chirosuke 浅草寺の四万六千日・ほおずき市に行く


chirosukeは浅草・浅草寺の「ほおずき市」に行ってまいりました。

7月9日・10日、浅草寺境内を彩るほおずきの屋台は、浅草の夏の風物詩です。
境内は約100軒のほおずきの露店で賑わいます。

この両日は四万六千日の縁日で、縁日にともなってほおずき市が催されます。

もう出店がいっぱいで全部ほおずきです。
chirosukeはこんなに大量のほおずきを見たのは初めて!
ほおずきがみっしり状態であります。

写真をたくさん撮ってきました。
殆どのお店が快く写真撮影OKでした~。

ほおずきの美しい色と愛らしい形はchirosukeも大好きですが、なぜ「ほおずき市」なんでしょうか?
そして四万六千日(しまんろくせんにち)という謎の言葉の意味は?
chirosuke、調べてみました。

平安時代の頃から観世音菩薩の縁日には毎月18日があてられてきたそうです。
その後室町時代末期(16世紀半ば)頃から、「功徳日」といわれる縁日が設けられるようになりました。

功徳日っていうのは、寺社に参拝すると特に大きな功徳を得られるとされる日のことです。
功徳(くどく)とは一般的に幸福をもたらす善行のことですね。
ひらたく言えば、お参りすると深いご利益がある、とてもお得感のある日のことですね。

その日に参拝すると、100日、1,000日分などの功徳が得られるという特別な日なんだそうです。
一日で100日分とかすごい!

功徳日は寺社によって異なりますが現在、浅草寺では月に1度、年に12回の功徳日を設けているそうです。
このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳があるとされることから、特に「四万六千日」と呼ばれるんですって~!

たった一日でよんまんろくせんにち・・・!
一年365日として、割り算すると、ええええっ126年であります!
算数が苦手のchirosukeでも126年って、一生分でも何十年かお釣りがきます。

普段信心深くないchirosukeですが、126年分の功徳を積める超お得な日ってすごい~。
(参拝にこの日を逃す手はないな・・・chirosukeよ!)

四万六千日、この数の由来は諸説あるそうですが、およそ126年「一生分の功徳が得られる縁日」であります。

四万六千日の縁日の参拝は江戸時代には定着して、前日9日から境内は参拝者で賑わうようになったそうです。
そりゃあ126年分の功徳ですもの!
と言うわけで7月9日、10日の両日が縁日とされ、現在に至っているんですって。

chirosuke、四万六千日は解りましたが、ほおずき市はどういう理由でありましょう。

ほおずきは漢字で書くと(鬼灯、酸漿)です。
ナス科ホオズキ属の多年草です。
ナスのお仲間だったのですね。

chirosukeは、鉢植えのおほずきを見たのは初めてかも・・・。
実だけを見ることは多いけど、改めて植物だと実感です。
実は緑色⇒黄色⇒朱色と変わっていき、とてもきれいです。
観賞用として人気があるのも納得ですね。

風鈴がついてセットになっているのもありました。

お盆では、ガクに包まれたホオズキの果実を亡くなった方の魂を導く提灯に見立て、枝付きで飾るそうです。
鬼灯・・・かぁ。
信仰と風情がありますね。

一本の枝にほおずきの実がたくさん並んでいるのを見かけましたが、鉢植えとはサイズ感が違いすぎて枝のものってどんな大きさ?
chirosuke想像ができません・・・。

ほおずきの実は昔は薬用にもされていたそうです。

ほおずきの実を水で丸飲みすれば、大人は癪(なかなか治らない持病)を切り、子供は虫気(腹の中にいると考えられた虫による腹痛など)を去る」という民間信仰もあったそうです。
癪(しゃく)というのは時代劇などでお女中さんが道端でうずくまり「・・・持病の癪が・・・」というアレですね。

そんな薬用としても効果があると言われていたほおずきは、参詣のお土産として人気があり、四万六千日の浅草寺にもほおずき市が立ったそうです。
季節的にも、ほおずきをお盆のお飾りにする人もいますね。

chirosukeも籠に3個入ったほおずきを身請けしてまいりました。
大きい実です~。
かわいくてきれいです。

どれくらい日持ちするかわかりませんが、このほおずきをお部屋に飾っておきましょう。
chirosukeはちょっとお参りをして、ほおずき市をウロウロしていただけなんですが一生分の功徳を得られたのかなぁ。

かつては、四万六千日の縁日に赤とうもろこしを売る屋台もあったそうです。

これは赤とうもろこしが落雷除けのお守りになるというの民間信仰があり、江戸時代に境内で売らていたそうです。
それが明治初年(1868)頃、不作によって赤とうもろこしが出回らないことがあり、困った信徒さん達が浅草寺に雷除けのお守りを求めたそうです。

浅草寺では竹串に挟んだ三角形の守護札を授与するようになり、これが今も四万六千日に授与されている、かみなりよけのお守りなんだそうです。

この日だけ授かれる「雷除(かみなりよけ)」のお札を求めに参拝される方も、たくさんいるそうです。

四万六千日⇒縁日⇒ほおずき⇒民間信仰⇒雷避け
奥深いです・・・。
民間信仰恐るべし。

ほおずきのストラップです。
ほおずきの鉢も、雷避けのお札も身請けしなかったchirosukeに、Sちゃんがプレゼントしてくれました。

実のところが開いて中に鈴が入っています。
かわいいです~。
Sちゃんありがとう!

年に一度しかない四万六千日・ほおずき市に行くことができて嬉しいchirosukeでありました。
東京万歳!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。