文庫「首折り男のための協奏曲」 伊坂幸太郎


伊坂幸太郎さんの「首折り男のための協奏曲」を読みました。

chirosukeの感想は・・・
複数のお話に登場人物が違った視点で登場するので、chirosukeは期待をしながら読んでおりました。
それぞれのお話はまあまあ面白いのでどんどん読めますが、伊坂さんお得意のどんでん返しと、巧妙に張り巡らされた伏線が、ラストに見事に集約される展開とは違っていました。
話が繋がっていないのでこれは「短編集」として読めばいいのかなぁ。

最後まで「繋がったお話」を期待していたので、最終話の「合コンの話」は訳が解らず戸惑ってしまったchirosukeです。
最終話が他愛のないお話だったという印象で、え?これで終わり?という感じです。

作品の構成自体が「繋がった話」としてのミスリードだったのでしょうか・・・。
う~ん、これは思わせぶりでちょっと残念だったchirosukeでありました。
chirosukeのベスト伊坂幸太郎「グラスホッパー」を超える作品を読みたいものであります。
(グラスホッパーについては、2014年8月14日のブログをみてね)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。