ロクシタンの【数量限定】「シトラスヴァーベナ ヘアケアバリュアブル」


ロクシタンのシスラスヴァーベナのシャンプー&コンディショナーを身請けしました。

「シトラスヴァーベナ ヘアケアバリュアブル」
*数量限定
・シトラスヴァーベナ アイスシャンプー 250mL(現品) ×2
・シトラスヴァーベナ アイスコンディショナー 250mL(現品) ×2

身請け額:9,000円 (税込 9,720円)

別々に身請けするとシャンプーとコンディショナーがそれぞれ1本あたり2,808円(税込)ですから約1,500円お得ですね。
ヴァーベナシリーズは毎年初夏に向けて数量限定で発売されます。
chirosukeはヘアケアは何度か使ったことがあります。
ヴァーベナは爽やかで好きな香りで、さっぱりした洗い上がりになります。

今の季節はファイブハーブス ピュアフレッシュネスのシャンプー&コンディショナーを使っていますが、シスラスヴァーベナも気分で使い分けたいと思います。
バスルームにシトラスヴァーベナの明るい黄色のボトルがあると、何となく癒される雰囲気です~。

ローソン春のリラックマフェアで「リラックマの小皿」


ローソンで春のリラックマフェアが開催されています。
キャンペーン期間:2017年3月10日(金)~6月12日(月)
リラックマのガラスグッズが商品に貼っているシールを集めてもらえたり、シール+郵送で抽選、レシートスタンプを集めるコース等があります。

chirosukeはシールもレシートも集めていませんでしたが、本日から対象のお菓子を買ってもらえるキャンペーンが始まったので気合を入れてまいりました!

「お菓子を買ってもらえる! リラックマの小皿」

https://www.lawson.co.jp/campaign/rilakkumafair/dish.html#dish

キャンペーン期間:2017年5月15日(月)A.M7:00~5月31日(水)
*または景品が無くなり次第終了

期間中に対象のお菓子を3個身請けすると【先着・数量限定】でリラックマの小皿が1枚もらえます。
注意しないといけないのは以下のお知らせです。
※各店計14個
※一人1回のお買物につき、1個までとさせていただきます。
一店舗あたり14個ですと?しかも1回の買い物で1枚とな?
これは素早く行動せねば!

対象のお菓子は森永ハイチュウやチョコレートのダース、ケロッグのプリングルズなど税込で103円~252円です。
一番お安いお菓子を3個身請けして小皿1枚ですね。
chirosukeは初日の朝、通勤途中に1軒、お昼休みに1軒、お仕事帰りに1軒と合計3店舗のローソンを回って小皿3枚をゲットいたしました。

朝に立ち寄ったローソンではまだキャンペーンの準備ができていなくて、レジで店員さんが店長さんに確認。
chirosukeは店長さんがバックヤードから持ってきてくれた小皿を待っていました。
お昼休みに行ったローソンでは対象商品棚にお皿は並んでいましたが残り2枚で、対象商品のダースチョコは売り切れでした。
帰りのお店では、お皿は5枚くらい残っていましたがやはりダースは売り切れ・・・。
お店の立地環境で違っていると思いますが、初日でこの状況ですから早々に無くなってしまいそうですね。

リラックマの小皿、かわいいです。
サイズは直径:約11.5㎝ 
ガラス製で中央部分に丸い溝があります。
この溝はなんの為? 無い方が良いと思うけど製造上の利点でもあるのかなぁ。
周囲のイラストがかわいいからマルです。
ほしい人はお早めに~!

chirosukeのお家には森永ダースチョコとプリングルズが売る程あります・・・。

ベジマイル(Veggimile)のハンバーグランチ


chirosukeはイオンスタイル板橋前野町の1F ラ・フォリアマルシェダイニングでランチをとることにしました。
このイオンは2015年の11月にオープンしましたが、chirosukeのマンションからは少し遠くて行く機会がありませんでした。
フードコートがオシャレだというウワサを聞き、お天気も良いので行ってまいりました。
お散歩というより少し汗だくになってしまったchirosukeであります。
イオンのお店や、近くのホームセンターをウロウロして、ウワサのフードコートにGOであります。

1F ラ・フォリアマルシェダイニングはchirosukeが想像していた「フードコート」とは違っていて、とてもきれいでオシャレでした。
同フロアーにはリカーショップやキッチン雑貨のお店もあります。
待ちで良く見かけるファストフードもお店もあって、気軽に入れる雰囲気はフードコートならではですね。

chirosukeが選んだお店がベジマイルというお店で、野菜がおいしいらしいです。
注文したのは「あっさり和風ハンバーグ」です。

・780円(税込)

スープとライス付き。
焼き野菜がたっぷりでおいしいです。
熱々のプレートでいただく粗挽きハンバーグはとてもおいしかったです。

ジュースバーの「デポ・デ・サンテ(Depot de Sante)」のパイナップルジュースもおいしかったです。
夏になったらフルーツのアイスバーも良いなぁ。

ラ・フォリアマルシェダイニングの他のお店にも行って見たいと思います。
おいしいハンバーグランチ、ごちそうさまでした。

「くいだおれ太郎のボールチョコ」


くいだおれ太郎シリーズの新作、「くいだおれ太郎のボールチョコ」であります。
関西のお友達からいただきました。

これパッケージが「缶」なんです~!
chirosukeが缶大好きと知っているお友達よ、ありがとうです。
アンティークでエレガントでかわいい雰囲気・・・の缶ではありませんが、太郎のインパクト大の缶は嬉しいです。
顔全体を缶にしてしまう「太郎フーズ」攻めていますね。

缶シリーズでは「食いだおれ太郎サブレ」がありました。
(「食い倒れ太郎サブレ」缶については2013年9月5日のブログをみてね)

太郎の顔全体になっている蓋をパカッと外すと・・・
個包装されたボールチョコが100g入っています。
普通においしいチョコレートです。

中身のチョコレートは白のコーティングで全部同じなのですが、個包装の包み紙が数色あって太郎の台詞が書いてあります。
この台詞も数種類あって、さすが「笑わせてナンボ」の大阪、太郎フーズの凝りようです。

chirosuke、台詞ごとにチョコレートを分類してみました。
太郎の顔が描かれているのには台詞付きで、太郎の全身が描かれているのは台詞無しです。

太郎の台詞は・・・
・大阪はくいだおれの街でっせ
・今日も太鼓叩いてまっせ
・まいどおおきに
・道頓堀のネオンが眩しおまっせ
・わて泳げまへんねん
5種類ありました~。

この5種類の台詞を、正しい大阪弁イントネーションで言えるかを確認した東京生活7年目に突入のchirosukeであります。
イントネーション、ばっちりでおます!

太郎の顔と台詞の無い全身太郎にもヒネリがありましたよ。
視線の向きと眉毛の角度が違ってるし・・・!
視線は左右、中央と3種類です。
やっぱり大阪、力入れるとこ違うてますわ。
太郎フーズ、ここまで凝っているとは恐るべし!

いつもおいしくて楽しい太郎シリーズのおやつ、そして素敵な「缶」、ありがとうです!

東武百貨店スパイスの「御影蔵」で晩御飯 2017年5月


chirosukeは、東武百貨店池袋のレストランフロアー「スパイス」にある「御影蔵(みかげぐら)」さんにいきました。
数か月に一度くらいしか行けませんが、「御影蔵」のお料理はおいしくて、少しだけ贅沢な日本酒も少しいただきます。
去年の7月以来、10カ月ぶりです。
窓際の席が空いていたので池袋の街の夜景を見ながらの晩御飯です。

「野菜のお造り」です。
彩りもきれいで野菜がとてもおいしいので毎回注文します。
季節の野菜はチコリが入っていました。

風の丘ファーム&全国の農家から届く野菜は有機栽培です。
「風の丘ファーム」は埼玉県小川町にある農場で、循環型有機農業のパイオニアなんですって。
普段、スーパーでオーガニック野菜を見かけても「普通の」野菜との価格差にとても身請けできないchirosukeですが、有機野菜は味が違うなぁ。
野菜本来の甘みがあって、人参ってこんなに甘かった?と思うくらいしっかり味があります。
甘い、苦い、酸っぱい、辛い・・・野菜のいろんな味がおいしいです。

酒粕入りのお味噌とドレッシングもおいしい~。
特にお味噌は卑怯なくらいおいしいんです。

「ひじき麺」です。
これはchirosukeのお気に入りです。
そば粉アレルギーで本物のお蕎麦を食せないので、この「ひじき麺」はざるそばを食している気分になれます。
お蕎麦を食べられるお友達曰く、「蕎麦とは味も食感も違うし、蕎麦独特の香りも無くてベツモノ」とのことですが、良いんです。
その蕎麦の香りさえchirosukeには毒・・・。
ひじき麺で味わえる雰囲気が良い感じであります。

ひじき麺は、つるつるした食感としっかりした歯ごたえがあっておいしいです。
ひじきを使用した、一見そば風でもそば粉を使用していなひじき麺は、そば粉アレルギーのchirosukeにはとても嬉しいです。


お通しは小松菜と数の子の和え物でした。
この季節に数の子って食す機会がないので、プチプチ感が新鮮。

「たらこの炙り焼き」は北海道産のたらこです。
たらこを焼いただけなのに何でこんなにおいしいんだろう・・・。
日本酒がおいしいです。
chirosukeは白いご飯も欲しくなりましたよ。(ゴハンはガマンです)

いさぎのお造りは甘くておいしい~!
スーパーのパックでいさぎのお造りは時々身請けしているchirosukeですが、全然違います!
たまにはお高くてもおいしいお魚を食したいと思います。
(お刺身バックは3割引きとかのシールが貼られているのがお約束だな…chirosukeよ!)

「造り身 分葱ぬた」も毎回注文します。
御影蔵さんのぬたはめちゃうまです。
イカやタコ、お魚の切り身がいっぱい入っています。
見た目もきれいで、辛子味噌がchirosukeの好きな味です。

鶏の唐揚げは佐賀みつせ鶏です。
油っこくないあっさりした味でお肉が大きい!
焼きおにぎりは青唐辛子味噌が卑怯です。
めちゃうまであります。

今回もおいしいお料理と、すこし贅沢な日本酒も少しいただきました。
おいしい晩御飯、ごちそうさまでした!

「クロワッサン」2017年4/25号 創刊40周年記念オリジナル風呂敷 「伊藤若冲 鶏図押絵貼屏風」


創刊40周年をむかえた雑誌「クロワッサン」です。
4月10日発売号は「京都・奈良への旅」が特集テーマです。

chirosukeはめったに雑誌は身請けしません。
今回も関西人chirosukeが「京都・奈良への旅」に興味があったわけでは無く、特別付録の江戸時代の画家・伊藤若冲の作品「鶏図押絵貼屏風」をあしらった特製風呂敷がついていたからであります。

chirosukeは付録の風呂敷が欲しくて身請けしました。

価格:800円(税込)

クロワッサン 創刊40周年記念オリジナル風呂敷「伊藤若冲 鶏図押絵貼屏風」

風呂敷:ポリエステル100%
サイズ:70㎝×70㎝

付録としてはなかなかのクオリティだと思います。
「伊藤若冲展」のグッズでありそう・・・。

若冲の鶏が良い感じです。
この風呂敷、使うかどうかは考え中のchirosukeであります。

イマン 「ほうろうマグカップコレクション」


イマのほうろうマグカップのコレクションです。

アイアンフックが付いたシェルフもイマン製です。
ここにchirosukeが持っているイマンのほうろうマグカップの一部をディスプレイしています。
フックに13個のマグカップを吊るしています。

協和工業製を始め、限定品、レア物の非売品も混じっています。
同じシリーズのマグカップでも大きさや形が微妙に違っています。
写真では「ダイアナローズ」は4個ありますが、どれもデザインが違います。
この中のひとつが販売店さんからいただいた非売品です。
似ている形もありますが、それぞれ取っ手のカーブが違っていることにお気づきでしょうか?

同じものをいくつも集めてどうするんだ?と言われても「同じじゃないもん・・・」と取っ手のカーブの微妙な違いを主張するのがコレクターでありましょう。

シリーズ名は・・・
「ダイアナローズ」「ア・ターブル」「イマンガーデン」「マリアンヌ」「ポワージュ ピンク」
「スミレ」「オードリー」「ポーレット」「ジネット」「プリンセスローズ グリーン」

chirosukeの大切なイマンコレクションであります。

メルスリーセット 2017年4月


chirosukeが参加している、自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」さんの頒布会です。

6回コースの3回目です。

バラの取っ手付付きの木製引き出しは、2月の時と同じものです。
これかわいくてchirosukeも好きでした!
お店に、ふたつ並べて飾りたいというリクエストが多かったそうです。
(2月のメルスリーについては2017年3月6日のブログを見てね)

今回は新緑をイメージしたメルスリーがいろいろ入っています。
アンティークのレースやラベル。
ビーズが付いた丸いのはフェルトボールです。
グリーンのタッセルが素敵です。
フランスで染めたフランスのアンティークレースも入ってるそうです。

美しくて珍しい手芸材料が少しずつセットされて届く「メルスリーの会」はchirosukeの元気の素です。
コドモchirosukeも古いボタンやハギレをお菓子の箱に集めていました。
キャンディーの包み紙を丁寧に広げて重ねていたこともありました。
何に使うわけでも無く、ただ素敵だと思う古いものを箱に詰めて、時々取り出して広げては箱に戻す楽しみ。
chirosukeの大切な記憶です。

遠い異国の古いものも入っている大好きな「メルスリーの会」です。
来月はどんな素敵が届くのか楽しみであります。

東武百貨店池袋 2017年「食の大北海道展」でラーメン


東武百貨店池袋の2017年「海明け・雪解け 食の大北海道展」が開催中です。

会期:2017年4月27日(木)~5月9日(火)
※最終日は午後6時閉場

chirosukeの北海道展のお約束、イートインのラーメンに並びました。
札幌市の「らーめん信玄」さんです。

東武限定5種盛りラーメンを狙っていましたが、何とchirosukeのひとつ前で完売となりました。
 1,113円(税込) *各日限定計300点
これは残念・・・。

前回chirosukeは信玄の「こく味噌ラーメン」を食して好きな味では無かったので、違う味にしました。
(信玄のこく味噌ラーメンについては2015年5月7日のブログをみてね)
今回chirosukeが注文したのは塩ラーメンです。

あっさり塩らーめん 842円(税込)

透明なスープが適度にしょっぱくておいしいです。
前回の味噌味がchirosukeには合わなかったのですが、塩ラーメンは結構いけます。
「こってり醤油ラーメン」でも良かったかもです。

今回の塩ラーメンで「信玄」さんのchirosukeの印象が変わりました。
今度機会があったら東武限定ラーメンを食したいと思いました。
でも「こく味噌」は勘弁・・・。
おいしいラーメン、ごちそうさまでした。

「あんみつ みはし」上野本店の氷宇治クリーム 2017年4月


東京都美術館で「バベルの塔」展を観た後、chirosukeのお約束「あんみつ みはし」上野本店に立ち寄りました。
上野の美術館に来たら「みはし本店」もセットであります。

沢山の人が並んでいて、chirosukeは10分程度待ちました。
東京は夏日であります。
みはしさんではかき氷が始まっていて、chirosukeは氷宇治クリームを食しました。

・氷宇治クリーム 780円(税込)

chirosukeにとって「みはし」のかき氷は、クリームあんみつと並んで、夏場の大切なおやつであります。
ソフトクリームが最高においしいです。
chirosukeのマストアイテム「白玉」も4つあります。
かき氷のデフォルト、粒餡でいただきました。(こし餡に変更可)
白玉は冷やすと固くなってしまうので、おいしいものを最後に取っておく習性のchirosukeにはちょっと辛いです。

「みはし」のかき氷でこの夏も乗りきろうと思います。
おいしいかき氷、ごちそうさまでした!

前へ 過去の投稿

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。