とらや 「水無月(6月) 和菓子の日」 限定嘉祥菓子


chirosukeはとらやで6月の限定和菓子を予約、身請けしてまいりました。

昔、6月16日には、お菓子を食べ厄除けと招福を願う嘉祥(かじょう)(嘉定)という行事があったそうです。
江戸時代には宮中や幕府でも重要な儀式のひとつだったとのこと。
特に幕府では、江戸城の大広間に2万個を超える菓子を並べ、将軍が大名・旗本へ下賜したそうです。
下賜(かし)とは高貴な人が、身分の低い人に物を 与えることですね。
大きさにもよると思いますが2万個のお菓子を配っていたのですか!
江戸城、おやつ天国ではないですか!

嘉祥は明治時代になって廃れましたが、全国和菓子協会は、昭和54年(1979)に「和菓子の日」として復活させたそうです。
全国和菓子協会・・・。
chirosuke調べてみました。
全国和菓子協会とは、和菓子を後世に伝え残すことを目的に1950年(昭和25年)に設立された業界団体です。

http://www.wagashi.or.jp/

会員店リンクで確認すると、有名どころの和菓子屋さんは殆ど会員になっていますね。
そんな全国和菓子協会が「6月16日には、厄除けと招福を願い、ぜひ和菓子をお召しあがりください」と言われてます~。
協会会員である「とらや」さんも和菓子の日に因んだ限定菓子をつくっているのですね。

とらやさんの限定嘉祥菓子は数種類ありましたが、chirosukeが身請けしやすい池袋の百貨店の店舗では取り扱っていないものもありました。
「嘉祥菓子7ヶ盛」や「福こばこ」といった詰め合わせは池袋では取り扱いが無く断念。
東武百貨店池袋のとらやさんで取り扱っていた嘉祥饅頭(かじょうまんじゅう)と嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)を予約しました。

嘉祥饅頭 3個入
身請け額: 1,000円(税別)

縁起の良い3種類のお饅頭の詰合せです。
薯蕷饅頭 [黄色] : つくね芋を使った生地で御膳餡を包み、嘉定通宝の意匠を配しています。
新饅 [紅色] : 小麦粉生地で小倉餡を包み、小槌の意匠の焼印を押しています。
利休饅 [茶色] : 和三盆糖精製時にできる白下糖入の小麦粉生地で御膳餡を包み、「全国和菓子協会」マークの焼印あり。

小さいお饅頭が3つで1,000円とは庶民chirosukeにとってはドキドキであります。
とらやさんの普通においしいお饅頭でした。
「全国和菓子協会」の焼き印に権威を感じますね~。(言われなくちゃわからないマークでもあります)

嘉祥蒸羊羹(かじょうむしようかん)です。

身請け額: 2,000円(税別)

黒砂糖入蒸羊羹で季節の羊羹(中形)であります。
大きさ: 12.7×6.3×4.1cm
重さ: 310g(総重量340g)

とらやの羊羹は総じてお高いですが、このサイズで2,000円とは~!

黒砂糖の餡に小麦粉と葛粉を混ぜて蒸しあげた、煉羊羹とは違うもっちりとした食感が特徴です。
おいしい羊羹でした。

お饅頭も蒸羊羹もおいしいけど、限定品のお約束でやっばりお高いです。
江戸時代ではないので、江戸城のおやつ天国も時の彼方・・・。
しかも大名・旗本のように下賜の対象にもならない一般庶民chirosukeであります。

chirosukeはタダでお菓子をもらえるのって地蔵盆くらいしか知りません。
コドモchirosukeの時にはハロウィーンなんか遠い異国のお祭りで、知る由もありませんでした。
そんなchirosukeも無事オトナになって、ちゃんと働いて、堂々と「とらや」の嘉祥菓子を身請けであります・・・。

厄除けと招福を願う嘉祥のお菓子、ごちそうさまでした。
「全国和菓子協会」恐るべし!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。