「和食賛美 あやの」で晩御飯(2017年2月)


chirosukeは Esola 池袋8Fにある「和食賛美 あやの」で、晩御飯を食しました。
約1年ぶりの「あやの」のお料理は今回もおいしかったです。

前回の「あやの の晩御飯」については2016年1月5日のブログをみてね)

http://wasyokusanbi-ayano.com/index.php

%e3%81%82%e3%82%84%e3%81%ae%e6%99%a9%e5%be%a1%e9%a3%af2017_2%e6%9c%88お通しは「レディース大根とプチヴェール 金目鯛味噌」です。

プチヴェールってあまり聞かない名前の野菜です。
chirosuke、調べてみました。
プチヴェールは、アブラナ科の野菜です。
1990年に静岡県の増田採種場さんががケールとメキャベツの交配によって開発されたそうです。
プチヴェールは、フランス語で「小さな緑」っていう意味なんですって。
ビタミンやカロテン、鉄分、カルシウム等のミネラルを多く含んでいます。
ピンポン玉程度の大きさで芽キャベツに似た形の新野菜です。
何だかすごいなぁ、プチヴェール。
日本の野菜だったんですね。
金目鯛味噌はとてもおいしいです。

お惣菜三種盛りは、10種類から好きなのを選べました。
chirosukeは「アボカド西京漬け」「芋がらのきんぴら」「万願寺唐辛子の明太子和え」をチョイス。
どれもおいしかったです。

「白子ポン酢」「サーモンハラスの岩塩焼き」「あやのサラダ」は前回と同じお料理を注文しました。
「イベリコ豚」の岩塩焼きはお肉が柔らかくておいしいです。

%e3%81%82%e3%82%84%e3%81%ae2017_8日本酒も少しだけいただきました。
おいしいお料理にちょこっとお酒っていいですね。
升に氷がいっぱい入ってて、ガラスの徳利とグラスも冷え冷えであります。

今回初めて食した「目光の黒胡椒七味揚げ」です。
「目光(めひかり)」ってchirosukeは何だろうと思ってスタッフさんに訊きました。
深海魚なんですって。
関東では目光って言われていて、目が大きくて青く光っているそうです。
chirosuke光る眼のお魚をお願いしました。
金目鯛みたいなお魚が目から青いビーム!のイメージでワクワクして待っていたら・・・あ、小さい・・・!
ワカサギの天ぷらみたいなお魚でありました・・・。
(料理して光っているわけがなかろう・・・chirosukeよ!)
しかも目は大きいから取ってあります、とのことでした。
目からビーム!は無かったけど、珍しいおいしいお魚でありました。

ご飯は「ちりめんじゃこの生姜おむすび」です。
前回もいただきましたが、このおむすびは熱々でめちゃうまです。

%e6%8a%b9%e8%8c%b6%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%9a%e3%81%a8%e7%99%bd%e7%8e%89%e7%b7%b4%e4%b9%b3調子に乗ってデザートまでいただきました。

「抹茶フラッペと白玉練乳」であります。
抹茶味の半分氷半分アイスみたいな食感がおいしいです。
chirosukeの好きな白玉もあり。
練乳はおいしくないはずがありません。

一年ぶりの「和食賛美 あやの」さんは、変わらないおいしいお料理とゆったりした雰囲気でした。
初めての食材も嬉しかったです。
ちょっと贅沢ですが、たまには良いでしょう・・・。
おいしい晩御飯、ごちそうさまでした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。