ベジマイル(Veggimile)のハンバーグランチ


chirosukeはイオンスタイル板橋前野町の1F ラ・フォリアマルシェダイニングでランチをとることにしました。
このイオンは2015年の11月にオープンしましたが、chirosukeのマンションからは少し遠くて行く機会がありませんでした。
フードコートがオシャレだというウワサを聞き、お天気も良いので行ってまいりました。
お散歩というより少し汗だくになってしまったchirosukeであります。
イオンのお店や、近くのホームセンターをウロウロして、ウワサのフードコートにGOであります。

1F ラ・フォリアマルシェダイニングはchirosukeが想像していた「フードコート」とは違っていて、とてもきれいでオシャレでした。
同フロアーにはリカーショップやキッチン雑貨のお店もあります。
待ちで良く見かけるファストフードもお店もあって、気軽に入れる雰囲気はフードコートならではですね。

chirosukeが選んだお店がベジマイルというお店で、野菜がおいしいらしいです。
注文したのは「あっさり和風ハンバーグ」です。

・780円(税込)

スープとライス付き。
焼き野菜がたっぷりでおいしいです。
熱々のプレートでいただく粗挽きハンバーグはとてもおいしかったです。

ジュースバーの「デポ・デ・サンテ(Depot de Sante)」のパイナップルジュースもおいしかったです。
夏になったらフルーツのアイスバーも良いなぁ。

ラ・フォリアマルシェダイニングの他のお店にも行って見たいと思います。
おいしいハンバーグランチ、ごちそうさまでした。

東武百貨店スパイスの「御影蔵」で晩御飯 2017年5月


chirosukeは、東武百貨店池袋のレストランフロアー「スパイス」にある「御影蔵(みかげぐら)」さんにいきました。
数か月に一度くらいしか行けませんが、「御影蔵」のお料理はおいしくて、少しだけ贅沢な日本酒も少しいただきます。
去年の7月以来、10カ月ぶりです。
窓際の席が空いていたので池袋の街の夜景を見ながらの晩御飯です。

「野菜のお造り」です。
彩りもきれいで野菜がとてもおいしいので毎回注文します。
季節の野菜はチコリが入っていました。

風の丘ファーム&全国の農家から届く野菜は有機栽培です。
「風の丘ファーム」は埼玉県小川町にある農場で、循環型有機農業のパイオニアなんですって。
普段、スーパーでオーガニック野菜を見かけても「普通の」野菜との価格差にとても身請けできないchirosukeですが、有機野菜は味が違うなぁ。
野菜本来の甘みがあって、人参ってこんなに甘かった?と思うくらいしっかり味があります。
甘い、苦い、酸っぱい、辛い・・・野菜のいろんな味がおいしいです。

酒粕入りのお味噌とドレッシングもおいしい~。
特にお味噌は卑怯なくらいおいしいんです。

「ひじき麺」です。
これはchirosukeのお気に入りです。
そば粉アレルギーで本物のお蕎麦を食せないので、この「ひじき麺」はざるそばを食している気分になれます。
お蕎麦を食べられるお友達曰く、「蕎麦とは味も食感も違うし、蕎麦独特の香りも無くてベツモノ」とのことですが、良いんです。
その蕎麦の香りさえchirosukeには毒・・・。
ひじき麺で味わえる雰囲気が良い感じであります。

ひじき麺は、つるつるした食感としっかりした歯ごたえがあっておいしいです。
ひじきを使用した、一見そば風でもそば粉を使用していなひじき麺は、そば粉アレルギーのchirosukeにはとても嬉しいです。


お通しは小松菜と数の子の和え物でした。
この季節に数の子って食す機会がないので、プチプチ感が新鮮。

「たらこの炙り焼き」は北海道産のたらこです。
たらこを焼いただけなのに何でこんなにおいしいんだろう・・・。
日本酒がおいしいです。
chirosukeは白いご飯も欲しくなりましたよ。(ゴハンはガマンです)

いさぎのお造りは甘くておいしい~!
スーパーのパックでいさぎのお造りは時々身請けしているchirosukeですが、全然違います!
たまにはお高くてもおいしいお魚を食したいと思います。
(お刺身バックは3割引きとかのシールが貼られているのがお約束だな…chirosukeよ!)

「造り身 分葱ぬた」も毎回注文します。
御影蔵さんのぬたはめちゃうまです。
イカやタコ、お魚の切り身がいっぱい入っています。
見た目もきれいで、辛子味噌がchirosukeの好きな味です。

鶏の唐揚げは佐賀みつせ鶏です。
油っこくないあっさりした味でお肉が大きい!
焼きおにぎりは青唐辛子味噌が卑怯です。
めちゃうまであります。

今回もおいしいお料理と、すこし贅沢な日本酒も少しいただきました。
おいしい晩御飯、ごちそうさまでした!

東武百貨店池袋 2017年「食の大北海道展」でラーメン


東武百貨店池袋の2017年「海明け・雪解け 食の大北海道展」が開催中です。

会期:2017年4月27日(木)~5月9日(火)
※最終日は午後6時閉場

chirosukeの北海道展のお約束、イートインのラーメンに並びました。
札幌市の「らーめん信玄」さんです。

東武限定5種盛りラーメンを狙っていましたが、何とchirosukeのひとつ前で完売となりました。
 1,113円(税込) *各日限定計300点
これは残念・・・。

前回chirosukeは信玄の「こく味噌ラーメン」を食して好きな味では無かったので、違う味にしました。
(信玄のこく味噌ラーメンについては2015年5月7日のブログをみてね)
今回chirosukeが注文したのは塩ラーメンです。

あっさり塩らーめん 842円(税込)

透明なスープが適度にしょっぱくておいしいです。
前回の味噌味がchirosukeには合わなかったのですが、塩ラーメンは結構いけます。
「こってり醤油ラーメン」でも良かったかもです。

今回の塩ラーメンで「信玄」さんのchirosukeの印象が変わりました。
今度機会があったら東武限定ラーメンを食したいと思いました。
でも「こく味噌」は勘弁・・・。
おいしいラーメン、ごちそうさまでした。

「蟻月」のもつ鍋


東武百貨店池袋のレストランフロアー スパイスにある博多もつ鍋「蟻月」さんで、もつ鍋を食しました。

https://www.arizuki.com/

蟻月は一昨年スパイスがリニューアルオープンした時から、何度か行きましたがいつも満席で入れず・・・。
予約も取りにくく諦めていたchirosukeです。
3月に入って少し暖かくなったのと、遅めの時間帯を狙ってようやく入れた「蟻月」であります。

店内はテーブルの間隔が広めに配置され、ゆったり明るい雰囲気です。
もつ鍋は数種類ありましたが、chirosukeは「白のもつ鍋」(味噌味)にしました。

おいしいもつ鍋でした。
chirosukeが時々行っている「おおやま」のもつ鍋と一緒くらいおいしかったです。
(もつ鍋「おおやま」については2015年4月28日のブログを見てね)

酢もつやサラダ等のサイドメニューは「おおやま」の方がchirosukeの好きなメニューがあるかなぁ。
締めのチャンポン麺は蟻月もおいしかったです。

おいしい「もつ鍋」ごちそうさまでした。

大阪ヒルトンプラザEAST 「華味鳥」のランチと「つる屋茶房」の甘味


chirosukeの関西帰省、3日目のランチは大阪ヒルトンプラザEASTにある「華味鳥」の水炊きです。
Nさん、いつもお店の予約ありがとうです。

http://www.hanamidori.net/

華味鳥さんの「博多水たき」はとてもおいしいです。
こくのあるスープにキャベツが良く合います。
コラーゲンたっぷりのスープもchirosukeは好きです。

水炊きの後は、同じ大阪ヒルトンプラザEASTにある「つる屋茶房」さんの甘味であります。

http://www.kyoto-tsuruya.co.jp/shop/osaka_hiltonplaza.html

京都で昭和3年から続く老舗料亭「つる家」さんの、和モダンスタイルのカフェです
約40席の小さいお店ですが、いつも人気で並んでいます。
今回はたまたますぐに入ることができました。

こちらは「桜あんみつ」です。
chirosukeがいつも東京で食している「みはし」のあんみつよりお上品な感じです。

アイスクリームの盛り合わせです。
チョコレート味がおいしいです。

chirosuke、5カ月ぶりの帰省は今回もおいしいものづくしでありました。
いつも帰省は用事に合わせているのでバタバタです。
忙しいなか時間を取ってくれるお友達、いつもありがとうです。
なかなか会えないお友達、次の機会にぜひ会いましょう。
そして機会があれば、東京でも会いましょう~。

「菜な」ルクア大阪店で晩御飯


関西に帰省したchirosukeは、大阪駅ルクアイーレ10Fにある「菜な」で、晩御飯を食しました。
初めてのお店です。
落ち着いた雰囲気で、お料理もおいしかったです。

http://obanzai-nana.com/about/

「菜な」は、京都の伝統的な「おばんざい」や旬の素材を活かしたお料理をいただけます。
chirosukeのお約束、おいしいお料理に合う日本酒もちょっぴりいただきました。
お通しは「湯葉」でした。

「おばんざい」というのは、昔から京都の一般家庭で作られてきたお惣菜のことですね。

chirosukeが最初に注文したのが「京のクレソンサラダ」です。
京都産のクレソンがたっぷりです。
蒸し鶏が入っています。
キィウィの甘さとクレソンの香りがおいしい~。

塩・コショウとオリーブオイルでいただきました。

「蛸と茄子の有馬煮」、おいしいけど有馬煮ってなんでしょう?
chirosuke調べてみました。
「有馬煮」とは、肉や魚などの具材を、醤油や酒で 濃いめに味付けして実山椒を加えて煮たものだそうです。
山椒の実が入っていました~。

「聖護院大根の風呂吹きとぶり」は大根がホクホク、優しいお出汁です。
聖護院大根は丸一日かけて鰹出汁で風呂吹きにしているそうてす。
大根おろし餡がおいしいです。
ぶりは幽庵焼きです。
手間ひまかけたお料理、お家じゃなかなかできませんね・・・。

「真鯛と菜花の昆布〆」は昆布の味がほんのりする、大きい切り身の真鯛がおいしいです。
「イベリコ豚の岩塩焼き」 お肉がとても柔らかいです。

ご飯は旬の土鍋ご飯で「メヌケと京せり」のご飯でした。
お米は京都の「米の老舗 八代目儀兵衛 」さんのものだそうです。
chirosukeは八代目儀兵衛さんを知らないですが、京都産のこだわりのおコメでありますね。

おいしいご飯でした。
土鍋飯はご飯だけです。
ちょっと寂しいので、赤出汁とお漬物のセットもお願いしました。
メヌケというお魚は、水深200~1000mの深い海に生息するため、釣り上げられたとき、水圧の急激な変化により目が飛び出すことからついた名前だそうです。
おいしい白身のお魚と、せりの香りがとてもおいしいご飯でした。
土鍋飯は、注文してから約40分ほどかかります。
ご飯の注文はお早めにね。

「菜な」の京都のおばんざい、たくさんいただきました。
おいしい晩御飯、ごちそうさまでした!

美々卯の「うどんすき」&丸福珈琲のケーキセット(2017年3月)


chirosuke、5カ月ぶりの関西です。
今回もランチタイムはIちゃんが予約してくれていた「美々卯のうどんすき」であります。

いつもの梅田ルクア10Fにある美々卯、おいしい「うどんすき」でした~。
活き車エビがとってもピチピチで箱の中から飛び出してしまうハプニングもありましたが、お腹一杯いただきました。

「うどんすき」をいただいた後は、同じフロアーにある「丸福珈琲店」です。

ケーキセット 980円(税込)

チョコレートのケーキです。
普段は紅茶派のchirosukeですが、丸福珈琲店ではコーヒーをいただききます。
ここのコーヒーは濃くてchirosukeもおいしいと思います。

おいしいうどんすきとハロウィンプレート、ごちそうさまでした。
Iちゃん、楽しい時間をありがとうです。

日本料理「庄助」で晩御飯(2017年2月)


%e5%ba%84%e5%8a%a92017_2_5chirosukeは約3か月ぶりに「庄助」で晩御飯をいただきました。
素材や地酒を福島産にこだわったお料理がおいしいお店です。

付き出しは「うどとホタルイカ」でした。
前回もいただいた「ちゃんこ鍋」がとてもおいしかったので、「ちゃんこ鍋」目当てであります。
いきなり「ちゃんこ鍋ください」とは言いづらく、他のお料理もおいしいので小鉢とお刺身をお願いしました。

%e5%ba%84%e5%8a%a92017_2_1「あん肝ポン酢」です。
新鮮なのでとてもおいしいです。
chirosukeはあん肝とかレバーとか、ちょっとクセのある食材が結構好きです。
新鮮でないとおいしくないので、「庄助」さんはchirosukeの当たりのお店であります。

「庄助」さんはお刺身と天ぷらが自慢だそうです。
今回はちゃんこ目的なので、あまり沢山のお料理をいただくとお腹一杯になっちゃいますから、天ぷらはガマンです。

%e5%ba%84%e5%8a%a92017_2_2お刺身はいつもお任せです。
「お刺身盛り合わせ」にはchirosukeの好きな貝も入ってました。
(写真は2人前です)
相変わらず新鮮でおいしいお造りでした。
(いつものスーパーのパックとはベツモノ・・・!)

福島の地酒「川栄(えいせん)」も少しいただきました。
おいしいお料理に合う、おいしいお酒をたまにちょこっと・・・お約束ですね。

%e5%ba%84%e5%8a%a92017_2_4いよいよchirosukeお目当ての「ちゃんこ鍋」であります!
1.5人前でお願いしましたが、2人でも充分な量です。

つくねから良いお出汁がでるんだな・・・。
chirosuke、スプーンで丸くしたつくねを沸騰してきたお鍋に投入です!
「庄助」さんのちゃんこ鍋は新鮮なお魚がたくさん具材に入ってて、お出汁もおいしいです。

%e5%ba%84%e5%8a%a92017_2_3ちゃんこ鍋、めちゃうまです!

1.5人分で充分二人分いけます。
2人分だったら3人いけちゃうくらいでしょう。

今回も雑炊までいただきました。
本当においしいちゃんこ鍋でした!
ちゃんこ鍋をやっている間に、また来たいと思います。
ごちそうさまでした!

淡路島 鳴門千鳥本舗の「オニオンスープ」と、京都の「いちごのおたべ」


%e6%b7%a1%e8%b7%af%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97_1chirosukeは関西のお友達に「淡路島 鳴門千鳥本舗」さんのオニオンスープをいただきました。

淡路島産玉ねぎを使ったスープはいろいろあるようですが、今回いただいたのはオニオンスープ玉ねぎ型です。
パッケージが大きい玉ねぎそのまま・・・。
葉っぱまで付いてて凝っています。
「オニオンスープ」とタグが付いていて「淡路島産」を強く主張しております。

%e6%b7%a1%e8%b7%af%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97_2包を開けると・・・。
玉ねぎ型の白いプラスチック容器がでてきました。

中にスープが入っています。
レトルトのパック150g×2袋入りでした。
原材料: オニオン、食塩、ビーフコンソメ、煮干エキス、食用油脂、蛋白加水分解物、香辛料、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)

淡路島は玉ねぎが名産です。
関西ではスーパーで淡路産の玉ねぎを良く見かけますが、東京ではあまり無いですね。
北海道産の玉ねぎが多いです。

賞味期間は6か月ですが、さっそく一袋をいただきました。
カップに入れてレンジでチンです。
甘くておいしいオニオンスープ、とてもおいしいです!

%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94%e3%81%8a%e3%81%9f%e3%81%b9_1京都の有名なお菓子「おたべ」の新商品もいただきました。

春の新商品「いちごのおたべ」であります。
パッケージがかわいいです。
つぶつぶが草間彌生さんっぽい・・・。
(関係ないですけど・・・)

「いちごのおたべ」は、いちごのチョコレートにいちごの果実を入れた甘酸っぱいガナッシュを、生八つ橋で包みんだお菓子なんだそうです。
なんとイチゴのチョコレートとは!
期間限定です。

「おたべ」はいろんなバリエーションがありますね。
chirosukeは生八つ橋そのものも好きなので期待が高まります~。

%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%94%e3%81%8a%e3%81%9f%e3%81%b9_2ピンク色がきれいです。
2パックになっているので食しやすいですね。

やわらかくて甘酸っぱい、いちごチョコレート入り生八つ橋です。
おいしい~!
もはや「おたべ」というより洋風のお菓子みたいです。
これは日本茶より、紅茶が合う感じであります。

箱の中にリーフレットが入っていました。
この「おたべ」は、契約農家さんで育てられた「コシヒカリ」でつくられているんですって。
福井県JA若狭の生産者さん達がつくったおコメです。
生産者さんたちの写真も・・・。
つくった人の顔が見えるおコメや野菜って最近よく見かけます。
お米にもにこだわったお菓子なのですね~。

おいしいオニオンスープと、いちごのおたべ、ありがとうです。
どちらもおいしくいただきました。
ごちそうさまでした!

「和食賛美 あやの」で晩御飯(2017年2月)


chirosukeは Esola 池袋8Fにある「和食賛美 あやの」で、晩御飯を食しました。
約1年ぶりの「あやの」のお料理は今回もおいしかったです。

前回の「あやの の晩御飯」については2016年1月5日のブログをみてね)

http://wasyokusanbi-ayano.com/index.php

%e3%81%82%e3%82%84%e3%81%ae%e6%99%a9%e5%be%a1%e9%a3%af2017_2%e6%9c%88お通しは「レディース大根とプチヴェール 金目鯛味噌」です。

プチヴェールってあまり聞かない名前の野菜です。
chirosuke、調べてみました。
プチヴェールは、アブラナ科の野菜です。
1990年に静岡県の増田採種場さんががケールとメキャベツの交配によって開発されたそうです。
プチヴェールは、フランス語で「小さな緑」っていう意味なんですって。
ビタミンやカロテン、鉄分、カルシウム等のミネラルを多く含んでいます。
ピンポン玉程度の大きさで芽キャベツに似た形の新野菜です。
何だかすごいなぁ、プチヴェール。
日本の野菜だったんですね。
金目鯛味噌はとてもおいしいです。

お惣菜三種盛りは、10種類から好きなのを選べました。
chirosukeは「アボカド西京漬け」「芋がらのきんぴら」「万願寺唐辛子の明太子和え」をチョイス。
どれもおいしかったです。

「白子ポン酢」「サーモンハラスの岩塩焼き」「あやのサラダ」は前回と同じお料理を注文しました。
「イベリコ豚」の岩塩焼きはお肉が柔らかくておいしいです。

%e3%81%82%e3%82%84%e3%81%ae2017_8日本酒も少しだけいただきました。
おいしいお料理にちょこっとお酒っていいですね。
升に氷がいっぱい入ってて、ガラスの徳利とグラスも冷え冷えであります。

今回初めて食した「目光の黒胡椒七味揚げ」です。
「目光(めひかり)」ってchirosukeは何だろうと思ってスタッフさんに訊きました。
深海魚なんですって。
関東では目光って言われていて、目が大きくて青く光っているそうです。
chirosuke光る眼のお魚をお願いしました。
金目鯛みたいなお魚が目から青いビーム!のイメージでワクワクして待っていたら・・・あ、小さい・・・!
ワカサギの天ぷらみたいなお魚でありました・・・。
(料理して光っているわけがなかろう・・・chirosukeよ!)
しかも目は大きいから取ってあります、とのことでした。
目からビーム!は無かったけど、珍しいおいしいお魚でありました。

ご飯は「ちりめんじゃこの生姜おむすび」です。
前回もいただきましたが、このおむすびは熱々でめちゃうまです。

%e6%8a%b9%e8%8c%b6%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%9a%e3%81%a8%e7%99%bd%e7%8e%89%e7%b7%b4%e4%b9%b3調子に乗ってデザートまでいただきました。

「抹茶フラッペと白玉練乳」であります。
抹茶味の半分氷半分アイスみたいな食感がおいしいです。
chirosukeの好きな白玉もあり。
練乳はおいしくないはずがありません。

一年ぶりの「和食賛美 あやの」さんは、変わらないおいしいお料理とゆったりした雰囲気でした。
初めての食材も嬉しかったです。
ちょっと贅沢ですが、たまには良いでしょう・・・。
おいしい晩御飯、ごちそうさまでした!

前へ 過去の投稿

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。