「日向夏」をいただきました


%e6%97%a5%e5%90%91%e5%a4%8f_2お友達のNさんから「日向夏(ひゅうがなつ)」をたくさん送っていただきました。
chirosukeは日向夏は何度か食したことがありますが、大きくてきれいな日向夏が10個も入っていました。
柑橘大好きchirosuke、とても嬉しいです。

宮崎県の綾町の日向夏です。
種が少ない品種で、とても食べやすいです。
日向夏は他の柑橘類と違って、内側の白皮ごといただけます。

①外皮(黄色の部分)を薄くむきます。(内側の白皮を多く残す)
②実のシンを残して、中心から外に向かってそぐように切りはなす。
③白皮をつけてそのままいただきます。

ナイフで外皮をむくと、とてもいい香りがします。
白皮は柔らかくてほんのり甘く、中の果肉は柔らかくてとてもみずみずしいです。
おいしい日向夏をありがとうでした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。