トラウマ写真(宇宙人篇)


今日はトラウマ写真探し・・・というわけではないですが、巨大おたまじゃくしをご紹介したので是非こちらもはずせないでしょう!

怖すぎですっ!
フラットウッズ・モンスターという有名な?3メートルもある宇宙人さんです。

1952年9月12日の夕暮れ7時15分ごろ、ウェストヴァージニア州のブラクストン郡フラットウッズの町のエドワードとフレッドのメイ兄弟、およびその友人のトミー・ヘイヤー(それぞれ13歳、12歳、10歳)が学校の運動場でフットボールをしていたところ、明るい物体が空に見え、地元の農家ベイリー・フィッシャーの所有地の丘の上に着陸するのを見た。

少年たちは、メイ兄弟の母親で美容師のキャスリーン・メイの家に行き、UFOが丘に墜落したと母親に告げた。

メイ夫人は地元の少年3人(ニール・ナンリー(14歳)、ロニー・シェーヴァー(10歳)、ウェストバージニア州兵のユージーン・”ジーン”・レモン(17歳))とともに、フィッシャーの農場に行き子供たちの見た物体のある場所へと向かってこいつに遭遇したそうです。

【フラットウッズ・モンスターの特徴】 
・人間のものではない光る目 
・明るい赤い顔の、スペードのエースのような形状の頭 
・明るい緑の衣服をひだ状にして腰から吊り下げている 
・短い腕で(あるいは腕がなく)爪のような手を持ち 
・浮上して動く

きゃ~!怖すぎです。
こんなのが浮いて追っかけてきたらもうどうしていいかわかりません・・・。
涙目です。

だいたいこの手って、何年何月何日何時何分、どこで、誰が・・・とやけに詳しくいやが上にも「本当にあった怖い話」ふうに設定されてますね~。
しかも見つけた兄妹と友人の名前、年齢まで明確。子供だけではまずかろうと母親の職業までしっかりと報告。
近くの農場ではなく、「フィッシャーさんの農場」となんとまぁ、これでどうだとばかりの具体性です。

chirosukeは別の有名な「捕獲された宇宙人」はおさるさんだと思っていますが、このフラットウッズのやつは真偽は別にしてトラウマです・・・。


おさるさん写真です。
動物虐待じゃん。かわいそうにっ!

トラウマ写真(謎の巨大生物篇)


これは怖いです~!小さい特に読んだ「本当にあった怖い話」とか「宇宙人と謎の巨大生物」などの類の本で見て、トラウマになった写真のひとつです。先日ネットで見つけ思わずダウンロードしちゃいました・・・。

どうですか?怖いでしょっ!!!

1964年にオーストラリアのグレートバリアリーフに出現しちゃった巨大おたまじゃくし?らしいです。撮影者はフランス人のセレックさんというカメラマンだって。家族で遊びにきてて偶然撮影されたということですが・・・。右上のボートが合成写真だとか、小魚の魚群だとかいろいろ書かれていましたが、chirosukeにとってはめちゃめちゃ怖い写真ですぅ~! こんな謎の巨大生物がいるのだもの、とても海水浴なんて行けたものではございません! この状況で自分がボートに乗っていると想像しただけで涙目になりそうなchirosukeです・・・。

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。