第23回 宝永たかこ絵画展 ~ポケットの中の月~ 


%e7%ab%9c%e3%82%92%e8%82%b2%e3%81%a6%e3%82%8b%e4%ba%bachirosukeは東武百貨店池袋で開催されている宝永たかこさんの個展を観に行ってまいりました。

第23回 宝永たかこ 絵画展
~ポケットの中の月~
東武百貨店池袋店
6F 3番地 特設会場
期間:2016年12月15日(木)~21日(水)
10:00〜20:00
※最終日は午後16時閉場

写真の絵は、いただいた招待状になっている「竜を育てる人」という作品です。
宝永さんは毎年このアートギャラリーで個展を開かれています。
美術画廊がリニューアル工事中のため特設会場での開催です。
(美術画廊は2017年1月10日(火)からリニューアルオープン予定です)

作品は幻想的な夢の世界が表現されていて、寓意に満ちた中世ヨーロッパの雰囲気があります。
chirosukeは宝永先生の絵は「謎めいた明るさ」だと思います。
闇の中に浮かびあがる不思議な生き物や天使たちは、月光のライトで照らされた舞台の上で何かを演じているようです。
特徴的な華麗な額装や、絵にあしらわれた、アンティークレースやガラスボタン、緻密に並べられたスパンコールなどの装飾が素敵です。

chirosukeがじっくり絵を観ていると、なんと在廊されていた宝永先生が声をかけてくださり、chirosukeは絵のことや東京での美術館巡りのことなどをお喋りしてしまいました。
とても気さくでおおらかな宝永先生でした。
先生もchirosukeも大阪の出身ですが、先生は北の方、chirosukeは南の方だということなどお話ししました。
chirosukeは先生の作品の額も素敵だと思うことや、片翼だけの女性はどんなイメージなのでしょうか?など思い切ってお聞きすると、丁寧に答えてくださいました。
(まるでなんちゃって日曜美術館だな・・・chirosukeよ!)
大好きな作家さんにお会いできて、お話しできるなんてchirosukeには夢のようなサプライズでした。
好きな絵もありましたが身請けはできませんでした・・・。
こんなただのファンのchirosukeにいろいろお話してくださって、本当にありがとうございました!

houei%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc2017来年の卓上カレンダーが素敵だったので身請けすると、なんとサインまでしてくださった宝永先生です。

・卓上カレンダー 1,000円(税込)

左側にはchirosukeの名前(ブログ掲載にあたり画像修正で一部消しています)、右側が先生のサインです。
そして、chirosukeだけでなくお友達の分も快くサインしてくださいました!
宝永先生、ありがとうございました!
chirosukeはとても嬉しいです。

素敵な絵を観て、作家の方とお話しできるなんてすばらしい時間でした。
東京では驚くような素敵に出会えることがあります。
東京万歳!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。