chirosuke箱根に行く 1泊目(2017年7月)


hakonemapchirosukeは箱根に行ってまいりました。

大阪のお友達のIちゃんと二泊三日の温泉旅行であります。
Iちゃんは箱根が初めてということでしたので、chirosukeお勧めの「ホテルマイユクール祥月」さんに宿泊しました。
今まで数回chirosukeは箱根に行っていますが、毎回マイユクール祥月に泊まっています。
そう、マイユクールさんはchirosukeのお気に入りの宿であります。

東京駅の新幹線ホームでIちゃんと待ち合わせ、新宿から小田急特急ロマンスカーで箱根にGO!です。

chirosukeはちょっと早目の夏休み。
平日でロマンスカーはとても空いていました。
Iちゃんとは関西に帰省の時に度々会ってはいますが、お泊り旅行は久しぶりであります。
お天気も良く、楽しい旅行日和です~!

マイユクール祥月さんは、箱根湯本駅から徒歩圏内。
気取らないおもてなし感がchirosukeにちょうど良くて、ご飯もとてもおいしいし、温泉も広々できれいです。

http://www.shougetsu.co.jp/

ネットの早割申し込みで広めのミディアムルームがお得にとれました。
Iちゃんも気に入ってくれるかなぁ。

1年半ぶりの箱根です。
「ホテルマイユクール祥月」さんは、おもてなしも以前と変わらずゆったりした時間を過ごせました。

夕食・朝食付きで、大浴場と露店風呂がとても良い感じです。
チェックインしたときにフルーツ酢のウェルカムドリンクをロビーでいただけます。

ミディアムルームのお部屋は広くて、加湿器もあります。
浴衣と館内着が用意されているので、今回もchirosukeはすぐに館内着に着替えました。
アメニティがかわいい袋に入っています。

宿泊プランに4種類のなかから好きなアメニティをチョイスできる特典がついていました。
アメニティはひとり一泊につきひとつです。
(シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ボディミルク)
chirosukeとIちゃんは2泊なので、それぞれ2セットずついただきました~。
chirosukeは写真の2セットにしました。
これ、使わずに持って帰るんだ~!
(いつ使うつもりなのか・・・chirosukeよ!)

歯ブラシやヘアブラシ、コットン、シャワーキャップにヘアゴムは大浴場にも置いてあります。
基礎化粧品もあるので、ほぼ手ぶらで温泉にいけます。
バスタオルはお部屋から持参しますが、タオルは大浴場で使いたい放題です。
お部屋のお風呂もありますが、chirosukeは大浴場に行くので室内のお風呂は使いませんでした。

お部屋には焼き菓子と、冷蔵庫には冷たいデザートが用意されています。
ホテルのパティシエさん手造りのおやつです。

今回のおやつは・・・
・自家製マカロン
・焼き菓子(カップケーキ)
・水菓子(杏仁豆腐)

夕食が早い時間帯(17時30分~)だったので、夕食後のお風呂上がりにおいしくいただきました。

夕食前にまずは温泉へGO!です。

大浴場と露天風呂はお客さんも少なくて、ほぼchirosukeたちの貸し切り状態です。
そしてchirosuke、温泉のお約束、平泳ぎとワニ歩き満喫です。

お風呂で汗を流してすっきりしたchirosukeたち、17時30分からの夕食です。
食事は二部制、生ピアノ演奏もある広々したレストランでいただきます。

温泉旅館のお約束、お風呂上がりのすっぴん、館内着、裸足でスリッパ履きという、大変くつろいだ雰囲気でご飯が食せるのは良いですね~。
マイユクールさんはいつも名前入りのメニューをつくってテーブルに置いてくれます。
今回もとてもおいしい夕食でした!
和洋折衷のコースです。

マイユクールさんでは連泊の場合夕食メニューが変わります。
初日は黒稲荷寿司と食前酒(梅酒)から始まります。

この黒稲荷寿司がおいしいです。
真っ黒なので最初は驚きましたが、食してみるとジューシーでふっくらお揚げです。
この最初の黒稲荷と梅酒が、お風呂上がりの喉にしみ入ります 。

マイユクールさんの夕食で、まず驚くのがミニチュアみたいなかわいい前菜です。
一品一品が場合によっては小さな器に盛られていたり、楊枝にアレンジされていたり、美しく並んでいるのは豪華です。
見た目もきれいで、温かいものや冷たいものまでいろんな味が楽しめます。

イラスト入りの説明シートがおいてありました。

二人分の前菜です。
ひとりあたり10品が盛り付けられています。

もずくの茶碗蒸しは温かいです。
椎茸とエストラゴンのグラタンも温かいうちにいただきましょう。
エストラゴンって時々聞きますがなんでしょう・・・。
chirosuke、調べてみました。
エストラゴンはフランス語でキク科ヨモギ属の多年生植物のことを言うそうです。

一品ずつ写真を撮ってきました。
拡大して見てね。

真ん中の縦長グラスに入ったのは「湯葉と枝豆のハーモニー」、滑らかなムースです。
どれもかわいくて、とてもおいしい前菜でした。

お造りは「小田原産ヒラマサ」と「箱根産金太郎鱒」です。
金太郎鱒?
chirosuke、調べてみました。
箱根の隣町、静岡県小山町で鮮烈な富士山の湧き水と金時山の豊かな自然に育まれた食用ニジマスのみを専門として育て、「金太郎鱒」というブランドで各地のレストラン等に出荷しているんですって。
おいしいお刺身でした。

美肌のスープは「牛蒡と新生姜のスープ」蓮根のチップがおいしさを引き立てます。
洋皿は「黒豚のコンフィ」

メニューには載っていなくて「シェフからです・・・」と出されるのはお豆腐です。

大豆の味がしっかりした滑らかでおいしいお豆腐です。
お味噌またはオリーブオイル&塩でいただきます。
お豆腐にオリーブオイルって意外に合います!
おいしいです!

煮物は「夏野菜の冷製仕立て」です。
これすごくおいしくて凝っているんです~。

お皿の柄を巧く使っていて素敵です。
最中の具が夏野菜です。
乗っかっている片方の皮を開いて、お出汁をかけていただきます。
彩り鮮やかな丸茄子・冬瓜・石川芋・ヤングコーン・ホワイトアスパラ・枝豆・人参・南瓜が入っています。

こういうアレンジのお料理ってすごいなぁ。
楽しくておいしくて美しくて、chirosukeはとても嬉しくなりました。
もちろん、最中の皮もパリパリで全部おいしくいただきました。

マイユクールさんのお料理は、器や盛り付けが品よく美しいてす。
気取らず、気さくな雰囲気でいただけるのがとても良いと思います。

お食事は会津こしひかり使用の「舞茸ご飯」でした。
舞茸って炊き込みご飯できるんだ。
色が真っ黒になるかと思いましたが、そうでも無かったです。
香りよくおいしいご飯でした。

お漬物と赤出汁つきです。
ご飯は事前に「少な目・普通・大盛り」と希望を訊いてくださいます。
お代りもできますよ~。
chirosukeはお腹一杯になりました。

ご飯でお腹一杯のはずなのに、マイユクールさんのお約束、好きなものを好きなだけ選べるデザートワゴンが各テーブルにやってきたらchirosukeはすぐにベツ腹になっちゃいました。

マカロンやゼリーやカップケーキがたくさん、夢のようにきれいで迫力のワゴンであります。
プリンにはバーナーで香ばしい焼き目をつけてくれます。

やっぱりchirosukeは迷わず「全部ひとつずつください!」です・・・。
(毎回ただの食いしん坊だな・・・chirosukeよ!)

そして食後レストランを出る時にはアイスクリームコーナーの前を通って行きます。
アイスクリームは、赤ぶどう・メロン・栗・バニラ等数種類から選べます。
以前はコーンもありましたがカップだけになっていました。

カップに3段までOK。
chirosukeは赤ぶどうとメロンの2段重ねです。
アイスクリームはお部屋に持って帰れます。
カップの方が安心ですね。
アイスを食してchirosukeは本当にお腹一杯でありました。
おいしいお食事とおやつ、ごちそうさまでした!

夜ご飯の後はまた温泉です~。
そして部屋に戻ってからも楽しいお喋りは続いたのでありました。

翌日の様子は、chirosuke箱根に行く 2泊目 (2017年7月)に続きます~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。