映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」


%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93_1chirosukeは、 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観に行ってまいりました。
板橋のイオンシネマ、ハッピーマンデーでお安く鑑賞です。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」2D・吹き替え
(Fantastic Beasts and Where to Find Them)
監督:デビッド・イェーツ
制作:デビッド・ハイマン
  J・K・ローリング
   スティーブ・クローブス
  ライオネル・ウィグラム
原作/脚本:J・K・ローリング
2016年 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 133分

http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/

「キャスト」
ニュート・スキャマンダー: エディ・レッドメイン
ティナ・ゴールドスタイン:キャサリン・ウォーターストン
ジェイコブ・コワルスキー:ダン・フォグラー
クイニー・ゴールドスタイン:アリソン・スドル
クリーデンス・ベアボーン :エズラ・ミラー
メアリー・ルー・ベアボーン:サマンサ・モートン
パーシバル・グレイブス:コリン・ファレル

chirosukeの感想は・・・

ニフラーかわいいっ!
ボウトラックルのピケットはもっとかわいいっ!
そして、ジェイコブさんとっても良い人で泣けてくる。

ハリー・ポッターと同じ魔法の世界を描いていますが、舞台は1926年、ハリー・ポッターの時代より数十年前のアメリカが舞台です。
時代を現す建築物や衣装、小道具が完璧!
主役のニュート・スキャマンダーって、ハリポタの世界のあのスキャマンダーさんなのですね?
魔法界のベストセラー本『幻の動物とその生息地』の著者でもある、魔法動物学者!
なんとも心憎い設定であります。

ハリポタを知らなくても楽しめますが、知っていたらもっと楽しいかも。
ニュートもホグワーツ魔法魔術学校に入学して、寮はハッフルパフです。
これはニュートのマフラーでわかりました。
大好きな魔法動物によって人に危害を及ぼしてしまい、ホグワーツを退学処分になりますが、退学をたったひとり反対したのが当時の教授のひとり、アルバス・ダンブルドアだったことも語られています。
そして、元恋人が「リタ・レストレンジ」、あのレストレンジ家!
なんちゃってハリポタファンのchirosuke、何かとわくわくしちゃいます。

fb_6主役のニュートを演じたエディ・レッドメインさんはとても魅力的です。
ちょっと人見知りで風変わりで魔法動物大好きなスキャマンダーさんそのものです。
魔法が使えるのに、魔法動物を捕獲するのにあんなに手こずる姿は関西弁でいうところの「どんくさい」の一言です。
それでも必死でニフラーを追いかけるシーンではとってもハッフルパフっぽくて?応援したくなります。
ニフラーを捕まえたシーンではchirosuke「やったぁ!」と両手をグーでありました。

そのニュートさえ食ってしまうくらい大活躍したのは、ジェイコブ・コワルスキーさんです。
見た目はもう全然イケてないこのおじさん、マジ良い人!(ノーマジだけど・・・)
マリリン・モンローみたいな魔法使いのクイニーと二人のカップル?は最高でした。

そして、この映画では魔法そのものが描かれています。
終盤の、破壊され尽くした廃墟のような場所のあちこちで魔法使いたちが杖をふるい、魔法で修復していく場面でchirosukeは涙がでてしまいました。
街が鮮やかに再生される姿にとても感動しました。
このような魔法こそ、chirosukeが夢見て期待する魔法そのものであったからです。

そして帽子を被ってコートを着て杖をかざす魔法使いのシルエットは、とてもカッコよく頼もしい存在なのでした。
そのイメージは、コドモchirosukeが大好きだった「魔法使いサリーちゃん」でありました。

魔法動物も感情豊かに描かれていました。
chirosukeはどうみても小賢しいカモノハシにしか見えない「ニフラー」がお気に入りです。
ニフラーだけが大活躍する「がんばれ!ニフラー」という映画をつくってほしいくらいです。
(どんな映画だ・・・chirosukeよ!)

fb_7パンフレットも身請けしました。

・パンフレット 800円(税込)

この作品は3D版もあります。
chirosukeが観たのは2D/日本語吹き替えでしたが、今回吹き替えはプロの声優さんが演じているのでとても良い!
安心して映画を楽しめました。
3Dでも観てみたいと思います。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、とても楽しくて迫力映像で、魔法に溢れた作品です。
chirosukeのお勧めであります!

広告

1件のコメント (+ 自分のものを追加)

  1. トラックバック: 映画【舞台挨拶&応援上映】「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(2D吹き替え) | 赤頭巾のほうろう生活

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。