ミニチュア ビスクドール 「Little Red Riding Hood (赤ずきん)」


昨年から自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」さんのFUKUBUKUROをお願いしていたchirosukeです。

3月末にFUKUBUKUROが届きましたが、あまりの豪華さとchirosukeの大好きがいっぱいの作品や素敵なものがぎっしりで、クラクラしそうでした。
あんまり素敵だったので、少しずつ紹介していきたいと思います。

いろいろリクエストをさせてもらったのですが、大好きな木下幸子先生にも作品を創っていただけることになり、「赤頭巾ちゃんのイメージで」というお願いを伝えていました。
どんな作品が届くのか楽しみにしていました。
赤頭巾ちゃんの絵が素敵な箱の中は何でしょう?

木下幸子先生が創ってくださったのは・・・ミニチュアビスクドールでした!

「赤頭巾のイメージで・・・」とだけお伝えしていたのですが、ボックスを開くと出てきたのは赤頭巾ちゃんでした!
カードには木下先生のサインと「Little Red Riding Hood」という作品名が書かれていました。
かわいいです!
しかも、chirosukeがイメージする赤頭巾ちゃんそのものが入っていたんです!
素敵過ぎです!

赤頭巾ちゃんの身長 約11.5㎝

書き目のビスクドールは雰囲気があって良いですね。
お顔も、ちょっぴり大人びた感じがあって大好きです。

全体的にchirosukeが赤頭巾にイメージする「少女期の危うさ」が感じられます。
真っ赤なフードがとても似合っていて、お洋服も素敵です。
後姿も良い雰囲気ですね。
ドキドキするくらい素敵な赤頭巾ちゃんです。

赤頭巾ちゃんにはスタンドが付いていて、小物と一緒に飾ることができます。

絵本のサイズは2㎝×2.5㎝
小さい~!
ミニチュアの絵本やボックス、ミニシアターも凝っていて素晴らしいです。
こんなにかわいい赤頭巾ちゃんのドールを創ってもらえるなんて・・・。
chirosukeは感激して涙目であります。

木下先生、ありがとうございました。
とても嬉しいです!
世界でたったひとつのchirosukeだけの赤頭巾ちゃん、大切にします。

広告

「小箱に入ったドールセット」


自由が丘のボンクラージュさんから、素敵なボックスが届きました。
アンティークな雰囲気いっぱいのスミレのボックスは、プチリュバンさんがつくられました。

プチリュバンさんのスミレの箱は先日身請けした「スミレの妖精からの贈り物」と同じデザインですがサイズが違っています。
(「スミレの妖精からの贈り物」については、2017年11月8日のブログをみてね)

今回の「小箱に入ったドールセット」は、サイズ 幅:6.5㎝ 長さ:10.5㎝ 高さ:3.0㎝
「スミレの妖精からの贈り物」より高さが低くなっております。

箱大好きchirosukeはこんな美しいボックスならばいくつでも並べたいです・・・。
箱のラベルもプチリュパンさんオリジナルデザインで、紙の切り出しから高さの微調整、色出しまでこだわった、とても愛らしい箱です。
長年大切にされてきたアンティークみたいに見えるからすごいなぁ。

箱の内側も素敵なんです~。
蓋を外すと内側は白いレースで飾られ、底部分はトワル・ド・ジュイでしょうか。
こんな素敵なお箱だけでも嬉しくなります。

でも「小箱に入ったドールセット」ですから・・・ドールが入っております!
ドールはchirosukeが大好きな「ナンシーちゃん」です~。
ナンシーちゃんは箱から取り出すことができますよ。

ナンシーちゃんはイギリスのドール作家パトリシア・アントンさん制作のオールビスクです。
大きさは7㎝くらいです。

愛らしいレースのドレスを着せてもらっています。
ドレスにアレンジされているリボンは髪のリボンと同じ水色です。
ピンクのレース編みの小さなバッグも持っています。
ナンシーちゃん、おしゃれであります。

さらにミニチュアがコラージュされたベースカードも入っています。
香水瓶、手鏡、石鹸、ネックレス、ドイリー、ブーケ・・・。
女の子の必需品ですね~。

ナンシーちゃんの後ろ姿です。

後ろ姿もかわいいです。
ナンシーちゃんは水色がとっても似合いますね。
ボックスとベースカード、ドールを自由に組み合わせて飾ることができます。

とってもかわいい子がやってきてくれてchirosukeは嬉しいです!
箱に入ったお人形って最高に素敵です。
お人形にとってお家があったりお部屋があったりするのと同様に、お休みできる箱はマストアイテムです。
箱+ドールやくまちゃんって最強です~。(箱にはドールハウスも含まれます)

chirosukeはもうひとつナンシーちゃんを持っています。
去年の夏に身請けした「ボンクラージュの10周年アニバーサリーコラージュフレーム」にナンシーちゃんがいます。
(「ボンクラージュの10周年アニバーサリーコラージュフレーム」については2016年8月9日のブログを見てね)

リカちゃんハウスが欲しくてしかたがなかったコドモchirosukeよ、案ずるな。
ちょっと時間はかかるけど、オトナchirosukeは素敵なお人形を集めていますよ~。

かわいいナンシーちゃん、大切にしたいと思います。

メルスリーセット 2017年11月


chirosukeが参加している、自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」さんの頒布会です。

10回目は、とうとうラストになってしまいました。
ホックを外すとフラットになる便利なトレイに入っているのは、今回も素敵なメルスリーたちです。
オリジナル巻板に巻かれたリボンは、美しさもかわいさも倍増!
ブレード、お花付きブレードはフランスのものだそうです。
お花がついたリボンは、とても美しいピンク色です。

遠い異国や時を超えて届く素敵なメルスリー、毎月宝石箱を開くようなワクワクした気持ちでした。
美しいもの、かわいいものが多くの人の手を経てchirosukeの手元に届き、リボンやレースを手に取るだけでとても嬉しい気持ちになれました。
素敵なボンクラージュの魔法だとchirosukeは思います。

自由が丘にある、あの小さくて素敵な手芸屋さんは、特別な時間が流れているのだと思います。
そのお店は、初めてchirosukeが訪れたときに感じた「鏡の国のアリス」の羊のおばあさんの雑貨屋さんみたいだと、今も思うのでした。

ひつじのおばあさんのお店では、いつしかアリスの手の中の編み棒がオールに変わり、気がつくと、アリスとひつじのおばあさんは小さなボートの中に座り、川土手の間をすべるように進んでいる幻想的なシーンがchirosukeは大好きです。
そのシーンで「一番きれいなのは、いつも遠くの方にしかないのね!」というアリスの言葉に、chirosukeは涙目になります。
人が美しいものに憧れる気持ちには果てが無いのですね。

素敵なメルスリーの頒布会、ありがとうございました!
これからも素敵なかわいいものを届けてくださいね。

「スミレの妖精からの贈り物」


「スミレの妖精からの贈り物」です。
愛らしい菫がデザインされた美しい箱です。
箱大好きchirosuke、まずこの素敵な箱にうっとりであります。
サイズ
幅:6.5㎝ 長さ:10.5㎝ 高さ:4.5㎝

箱をデザイン、制作されたのはプチリュバンさん。
箱のラベルもオリジナルデザインで、高さの微調整、色出しに至るまでこだわってつくる作家さんなんですって。
すごく精密な手仕事にchirosukeは感動します。
古くなっても大切にされてきた箱のイメージが見事に再現されています。
chirosukeはこの箱が大好き!

箱だけではありませんよ~。
まだあります。
中身もとても素敵なんです。

クレイでできたスミレです。
クレイフラワーはhiro先生作です。
クレイって粘土ですが、chirosukeはびっくり!
花びらがめちゃ薄いです。
そっと手で触ってみたら・・・しなるんです。
粘土なのに柔らかくて繊細な花びらです。
クレイフラワーってすごいなぁ。

そしてちっこいくまちゃん!
ボンクラージュさんでグラデーションを付けて染めたそうです。
首に結んでいるのは、アメリカ製の手染リボングラデーション染シルクリボンです。
ベアちゃんはおまけとのことでしたが、とてもかわいいおまけです。

アンティークレースのはぎれも入っていました。

お花の部分を拡大して写真を撮りました。
かたちや色合いが本物みたいでとても美しいです。
アートフラワーって色んな素材がありますが、すごく進化していてchirosukeは驚きです。

かわいい箱+お花+レース+くまちゃん・・・
最強の組み合わせであります。
とても素敵な「スミレの妖精からの贈り物」、ありがとうです。

メルスリーセット 2017年9月


chirosukeが参加している、自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」さんの頒布会です。

8回目です。
今回はブラックを基調にしたシックなセットです。
モチーフやリボンも黒で渋いです。
黒ってそれだけでアンティークな雰囲気がありますね。

持ち手のついた籐カゴも素敵です。
白い染花がひっそり咲いているみたい。
マスキングテープもアンティーク調です。
蝶々のクリップは何気にリアル・・・。
撮影後レースの下に隠れてもらいました。

メルスリーと一緒にchirosukeのところに深い秋が届きました。
いつも素敵なメルスリーをありがとうです。

メルスリーセット 2017年8月


chirosukeが参加している、自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」さんの頒布会です。

7回目です。
白木のボックスにはブルーの材料が詰まっています。
フラワーカボションはパリの蚤の市からやってきたヴィンテージものだそうです。
タッセルも素敵です。
オーガンジーに光るビーズは夏の夜空の星みたいです。

涼し気なブルーのリボンやレースはひとつひとつが美しいですが、バランスよくセットされるともっときれいでワクワクします。
いつも素敵なメルスリーをありがとうです。

菫の小箱


自由が丘からやってきた「菫の小箱」です。

パッケージが素敵~!
パープルのリボンでアレンジされているスミレの花は造花ですが本物そっくりです。

箱の大きさ 幅:10.5㎝ 奥行:6.5㎝ 高さ:3㎝

素敵な雰囲気の紙箱です。
中身は・・・

すごくかわいいっ!
きれいな菫色の箱の中にフェイクグリーンをクッションにして、小さなビスクドールが入っています。

スミレのミニブーケは本木先生作です。
扇のチャーム、パンジーのワッペン、フランスヴィンテージレース、フラワーテープが入っています。
パンジーのワッペンは素敵ですよ~。
ヴィンテージのレースは巻板に可愛く巻かれています。
フラワーテープもかわいいですが、chirosukeは本木先生のつくるスミレのお花が大好きです。

ビスクドールは約4㎝、デッドストックです。
1920~30年の里帰りペニードールです。

アメリカで「ペニー・ドール」と呼ばれるとても素朴なビスクドールです。
素焼きのうえに絵付けをして焼成されたもの、または単に絵付けをしたままのものもあります。
1920~30年(大正から昭和初期)にかけて、日本で作られてアメリカに輸出されたお人形です。
ペニードールは、いま、里帰りしてコレクターもおられるそうです。

ちゃんと立ちますよ~。
後姿もかわいいです。
神社などで見かける縁起物の干支の置物や、土鈴みたいな手触りと重さです。

「ペニー」とは1セントの意味で、実際に1セントで売られていたかどうかは不明ですが、子供たちにとってはお手頃な値段だったことでしょう。
アメリカにはデットストックがあり時々手に入るそうですが、割れたり欠けたりしているものも多く、状態の良い子は少ないみたい。
箱に入った小さなお人形は、chirosukeが行ったことのない遠い国から戻ってきました。
よく帰って来たね~、おかえりなさいです。
大切にしたいと思います。

chibiビスクセット


この素敵なボックスは自由が丘のボンクラージュさんからchirosukeのところにやってきた、「chibiビスクセット」です。

サイズはボックスを閉じて
長さ:8.5㎝ 幅:6㎝ 高さ:5.5㎝ 

かぶせ蓋はとても調整が難しいと聞きます。
なんて優雅な形でしょう~!
側面には愛らしい転写がいっぱいです。
蓋の表には、レースが飾られリボンとビーズ刺繍が美しいです。
ちっちゃなビーズなんです。

chirosukeはこの箱だけで嬉しくなってしまいます。

箱の中はもっともっと素敵です!

とてもかわいいお人形が眠っています。
体長約4.5㎝cmのオールビスクのドールです。
ドールは菊池先生の作品です。

ドールにボンクラージュさんがお洋服を着せてあげて、小物もつくってあげて、素敵なボックスに入りました。
その名も「[chibiビスクセット」。
かわいすぎです。

ドールのお洋服にはアンティークレースが使われています。
小物は、クッションが2個。
ドールが枕にしているクッションは、刺繍生地の物にレースが付いています。
もうひとつはハートのクッションです。
ABCと描かれた積み木、ミニブックが2冊、ヨーヨーキルトです。
どれも小さい~!
ヨーヨーキルトの精巧さにchirosukeは涙目です。
なんて凝っているのでしょう。

限定7個(うち2個はピンクリボン)
どの子が届くかは選べなかったし、chirosukeはどっちが届くのか楽しみでしたが、偶然ピンクの子が来てくれました。
ブルーの子は、頭のリボンと胸元のリボンがブルーでお靴も水色です。
ピンクリボンの子は黒のお靴です。
どっちもかわいいですね。

眠っているドールってなんて愛らしいのでしょう。
ドール用のベッドやゆりかごにも寝かせてあげたいなぁ。
このchibiちゃんはどんな夢を見ているのかしら。

小さなボックスには、ドールがみる夢までが詰まっているのだと思います。
どんなに果てしない夢かと思うと、chirosukeの想像もどんどん広がります。
ずっと大切に可愛がってあげたいです。
小さなボックスに詰まった素敵な夢をありがとうです!

メルスリーセット 2017年7月


chirosukeが参加している、自由が丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」さんの頒布会です。

6回目は素敵な木製トレイに入って届きました。
仕切りがあるトレイって便利ですね。

アンティークレースは1920年頃のものだそうです。
約100年前のものなんですね~。
フリルリボンはニューヨークから届いたそうです。
タッセルも透明で素敵~。
かわいい小鳥のチャームもありました。

ビーズが豪華なリボンとシフォンは美しいパープルです。
染花も紫でとてもきれいです。

すてきなメルスリーを手に取っているだけで嬉しくなってしまうchirosukeです。

ベアのコラージュボックス


自由ヶ丘の手芸屋さん「ボンクラージュ」からやってきた「ベアのコラージュボックス」です。

このかわいいボックスは、元々頒布会の「キットの会」として制作されたものですが、限定5個で完成品がつくられました。
キットの会ではくまちゃん本体のみ出来上がっているそうです。
材料は全て揃っているので、お洋服を着せたり小物を飾り付けたり、つくる楽しさがあって良いでしょうね。

chirosukeはつくるのは好きなのですがなかなか時間がなくて、完成品を身請けしました。
すごくかわいいボックスです~!

サイズ 高さ:約12㎝ 幅:約9.5㎝ 奥行:約7㎝

手のひらに乗るくらいの大きさです。

中は小物入れになっていて、キルト糸が3個入るくらいの大きさです。

蓋の上のベアちゃんコラージュが素敵です!
全体が淡いパープル(菫色)で、くまちゃんが刺繍をしています。
刺繍針がピンクッションに刺さっているから出来上がったんでしょうか?

巻板のレースや刺繍糸がとても細かくアレンジされていて、chirosukeはかわいらしさにうっとりします。
chirosukeのところにやってきたかわいいくまちゃん、大切にしたいと思います。
何をいれるかは・・・いつものお約束で考え中であります。

前へ 過去の投稿

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。