹一杯いただきました。

今回もデザートは同じフロアーにある「丸福珈琲店」です。

ケーキセット 980円(税込)

オレンジとアプリコットのケーキです。
オレンジピールを加えたオレンジムース、真ん中にはアプリコットのジュレです。
さっぱりしたケーキ、とてもおいしかったです。
普段は紅茶派のchirosukeですが、丸福珈琲店ではいつもコーヒーをいただきます。

いつも大阪でいただくおいしい「うどんすき」とケーキ、ごちそうさまでした。
Iちゃん、楽しい時間をありがとうです。
これからもお互い頑張っていきましょうね。
また会いましょう!

イマンの「ライスメジャーカップ コレクション」


久々のイマンコレクションの紹介です。

6月23日から2泊3日で約3か月ぶりに関西に帰省していたchirosukeは、ライスメジャーの写真を撮ってまいりました。

ライスメジャーカップ 
サイズ 約 幅9 奥行6 高さ7cm 
容量180cc (すりきり一合)
ホーロー製

ライスメジャーは小さくてかわいいのでchirosukeのお気に入りです。
アイテムお揃いですね~。
全てのシリーズではありませんが、10個集めておりました。
エマ・オードリーピンク・ポワージュピンク・イマンガーデン・ダイアナローズ・オデット・プリンセスグリーン・ジネット・コレット・スミレです。
(全部すらすらと言えました~)

一部協和工業製もあります。
取っ手にちょこっと吹きがあるのもあって、かわいいです。
このライスメジャーカップは全て未使用です。

東京にはアフタヌーンティーのほうろうのライスメジャーカップをひとつ持ってきているので・・・。
(ひとつあれば充分であろう・・・chirosukeよ!)
同じアイテムを10個ってどうよ・・・でしょうが、これがコレクターというものであります。

ルピシアの「夏の福袋2017」


5月に予約していた、chirosuke恒例のルピシア夏の福袋が届きました。

(去年のルピシア夏の福袋については2016年6月26日のブログをみてね)

今年は一種類だけ身請けしました。
(去年の福袋の紅茶が未だ残っています・・・)

・【竹】ティーバッグ(バラエティー:紅茶/緑茶/烏龍茶) *フレーバードティー含む
 5,400円(税込)

今年も【竹】にはプレゼントが付いていました。
chirosukeは「人気のお茶ティーバッグセット15種入」をチョイスです。

ルピシアのお茶の福袋は、定価の倍相当が入っててかなりお得です。
プレゼントは別として、福袋以外で身請けする気にならないくらいです。

今年もアイスティーをどんどんつくって、夏を乗り切ります~!

「麻布かりんと」の夏野菜かりんと 他


池袋の西武百貨店をウロウロしていたchirosukeは、以前から気になっていた「麻布かりんと」のお店に立ち寄りました。

http://www.azabukarinto.com/

おいしそうなかりんとうがたくさん並んでいます。
何よりパッケージがカラフルでとってもかわいいです!
(いつものパケ買いだな・・・chirosukeよ!)

「麻布かりんと」さんは東京だけでなく、全国の百貨店にも出店しています。
かりんとうだけで50種類あるそうです。
chirosukeはお味も確認しつつ、パッケージ模様優先でいくつか身請けしました。
かりんとう屋さんはいろいろあって、パッケージに凝ったお店も多いですが、「麻布かりんと」さんのは小袋で良いですね。

・麻布かりんと   343円
・夏野菜かりんと  390円
・梅ばちかりんと  399円
・きんぴらごぼう  315円
・野菜ミックス    352円

「夏野菜かりんと」はゴーヤやコーンが入っていておいしいです。
きんぴらごぼうも人気で、ぴりっとしたきんぴらの味です。
以前、東京駅グランスタ店で長蛇の列だった、日本橋錦豊琳さんのかりんとうも有名ですね。
日本橋錦豊琳さんのきんぴらごぼうもchirosukeは好きです。
かりんとうは油菓子なのでカロリー注意でありますが・・・。

かわいいパッケージで楽しくておいしいかりんとう、ごちそうさまでした。

「奥井海生堂」でスイカ柄の越前和紙箱とつくだ煮を身請け


池袋の西武百貨店をウロウロしていたchirosukeは、「奥井海生堂」さんが期間限定出店しているのを見つけました。

「奥井海生堂」さんは福井県敦賀市に本社がある、高級昆布の専門店です。

http://www.konbu.jp/

創業明治4年の老舗です。
今回もchirosukeの心をとらえたのは昆布ではなく「箱」であります!
色・柄が選べる「越前和紙」の贈答用紙箱は渋いものからカラフルなものまで何種類もあります~。

一昨年chirosukeはコレド室町のお店で金魚柄の箱と昆布を身請けしました。
(金魚柄の箱につしては、2015年6月27日のブログをみてね)

以前chirosukeは「箱だけ売ってください」とお願いし、撃沈したことを学習しています。
今回はお店の人を困らせず、最初から中身も選んでの身請けであります。
(それが当たり前だろうが・・・chirosukeよ!)

スイカの模様が夏らしくてとてもきれいです~!
chirosukeがチョイスしたのは白地に真っ赤なスイカ模様です。
地色が黄色もありましたが、白の方がスイカの赤が映えますね。

お店の人によると、スイカ模様は一番人気だそうです。
今回の西武の出店で他の店舗より一週間早くスイカ模様を用意したとのこと。
chirosuke、ラッキー!

中身は塩昆布とちりめん山椒にしました。

奥井海生堂さんは「高級昆布店」ですからchirosukeのお約束、スーパーの「フジッコ」や「くらこん」をはるかに超えた身請け額ですが、スイカの箱がついてくるのですもの、全力だします!
無事「スイカ箱」いえ、佃煮を身請けしてきたchirosukeであります。

・椎茸入り塩昆布 350円
・ちりめん山椒 40g 480円
・箱 200円

贈答用箱として200円となっていますが、200円出しても箱だけでは身請けできません。
これは算数では解決しない難しい問題でありましょう。

「奥井海生堂」さん、ありがとう~!
スイカの箱、とても嬉しいchirosukeです。
包み紙はきれいにはがしてブックカバーにする予定です。
佃煮もご飯のおともにおいしくいただきます~!

前へ 過去の投稿

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。