chirosuke日光の温泉で年末年始 (日光東照宮 編)


%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_5大晦日の晴天に恵まれました。
ホテルの方が川治湯元駅まで車で送ってくださいました。
川治湯元から東武日光までは電車で約一時間です。

chirosukeは2007年9月に東照宮に来たことがあります。
その時は関西で住んでいて、東京に遊びに来た時に、つい思い立って東京から日帰りで行ったのですが、特急の指定も取れず混雑している電車にずっと立っていたことを記憶しています。
日光が栃木県にあることも考えず、思い付きで行くには遠すぎました。
東武日光駅からタクシーに乗ったら道路も激込み。
駐車場にも入れず途中で降り、あげくにタクシーの運転手さんからは「こんな混雑する時期に来ても誰にも喜ばれない」と言われ涙目のchirosukeでありました。
帰りは何とか特急の座席指定がとれましたが、へとへとになって東京のホテルに戻ってきました。
初めて観た東照宮の規模、豪華さ、様式美には感動しましたが、「誰にも喜ばれない」と言われたことが記憶に残ってしまったchirosukeの東照宮でありました。

今回はそんな涙目イメージを払拭すべく、リベンジの大晦日であります!
東武日光駅からはバスに乗ることにしました。
500円でバス乗り放題の一日乗車券が小判の形です。
これは面白いですね。

日光東照宮単独拝観券は一般:1,300円
これもバス乗車券と一緒に身請けできます。

%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_4大晦日の人混みが心配でしたが、chirosukeたちは午前中に行ったので比較的空いていました。

境内に続く道沿いでは露店の準備中、境内のあちこちで巫女さんがお神酒や縁起物の準備をしていました。
初詣の人たちは夜から来られるので、空いている時間帯でじっくり観てまわることができました。

陽明門は修復工事中でしたが、国宝の廻廊を観ることができました。
前回来た時もこの鮮やかな彫刻には感動しましたが、素晴らしいです!
日本最大級の花鳥の彫刻で飾られた回廊です。
全部一枚板の透かし彫りで、極彩色がほどこされています。
本当に美しいです。

%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_3国宝の「眠り猫」です。
2016年11月28日、約60年ぶりに修復されました。
ぜひ観たかった眠り猫、かわいかったです。

牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているそうです。
なので「日光」に因んで彫られたとも言われているのだとか・・・。
この奥に入るには別料金がいるので入らず、外側から眠り猫だけ観てまいりました。
徳川家康にはそこまで・・・の関西人chirosuke。
心の中で大河ドラマ真田丸の名台詞「おのおの、ぬかりなく!」とつぶやいておりました。
(東照宮で真田(豊臣方)の味方してどうする・・・chirosukeよ!)

%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_2晴天です。
空気は冷えていますが風がなかったので、寒さはあまり感じませんでした。
コートとストールがあれば充分でした。

多くの建造物の美しい形式美、豪華絢爛な装飾、立ち並ぶ夥しい石灯籠に改めて日本の美を感じました。
徳川なので当然ですが、もうどこを観ても「葵の御紋」だらけであります。
chirosukeは暴れん坊将軍が白馬に乗って駆けてきそうな勢いだと思いましたよ・・・。
(それは八代将軍・徳川吉宗だ・・・しかもテレビ番組で史実と違うぞ・・・chirosukeよ!)

%e6%9d%b1%e7%85%a7%e5%ae%ae_1神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)です。
こちらは重要文化財です。

神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)です。
冬のあいだお馬はべつのところにいるそうでここには居ませんでした。
昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あるそうです。
一番有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻です。

三猿の前は撮影スポットなのでここは数十人が並んでいました。
chirosukeも5分くらい並んでおサルさんを撮ってきました。
でもこれ、レプリカでした。
有名なおサルさん達は修復中なんですって。
(レプリカでも本物と見分けがつかないであろう・・・chirosukeよ!)

約9年ぶりの日光東照宮、素晴らしかったです。
「誰にも喜ばれない」と言われたことは忘れましょう。
chirosukeはとても喜びましたもの!

%e9%87%91%e8%b0%b7%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc_1東武日光駅前に「金谷ホテルベーカリー&カフェ カフェ・ラ・セゾン」がありました。

金谷ホテルは日光・鬼怒川温泉にある老舗ホテルです。
ホテルに行ったことはありませんが、金谷ベーカリーのパンは百貨店に出店もされていてchirosukeも食したことがあります。
とてもおいしいです。
明治時代から続く老舗の味です~。

http://www.kanayahotelbakery.co.jp/index.html

http://www.bussanshokai.com/kanaya/tobu.shtml

%e9%87%91%e8%b0%b7%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc_2入口のディスプレイが良い感じ。
1Fではパンやケーキの販売をしています。
ここがまず大混雑!

chirosukeが以前、池袋の東武百貨店で身請けした「チーズロード」もありました。
カフェの順番待ちをしている間、シナモンロールとパウンドクラウンを身請けしました。
どっちも2個入りです。
シナモンロールは夜のおやつであります。
どちらもおいしかったです。

2Fのカフェは10分くらい待って入れました。
階段に飾られていたプレートがかわいいです。
犬好きchirosukeのツボであります。

%e9%87%91%e8%b0%b7%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%bc_3カフェではカレーの匂いがおいしそうでしたが、カレーはレトルトでも販売しています。
夕食のことを考えると、ここは軽めのものが良いかなと判断。
せっかくなのでここでしか食せないものを注文しようとなり、Nさんもchirosukeもシナモントーストにしました。
シナモンの香りが強いので、chirosukeも今回は紅茶でなくコーヒーのセットにしました。

・シナモンブレッドセット 920円(税別)

熱々でふわふわのシナモントースト、めちゃうまです。
シナモンパウダーがたっぷりふりかかっております。
これはお店でないと味わえないおいしさですね。
シナモン好きにはお勧めであります!
コーヒーととても良く合います。
ごちそうさまでした。

%e6%b8%a9%e6%b3%89%e9%a5%85%e9%a0%ad%e5%af%bf%e5%ba%b520161231夕方、川治湯元駅に到着しました。
またホテルの方が迎えに来てくださり助かりました。

ホテルに着くとロビーで温泉饅頭をいただきました。
スタッフの方の手造りだそうです。
あつあつのお万頭おいしかったです。
ごちそうさまでした。

大晦日の晩御飯の前に温泉で温まりましょう。
夕食後は、ホテルのイベントで21時30分から1Fのホールでビンゴ大会と年越し蕎麦のおふるまいがあります。

「chirosuke日光の温泉で年末年始 (栃木県川治温泉 祝い宿寿庵 2日目夕食 編)」に続きます~!

広告

1件のコメント (+ 自分のものを追加)

  1. トラックバック: chirosuke日光の温泉で年末年始 (栃木県川治温泉 祝い宿寿庵 2日目朝食 編) | 赤頭巾のほうろう生活

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。