美々卯 新宿店 「お昼のうどんすき」


新宿シネマカリテで映画「ゆれる人魚」を観たchirosukeはお腹が空きました。
少し遅めのお昼ご飯をいただくことにしました。

映画館のある新宿NOWAビル6Fに「美々卯」があったので、「お昼のうどんすき」をいただきました。

「お昼のうどんすき」は、ミニうどんすき+季節の三種盛合せ+ワンドリンクです。

一人前:2,500円(税込)

(ドリンクは以下からチョイス。
グラスビール、お酒(菊正宗1合)、グレープフルーツジュース、オレンジジュース、ウーロン茶)
ワンドリンクの代わりに本日のデザートを選ぶこともできます。

シネマカリテの映画半券提示で、デザートorドリンクサービスがついていたので、ワンドリンクとは別に半券ではデザートをいただきました。
本日のデザート「抹茶プリン」です。

東京でいただく美々卯の「うどんすき」は久しぶりのchirosukeであります。
「うどんすき」はとてもおいしくて、半個室の席は居心地が良かったです。
ごちそうさまでした。

広告

美々卯のうどんすき&白玉あずき (2018年3月)


約5ヶ月ぶりに関西に帰省したchirosukeであります。

今回も大阪高島屋のなんばダイニングメゾン7Fにある「美々卯なんば店」で「うどんすき」をいただきました。
大阪は東京よりずっと気温が低く寒かったので、温かいうどんすきは最高でした。
(Iちゃん、いつも予約ありがとうです!)

毎回ですが美々卯のうどんすきはおいしいです!
春なのでたけのこが付いてきました。
お餅もほんのりピンクの海老餅です。

うどんすきを頂きながら、お喋りは尽きません。
楽しい時間はどんどん過ぎていきます。

今回は美々卯でデザートもいただきました。
「白玉あずき」おいしかったです。
おいしいうどんすきと甘味、ごちそうさまでした!

今回は1泊の帰省で、いつもよりもっとバタバタでした。
Iちゃん、会えなかった関西のお友達、また会いましょうね!

chirosuke「上野動物園のパンダ シャンシャン」に会いに行く


chirosukeは前日の土曜日に上野動物園の開園時間(9:30)に行きましたが、すごい人が並んでてすぐにシャンシャン観覧整理券が配布終了になり涙目・・・。
リベンジを誓い、日曜日に出なおしであります。

早起きしたchirosuke、Sちゃんと待ち合わせ8時過ぎに上野駅に着きました。
開園一時間前に上野動物園前に着きましたが、すでに長蛇の列であります。
それでも、整理券は何とか貰えそうです。
お天気も良く途中ハーフコートが要らないくらいの暖かさでした。
chirosuke、我慢強く1時間並びました。

現在シャンシャンは先着順で整理券を配布し、入場後に整理券を貰えた人だけが観覧できるしくみです。

2017年12月19日から「シャンシャン」と母親「シンシン」を事前申込による抽選制で公開していましたが、母子の健康状態が安定しているため、2018年2月1日(木)から観覧時間を延長し、9時45分から16時45分まで公開しています。
(chirosuke、12月の抽選に申し込んだものの、すごい倍率でハズレでした)
今は観覧方法は整理券制による先着順です。
早くから並べば整理券をゲットできる可能性大です。

しかし・・・相手は何せ動物です。
母子の健康状態などの理由で公開を中止することもあるとのこと。
これはカケだな。

詳しくは上野動物園のHPをみてね。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=ueno&link_num=24639

一時間並んで動物園に入場、オトナは600円です。
入場してすぐ整理券配布場所に早歩き(良い子は走ってはいけませんよ)、無事12時10分からの整理券をゲットできました!
これでシャンシャンを観られます!

時間まで園内をウロウロしたchirosuke、動物園は何十年ぶりでありましょう。
前日まではシャンシャンだけ観れたらいいや、今更動物なんて・・・。
chirosuke、動物園をなめておりました。
ゴメンナサイ!

突然「キリン!キリン!キリン!」と叫び走り出すchirosukeでありました。
キリンすごい~!
めっちゃ首が長いです。
何十年ぶりでしょう、キリンさん。
すっかりコドモchirosuke、感動でちょっと涙目であります。

「おサル~!子ザル~!」「象さん~!でかっ!」「ケープペンギンやああああ!」「サイがサイがっ!」
「おおっ、カンガルー寝てるっ!」「シマウマ!あっ、バーバリーシープ!まるでジャングル大帝!」
「オカピ、かわいいっ!」「カバっ!」「バク~!」「ライオンどこ?!」
と興奮して駆け回るchirosukeに、一緒に行ったSちゃんはあきれていたそうであります・・・。

走り回ってぐったり疲れました。
お腹も空きました。
お昼ご飯を食しておかねば、シャンシャンまで体力が持ちません。
屋外のフードコート「カフェカメレオン」には列ができています。
Sちゃんに並んでもらっている間に、chirosukeは「ギフトショップ プチカメレオン」にお土産を身請けにいきました。

パンダグッズがいっぱい~!
ぬいぐるみもいろいろあってかわいい!
文房具も充実していますが、シャンシャンものは既に「売り切れ」です。
クリアファイルやポストカードなど、棚が空っぽでどんなものだったかもわかりません。
入荷未定だそうです。
人気だなぁ。
シャンシャン以外のパンダものはありましたが、せっかく来たんだものシャンシャングッズがほしいchirosukeであります。

既に残り少なくなっているシャンシャンの「ダイカットノート」がかわいかったので、お友達の分も含めて数冊身請け。
(ダイカットノートについては後ほど・・・「上野動物園シャンシャンのお土産」のブログをみてね)

レジではぬいぐるみ「ほんとの大きさパンダの仔」が売られています。
chirosukeのお約束ワード「なにコレ、かわいいっ!」がでましたよ。
園内で、これ持っている人やコドモを大勢観ました。
あの謎のピンク色はこれだったのですね!
(ぬいぐるみについては後ほど・・・「ほんとの大きさパンダの仔 284g」のブログをみてね)

ノートとピンクのぬいぐるみを身請けしてカフェの列に戻ったchirosukeは、お腹が空いていたせいもあり、パンダメニューを含めたくさん注文しました。

・竹皮パンダ弁当 580円

・焼きそば 450円

・おでんパンダカマボコ 450円

・パンダマグラテ 1,000円
(※すべて税込)

竹皮パンダ弁当はおこわです。
竹の包みを開くと椎茸や黒豆でパンダの顔がつくられています。
chirosuke、またもや「なにコレ、かわいい~!」であります。
おいしいおこわでした。

焼きそばは普通の焼きそばです。
おでんは具材は小さいながらおいしいおでんでした。
そしてピンクの「パンダかまぼこ」が一枚ちょこんとのっています。
このかまぼこ、商品化してくれないかしら・・・?
かまぼこ一切れで嬉しくなっちゃう、恐るべしシャンシャン効果であります。

そして、パンダマグラテはステンレスのマグカップを持って帰れます。
シャンシャンとシンシンのイラスト、裏にはシャンシャンの絵と「香香」の文字が・・・。
ラテを飲み終わった後は、近くの手洗い場で洗えます。
持ち帰り用のビニール袋が付いています。
後で解ったんですが、注文時に中身を別の紙カップでに入れてもらい、マグだけ別に受けとることもできました。
chirosuke、すっかりシャンシャンに気持ちを持っていかれております。
(未だ観ていないのに・・・)

そろそろシャンシャン観覧集合時間です。
東園パンダ舎に向かいました。
chirosuke、パンダを生で見るのは初めてです。
ちょっとドキドキしてきました。

シンシンとシャンシャンは「屋外放飼場と室内2号室」のいずれかにいます。
集合場所で25人づつのグループ毎に案内の方の誘導で移動しながら観ます。
時間は約1分~2分らしいですが、ひとつの部屋が約30秒らしい。
どこにいるかは行ってみなくては解りませんし、近くにいるか、寝ているかも解んないですね。
これはもう運まかせでしょう。

集合場所にいたchirosukeのちょうど前でグループが区切られました。
スタッフの方が棒でストップをかけます。
スタッフさんが持っているこの棒なんですが、いろんな動物のぬいぐるみが付いています。
chirosukeの時はパンダでしたが・・・この棒にchirosukeは名前を付けました。
「パンダぐっさり棒」だな。
(そういう言い方はどうかと思うぞ・・・chirosukeよ!)

いよいよchirosukeのグループです。
最初の屋外運動場にはパンダはいません。
飼育員さんが笹やニンジンなどをあちこちにセットしています。
次の部屋かな?

その時です。
ひとつ前のグループの案内員さんが「まもなく観覧終了で~す!」の声に観覧者さんたちのすごい落胆の「え~っ!」という声が聞こえてきました。
chirosukeも落胆するのかしら・・・と不安になり涙目であります。

室内2号室の前に行ったchirosuke、初めて観るパンダの大きさにままずびっくり!
シンシンでかっ!
(ジャイアントパンダだからな・・・chirosukeよ!)

急いでシャンシャンを探すと・・・居ないっ!
すかさずSちゃんが「木の上っ!」
何やら楕円状のモノが木のてっぺんにへばりついています。

あれが・・・シャンシャン?
2頭身から3頭身だな。(パタリロ並み?)
母親と比べると何て小さい・・・!
けど、顔が見えないしあれはお尻?
動きません。

かわりに母親のシンシンは室内をウロウロ、木の下を通り過ぎで右側に移動し座り込んで、犬が良くやるみたいに脚でお腹のところをカイカイしています。
chirosukeはパンダってこんなことやるんだとしばし呆然。

でもシンシンには申し訳ないですがお目当ては子パンダのシャンシャンです。
シャンシャン、お願いだ動いてくれ!

時間はどんどん過ぎて、案内員の人が「そろそろ・・・」と言いかけています。
ここでchirosuke、前のグループの落胆っぷり「え~!」の意味が解りました。
シャンシャンが木の上でお尻を見せたまま、動かなかったんだ!
このままではchirosukeも落胆の涙目は必須・・・。

その時、シャンシャンがおもむろに「よっこらしょ」という雰囲気で木を降り始めました!
うわ。かわいいっ!
丸いっ!

動いてるシャンシャン、可愛さ倍増であります。
器用というか、よくあんなに丸っこいのに木にしがみついていられるなぁ。
一人で登ったんだから一人で降りられるよね・・・。
chirosuke、ハラハラであります。

そして愛らしい顔がこちらを向きました!
もうchirosukeは「なにコレ!かわいいっ!」です。

【シャンシャンを観に来た⇒シャンシャンに会いに来た】に変わった瞬間であります。
chirosuke夢中でiphoneで写真撮りまくりです。

子パンダのしぐさは、ころころ犬ビームに匹敵する破壊力であります。

シャンシャン、木登りが上手になったことはニュース映像で知っていましたが、降りるのも上手!
途中で落っこちることもなく、しっかり手と脚を使って無事着地であります。

動き出してから約30秒足らずでした。
【上野のシャンシャン⇒うちのシャンシャン】になった瞬間でした。

降りたのと同時に案内員さんの「観覧終了で~す!」の声。
でもchirosukeのグループでは落胆の声は聞かれませんでした。
動いてくれてありがとうシャンシャンよ!

パンダ舎を出た時には、chirosukeのココロも変わっておりました。

【うちのシャンシャン⇒chirosukeのシャンシャン】に変わった瞬間でありました。
これは本当に運です。
先のグループに入っていたら動くシャンシャンは観られなかったです。
ありがとう「パンダぐっさり棒」!
(だから・・・その言い方はやめなさい!chirosukeよ)

丸っこい背中、しっかり足を伸ばして無事両脚で着地したシャンシャン。
何度もこの木を昇り降りしているんでしょうね。
ゆっくりと確実に降りてきました。

着地した時は「ひとりでおりたよ~!やったぁ~!」と吹き替えしたいくらいの雰囲気いっぱいです。
シャンシャンはいつも遊んでいるんだものね~。
屈託なく遊ぶ姿が、卑怯なくらいかわいいです。
chirosukeが夢中で撮ったシャンシャンの木登り着地までの連続写真をご覧ください~。

シャンシャンは日齢255日。
体重は20㎏をちょっと超えたくらいですって。
まだまだ小さいですね。

今だけのコドモ時代、特別な愛らしさです。
1時間並んで30秒間の動くシャンシャンでしたが、とてもラッキーなchirosukeでした。
東京万歳!

「かよひ路 上野店」 でランチ


東京都美術館で「ブリューゲル展」を観たchirosukeはお腹が空きました。
ちょうどお昼時、JR上野駅近くの「かよひ路 上野店」でランチをいただきました。

初めてのお店です。
JR上野駅入谷口から徒歩1分、ほぼ駅ナカでありましょう。
夜は居酒屋さんですね。
土曜日のランチメニューから「東北六県御膳」を注文しました。

東北六県御膳 1,480円
・三陸産牡蠣フライ
・青森県産ほたてフライ
・岩手県産さんまフライ
・八幡平サーモン
・庄内風芋煮
・小鉢
・いぶりがっこ

東北産のおかずがいっぱいです。
フライものがメインですが、お魚がおいしかったです。
青森県産ほたてフライはめちゃうまでした。
「庄内風芋煮」が具沢山で小芋がゴロゴロ入っていました。
醤油味ではなく、味噌味の芋煮はchirosuke初めていただきましたがおいしかったです。

「いぶりがっこ」も分厚く切っていて歯ごたえが良い感じです。
いぶりがっこは、秋田の伝統的なお漬物です。
関西では食したことが無かったですが、東京ではスーパーでも良く見かけます。
漬物として使う干し大根が凍ってしまうのを防ぐために、大根を囲炉裏の上に吊るして燻し、米ぬかで漬け込んだ雪国ならではのお漬物です。

ちょっと贅沢なランチでしたが、とてもおいしくお腹一杯になりました。
ごちそうさまでした。

「GREEN GRILL グリーングリル」のランチ


chirosukeは「グリーングリル」でランチをいただきました。
以前から気になっていたお店ですが、いつも満席でなかなか機会がありませんでした。

「グリーングリル」は、「野菜の力と大地の恵み」をコンセプトに、全国から仕入れた新鮮なこだわり野菜を、素材の力を生かした調理をしているそうです。
お昼に何を食そうかとウロウロしていて、この時期はお肉やお魚より野菜が一番お高いという結論に達し、じゃあ野菜を食べようと決めたchirosukeとお友達であります。
(単純な理由だな・・・chirosukeよ!)

注文したお料理の野菜がとても大きくカットされていて鮮やかな色合いでした。
普段写真撮影が適当なchirosukeでありますが、今回は「なんちゃってインスタ映え」を狙って野菜をアップで撮って見たら・・・なんてキレイ!

「16種野菜とタンドリーチキンプレート」1,280円(税込)

16種類の野菜がとても彩り良く盛り付けられています。
素材そのものを活かした大き目カットです。
ディップソースを付けなくても、野菜の味がしっかりしていました。

タンドリーチキンもおいしいです。
パンとスムージーがついています。

「350gのベジタブル鍋」 1,380円(税込)

季節の野菜の鍋です。
とてもあっさりです。
味付けは特になくて、こちらも野菜本来のしっかりした味でした。

サラダとスムージー、雑穀ごはんがついています。
雑穀ごはんはほんのり甘味があっておいしいです。

「グリーングリル」のランチはとてもおいしくて、野菜の味をしっかり味わうことができました。
彩り良い野菜たちが盛り付けられたお料理は、目にも美しくておいしいです。
楽しんで味わうことができました。

このお店の農園カレーも人気でした。
やっぱり雑穀ゴハンです。
めっちゃおいしそうでした。

おいしい野菜料理、ごちそうさまでした。

浅草 「梅園」のお雑煮&白玉クリームあんみつ


chirosukeは浅草の「梅園」さんに行ってきました。

http://www.asakusa-umezono.co.jp/

梅園さんは浅草に本店がある老舗の甘味処です。
創業安政元年(1854年)で160年続いてるお店です。
百貨店に出店して和菓子の販売をされているので、chirosukeは何度か「豆かん」を身請けしたことがあります。
(「豆かん」食べくらべ「船橋屋VS梅園」については2015年8月7日のブログをみてね)

浅草本店は浅草寺のすぐ近くで、大人気です。
入店に少し並びました。
満席の店内は結構広くて、中央部分に大きなお正月飾りがおめでたい雰囲気です。
浅草って感じです。
先に食券を購入(券売機じゃないですよ、お姉さんがいます)してからテーブルに着きます。

お友達のSちゃんは「梅園のお雑煮が食べたい」と、せっかくのお正月だし「梅園ぞうに」を注文しました。
お雑煮は3種類あります。

・梅園ぞうに 864円 (税込)

陶器の器が良い感じです。
東京のお雑煮はおすましに角餅です。
chirosukeは「みはし」のお雑煮が好きだけど、梅園さんのには溶き卵は無しですね。
シンプルで見た目もきれいです。

おいしいのですが、Sちゃんが「みはし」と同じ出汁の味がする・・・と言ってました。
そして、うずらの玉子が3個もはいっているのにびっくり!
卵大好きchirosukeはおすそわけしてもらいました。
お出汁も飲んでみましたが、確かに「みはし」とよく似ているかなぁ。
(あんみつみはしの紅白雑煮については2016年1月9日のブログをみてね)

みはしのはふわふわの溶き卵がいっぱいで、梅園のはうずら卵が3個・・・。
これは卵大好きchirosukeにとっては引き分けだな。
(ポイントは卵なのか・・・chirosukeよ!)

chirosukeが注文したのはお約束の「白玉クリームあんみつ」であります。

・白玉クリームあんみつ 820円 (税込)

器の「梅園」マークが良い感じです。
お味はとてもおいしいあんみつです。
これもみはしと比べてしまいますが、みはしはソフトクリーム、梅園はアイスクリームです。
これは好みでしょうね。
chirosukeはソフトクリームが好きかな。

おいしいお雑煮とあんみつ、ごちそうさまでした。
浅草に来た時は、また立ち寄りたいと思います。

2018年おせち「加賀温泉郷山代温泉 宝生亭 個食&オードブル」


chirosukeは今年は東京でお正月を過ごします。
東武百貨店で予約していたおせちが届きました。

今年のおせちは「加賀温泉郷山代温泉 宝生亭 個食&オードブル」であります。

身請け額: 14,580円(税込)

コンパクトな個食(同じもの)が2個、オードブルの詰め合わせの少し贅沢なおせちであります。

一の重には・・・
蒸豚スライス、モルタデッラ、鶏のチーズフォンデュ風、若桃甘露、あんず柔らか煮、黒糖ローストポーク、魚介ムース市松、スモークトラウトサーモン、パンプキンテリーヌ、スイーツキューブ、ベーコンチーズドック、リンゴと豆腐のパイ包み、プチプリエビサラダ、海老黄金焼き、地鶏のテリーヌ、スタッフドオリーブ、カニの爪団子、味付けブロッコリー、スモークシュリンプ、リンゴと紅芋のパイ包み、チェダーシュリンプサラダ

二の重・三の重には・・・
一口昆布巻、紅白蒲鉾、合鴨スモーク、田作り、椎茸煮、松笠いか、栗甘露煮、いくら、蛸酢、のどぐろ甘酢漬け、日向夏なます、伊達巻、牛笹包み、さんま幽庵焼、黒豆金箔、てまり餅、くるみ、海老艶煮、数の子、ばい貝

オードブルは和洋折衷でいろいろ入っております。
色んなお料理が詰め合わされていましたが、chirosukeに「ほとんどテリーヌ」と思っちゃいました。
おいしいんですが、テリーヌまたはテリーヌもどきばかりのような・・・。
普段食べ慣れていないモノが多いのでこうなっちゃうのかなぁ。

個食は縁起物が一通り入っていました。
かわいいおせちという感じです。

おめでたくておいしいおせち、ごちそうさまでした。

「千枚漬&かまぼこ」をいただきました


関西のお友達から「千枚漬け」と「かまぼこ」を頂きました。
千枚漬けは京都の「土井志ば漬本舗」さんのものです。
chirosukeはここのお漬物が大好きです。

聖護院かぶらのみごとな千枚漬けです。
土井志ば漬本舗の蕪の甘さと歯ごたえ、昆布の旨味とお酢の加減がchirosukeの大好きな味です。

かまぼこは石川県のスギヨさんの「鮨懐石かまぼこ」とオードブルの詰め合わせです。
「鮨懐石えび」「鮨懐石きす」「鮨懐石香り箱」オードブルは「能登の香り」「かに小袖」の5種類です。
こんな高級かまぼこchirosukeは初めてです。
おいしそうで、とてもきれいです~!
ずわいがにの脚肉形状に仕上げた「香り箱」(かに風味かまぼこ)は2006年農林水産祭で「天皇杯受賞」したそうです。

蒲鉾とオードブル、お正月にいただきますね。
Kちゃん、いつもありがとうです。

「置地廣場」ららぽーと豊洲店の犬張子グッズ


ららぽーと豊洲の雑貨屋さんに、かわいい犬張子グッズがあったよというSちゃん情報に、犬好きchirosukeはその雑貨屋さんに行ってまいりました。

「置地廣場(おきちひろば)」という雑貨屋さんです。
おしゃれな和風雑貨のお店です。
横浜や都内で店舗展開をしているようですが、chirosukeの行動範囲外だったので初めてのお店です。
九谷焼きの器やグラスやお箸、漆器等ちょっとお高いけど品の良いものが揃っていて、chirosuke見ていて飽きませんでした。

犬張子のお飾りもありましたが、chirosukeが気に入ったのはかわいいデザインのお茶と、ぽち袋に入った飴です。

・お茶 280円(税別)

・縁起開運干支飴 200円(税別)

お茶は缶入りもありましたが、缶がルピシアそっくり。
蓋にシールを貼った缶だったので、袋にしました。
お茶は青と黄色の袋どちらも同じ中身です。
神奈川県の葉山にあるお茶屋さん「日の出園」さんの緑茶「あさぎり」が20g入りです。
犬張子がめちゃかわいいです。
chirosukeのツボであります。

ぽち袋には台東区の「萬年堂」さんの飴が5個入りです。

萬年堂さんでは他のデザインの「ぽち袋」に入った縁起開運干支飴があるみたいですが、この青いポチ袋の犬はとてもかわいいです。
飴も「戌」「福」「2018」の文字、お花と犬張子の顔の金太郎飴です。
年が明けてから頂くことにしましょう。
お茶はお煎餅や和菓子と一緒に・・・。

12年前の戌年にも、いろんな犬張子や犬グッズをいろいろ身請けした記憶があるchirosukeです。
今回もがんばってかわいい犬モノを集めたくて、お財布は犬に駆逐されつつあります。
12年に一度の、恐るべし犬好きパケ買いであります。

chirosuke「東京ビッグサイトのみどり会優待販売会」に行く


chirosukeは東京ビッグサイトで開催されている、「みどり会 優待販売会」に行ってまいりました。

協賛会社の社員とその家族・友人を対象とした販売会で、ファッションから日用品、食品などのさまざまな商品が、特別価格で身請けできる、ひらたくいえばファミリーセールであります。
東京と大阪で、それぞれ夏と冬の2回開催されます。

chirosukeはお友達Sちゃんの友人枠として今年の夏に「みどり会デビュー」をしましたが、chirosukeが初日にのんびりお出かけした為、Sちゃんのお目当ての日用品が売り切れで身請けできなかったという、大変迷惑をかけてしまいました。

(夏のみどり会については2017年7月16日のブログをみてね)

夏のリベンジを誓ったchirosuke、今回は早起きしてほぼオープンと同時に入場できました。
第一目的の「牛乳石鹸」の売り場にGO!
すごい人だかりでありますが、人気のボディソープを次々とカゴに入れたchirosuke、夏の名誉挽回であります。
その姿を見てSちゃんは「今半のお弁当買ってくる!」
chirosuke「おぅ!ここは任せて!」
何というお友達連携プレーでありましょう!

chirosukeはSちゃん愛用の「無香料のボディソープ詰め替え」を5個ゲット。
市販の半額以下という身請け額で、売り場でも一番人気なんですって。
これで夏のリベンジを果たしたchirosukeです。
ついでに牛乳石鹸の赤箱や他の日用品もお得に身請けしました。

第一目的を果たしたchirosukeは、お弁当一番人気の「今半」のすき焼き弁当をゲットしたSちゃんと合流し、永谷園とか味付け海苔の売り場をウロウロ。
お昼には休憩場所ですき焼き弁当を頂きました。

夏にも食した今半のお弁当です。
今半は明治28年創業、日本橋人形町が本店のすき焼き・しゃぶしゃぶの老舗です。

・すき焼き弁当 1,500円(税込)

今回も今半、めちゃおいしいです!
すき焼き弁当は2段です。
(黒毛和牛 長葱 竹の子 結び白滝 焼豆腐 青菜 人参 椎茸)
卵は奥久慈卵の温泉玉子です。
そして黒毛和牛!お肉はめちゃうまです!

それぞれお目当ての商品をとてもお安くゲットでき帰路につきましたが、ボディソープや芳香剤等水モノを詰め込んだリュックが肩に食い込みます。
重いけどお得に身請けできたのですから、しばらくガマンです。
そして事件は起きました。
いえ、すでに起きていました・・・。

ボディソープ詰め替えをSちゃんに渡した時・・・
chirosuke「あれ?なんでパッケージにパラの花が?」
Sちゃん「ああっ、これ無香料じゃないっ!夏と同じバラの香りだっ!」
chirosukeはひとつだけ無香料、残り4つはバラの香りを間違って身請けしていたのでした。
パッケージが良く似ていたのですが、これはもうchirosukeの大ポカであります。

夏は無香料が売り切れでやむなくバラの香りを身請けしたんですが、リニューアルでパッケージが似ていたのでした。(夏のときはバラの香りはパッケージがピンク)
chirosukeは「ごめんなさい・・・」としか言えず、第一目的を間違ってしまい反省しきりであります。
Sちゃんが「普段このボディソープを使っていないアンタが見分け付かなかったのは仕方ない・・・」と許してくれましたが、本当に情けないchirosukeであります。

そんなchirosukeにSちゃんは「バラの香り」のボディソープ詰め替えを2個くれました。
無香料じゃないから5つも要らないって・・・。
冬の「みどり会」は、chirosukeの大ポカが際立った優待セールでありました。
Sちゃん、今度こそ必ずや「無香料」の詰め替えをゲットしましょう!
だから懲りずに来年夏も「みどり会」誘ってね~。

前へ 過去の投稿

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。