崎陽軒 中華食堂の「ワンタン麺&半チャーハンセット」


%e5%b4%8e%e9%99%bd%e8%bb%92%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%b3%e9%ba%ba%ef%bc%86%e5%8d%8a%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%83%b3横浜そごう美術館で「ドールハウス展」を観た後、chirosukeはお腹が空いたので遅めのお昼ご飯を食すことにしました。

ここは横浜、やはり崎陽軒でありましょう。
横浜駅東口地下街に崎陽軒 中華食堂がありました。
すぐ隣には崎陽軒本店の入口があったのですが、chirosukeは気軽に入れそうな中華食堂にしました。

注文したのは「ワンタン麺&半チャーハンセット」であります。
席に着いてから周りのお客さんたちがお約束のように「シウマイ」を注文されていました。
チラ見すると蒸したてのおいしそうなシウマイであります。
しまった!
ここではデパ地下や東京駅の「シウマイ弁当」のシウマイの出来立てが食せるのに、chirosuke失敗であります。
海老のチリソースや八宝菜等メイン料理が選択できる、シウマイ定食もあったのに・・・。
注文してしまった後だし・・・。

「ワンタン麺&半チャーハンセット」 1,170円(税込)

ワンタン麺もチャーハンもおいしかったです。
ワンタンはキッチリ結んだ小さなてるてる坊主みたいな形です。
お肉がしっかり入っています。
エースコックのワンタンとはベツモノのおいしさであります。

次の機会にはぜひ蒸したての「シウマイ」を食したいと思います。
崎陽軒は、シュウマイじゃなくてシウマイですよね。

chirosuke、調べてみました。
初代社長さんが栃木県出身で、「シュウマイ」のことを訛って「シーマイ」と言っておられたそうです。
それを聞いた中国人の方が、「本場の発音と似ている」と言ったことにより、本場の発音に近づけようと「シウマイ」と表記し、現在でも「シウマイ」と四文字で表記しているそうです。

お醤油入れの「ひょうちゃん」も有名ですね。
あれ、何だか捨てられないんだな。
chirosukeもひとつ持っています・・・。
ひょうちゃんは昭和3年に誕生したそうですよ~。
とっくに還暦を迎えていたひょうちゃんです。
恐るべし、崎陽軒!

おいしいお昼ご飯、ごちそうさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。