文庫 「出版禁止」 長江 俊和


長江俊和さんの「出版禁止」を読みました。

chirosukeの感想は・・・
初めて読む作家さんです。
いかにも煽ってますよというタイトルです。
これは、chirosukeが思うミステリーとは違っていました。

何もかもが思わせぶりです。
これは物語のあちこちに隠されたキーワードや伏線を読み解いて真相に迫るという手法では無く、作者が施した仕掛けを見つけて想像して楽しむ本ですね。
だから謎に明確な答えは無く、物語の登場人物の心や動機はさほど重要では無いようでした。
chirosukeが好きな種類の本ではないなと、読み終わってから気付いた次第です・・・。

都合良くお話が進んでいったかと思うと、実はこうでしたという作者しか知る由もない事実が後出しで披露されたり、あれこれと解釈をしたい人には楽しめるのでしょうが、chirosukeはなんだこりゃ?でありました。
仕掛けやトリックも謎や毒ではなく、これってネタですか?
どんでん返しもあったのですか? chirosukeは気付かなかったです・・・。

物語ではなく、ゲームを楽しむ本なのでしょう。
タイトルだけで煽られたのが悔しいです。
chirosukeの好みではなくて、とっても残念でありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。