chirosuke日光の温泉で年末年始 (栃木県川治温泉 祝い宿寿庵 お部屋・温泉 編)


%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc1「祝い宿 寿庵」さんはロビーがとても素敵でした。
お正月なので入口の暖簾にもお飾りがありました。

白壁に囲まれた広々したロビーです。
玄関を入ってすぐ正面に見事な金屏風が迫力です。
chirosukeが好きな鈴木其一っぽい鶴が良い感じです。
古き良き湯屋の趣を再現しているそうです。

右側にはお正月の大きなお飾りが素敵~!
お酒なんですね。
派手ではありませんが「祝い宿」の言葉通りのおめでたい雰囲気でchirosukeもテンションがあがります。

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc3ロビーを奥に進むと大きい夜桜の日本画があります。
これも美しいです。

ソファーはどっしりした革張りで、大きい!
和モダンテイストですね。
chirosukeはこのソファーに座りましたが、ふわっと身体全体が包みこまれる感覚でした。
お家にはソファひとつでもとても置けない大きさです。
フロントは奥にあってさりげない感じです。

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc4チェックインの時にだしていただいたお茶とお団子です。

ロビーの奥で実際に焼いているので、香ばしい香りが漂ってきます。
なんかいい匂い~とchirosukeはすっかりおやつタイムであります。

熱々のお団子が、長い串のまま藁に挿した状態でだされる粋な演出です。
歯ごたえのあるおいしいお団子でした。
ごちそうさまでした。

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e6%9d%be%e3%81%ae%e9%96%93_1お部屋は3階にある「松の間」です。

琉球畳の和室とローベッドのある、落ち着く和洋室タイプのお部屋でした。
琉球畳ってとても良い感じです。
ローベッドは良いですね~。
一段高くなった床にふかふかのお布団です。
冷蔵庫にはミネラルウォーターが1本ずつ入っていてフリーでいただけます。
お部屋には加湿器付空気清浄機も用意されていて快適でゆっくり眠れました。

ローベッドの部屋は床一面が竹で趣があるのですが、歩くたびに青竹踏み状態でchirosukeは痛くて涙目・・・。
ここを通らないとトイレにも行けないし部屋を出ることもできませんから、こらえ性の無いchirosukeは「痛っ!」を連発しておりました。

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e6%9d%be%e3%81%ae%e9%96%93_2洗面所も広いです。
アメニティは一般的で必要なものは揃っています。
洗顔と化粧水は同じものが浴室のパウダールームにもありました。

浴衣とちゃんちゃんこが用意されていますが、館内着やパジャマ等は無く、chirosukeはお風呂もご飯もずっと浴衣でウロウロしておりました。
温泉旅館のお約束ですね。
足袋ックスも新品で用意してくれてます。
これを履かないと裸足で青竹踏みは非常に辛いchirosukeでありました。

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e5%b2%a9%e9%a2%a8%e5%91%82まずは夕食前にお風呂であります。

内風呂は、檜風呂と赤インドの砂岩に囲まれた石風呂の2種類です。(男女入れ替え制)
露天風呂は、二段ある棚田式で、巨石が積まれた岩風呂でした。
泉質は肌に優しい単純温泉で源泉100%です。
源泉かけ流しの約40度のお湯とのこと。

川治温泉はぬるいと言われてましたが、やはり露天風呂の湯船に入ると「ぬるい」と感じます。
流れ出るお湯自体がぬるめです。
これは源泉を必要以上に温めることなく注いでいるからで、川治温泉のなかでも源泉から近く、規模が大き過ぎないので出来ることだそうです。
檜の内風呂は少し温度が高く、ちょうど良かったです。
chirosukeはゆず湯でゆっくり温まりました。

■温泉の泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ高温泉)
■温泉の効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

お風呂では人目を避けてchirosukeお約束の平泳ぎ&ワニ歩きまでやってきました~。
(毎回だがコドモだな・・・chirosukeよ!)

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%823お正月なので館内のあちこちにお飾りや鏡餅がありました。

鏡餅はchirosukeが親しんでいる昆布や橙、干し柿を組み合わせたものとは違っていて、お餅の締め飾りのようなものでした。
地域によってお飾りもいろいろですね。
この鏡餅はお風呂場の入口にある、タオル置き場に飾られていました。

パウダールームにはハブラシ以外のアメニティが置いています。
バスタオル&タオルが自由に使えるのは魅力ですね。
お部屋からは手ぶらで行ける便利さであります。

%e5%af%bf%e5%ba%b5_%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%822お風呂を出たところの通路にはおいしいお水が用意されていました。
chirosukeはお水がおいしくてゴクゴク飲んでおりました。

ロビーのフロント前には、アイスティー(マンゴーフレーバー)のピッチャーも冷えていましたよ。
こちらもフリーでいただけます。

いよいよ夕食です。
食事は夕食・朝食とも2Fのダイニングでいただきます。
「chirosuke日光の温泉で年末年始 (栃木県川治温泉 祝い宿寿庵 1日目夕食 編」に続きます~!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。