映画 「モアナと伝説の海」


土曜日はお仕事だったchirosukeは、帰りに板橋のイオンシネマで映画を2本観ることにしました。
最初はディズニーの新作アニメ「モアナと伝説の海」であります。
時間の関係で日本語吹き替え版です。

「モアナと伝説の海」2D・吹き替え
(Moana)
監督:ジョン・マスカー
   ロン・クレメンツ
制作: オスナット・シューラー
制作総指揮:ジョン・ラセター    
脚本:ジャレッド・ブッシュ
2016年 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間: 107分

http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

「キャスト」
モアナ:屋比久知奈
マウィ:尾上松也
タラおばあちゃん:夏木マリ

chirosukeの感想は・・・
映像がとても美しいです。
特に前半の海が盛り上がって水中を生き物たちが泳ぎまわるシーン、すごいと思いました。
アニメなんだけど、大スペクタクルの冒険活劇です。
CGの人物がアニメだと解っていても、時々「生身の人間」っぽく感じてしまう。
それくらい動く動く!

吹き替えでしたが、マウィの尾上松也さんの素晴らしい歌と演技にびっくりです。
モアナ役の人はこの作品が本格デビューとのことですが、歌が巧いです~。
そしてchirosukeが一番すごいと思ったのが、タラおばあちゃん役の夏木マリさんです。
人を包み込むような素敵な声・・・。
エイになってモアナのところに戻ってくると約束して亡くなったおばあちゃん。
きっと戻ってくるだろうなと思っていたら、ホントに戻ってきてchirosukeは涙目でありました。

モアナが海に旅立つ時、chirosukeは絶対小ブタちゃんを連れて行くと思ってましたが、たったひとりで船をこぎ出したのはちょっと意外。
そのかわり?意図せず乗り込んでいた怪しいニワトリのヘイヘイは、役立たずで単にめんどくさい。
chirosukeはこのヘイヘイこそ何か大きい秘密を持ってて、いざというときにはすごいパワーを発揮するんだと期待してました。
その期待は見事ハズレ・・・。
ヘイヘイはちょこっと笑いを取りますが、最後まで意思の疎通さえできないような、めんどくさいキャラでありました。

途中モアナたちを襲う海賊たちが何とも・・・。
chirosukeは、えねちけのドーモくん集団にしか見えなかったです。
マウィは元々人間だったけど神様の力を得た、風と海をつかさどる半神半人という設定。
大活躍するんですが、chirosukeは西原理恵子さんの漫画「ぼくんち」のこういちくんに似てる・・・とずっと思って観てました。
がんばるこういちくん、いえマウィに両手をグーであります。

モアナは愛らしい少女です。そして強い!
太目のどっしりした脚がとても良い!
海に選ばれた少女という設定ですが、島の皆を救いたいという使命感、なによりモアナ自身が秘めた「サンゴ礁の向こうに広がる世界」への強い憧れが勇敢な行動の原動力でありましょう。

祖先たちが大海原に船で渡っていく壮大なシーンはトリハダものです。
もはやアニメとは思えないくらいの臨場感です。
曲もすごい。

劇中の歌も素晴らしいんですが、「How Far I’ll Go」難しい・・・。
「アナと雪の女王」の歌は、歌詞もとても解りやすくてchirosukeでも映画館を出てすぐに「レリゴ~♪レリゴ~♪」とサビの部分だけ歌えたんですが、今回は思い出せさえしません。
すごく良い曲だったけど、難しいんだろうなぁ。

「モアナと伝説の海」なかなか面白かったです。
最後の「カニ」・・・笑っちゃいます。
エンドロールまできちんと観てね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。