chirosuke東京ディズニーシーに行く (ダッフィー編)


%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%b0chirosukeが10年ぶりにディズニーシーに行ってまず気が付いたこと。
それは「ダッフィー」人気であります。

パークにいる人たちの99%がダッフィーのバッグ、もしくはダッフィーのぬいぐるみを抱っこしております。
はい、ざくっと99%です。
残り1%はchirosukeであります!
(相変わらず数字に関しては雑把すぎるぞ・・・chirosukeよ!)
これは・・・ダッフィーが今のディズニーシーのお約束なんでしょうか?

ダッフィーが登場したのは2004年のクリスマスイベントからなんですって~。
その時は「ディズニーベア」という名前で、2005年のクリスマス後、「ダッフィー」と命名されたそうです。
chirosukeは2006年のハロウィーンにディズニーシーに行っていますが、全くスルーでありました。
どこにいたんだ、ダッフィーよ!

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88そんなchirosukeがパーク内をウロウロしていた時、ダッフィーと写真を撮っているコドモを発見!

船を背景にして、手すり部にダッフィーのぬいぐるみがお座りしています。
おお、ここでchirosukeも写真を撮りたいです!
8歳くらいの女の子がダッフィーと写真を撮っている間、chirosukeは行儀よく待っておりました。
そして写真を撮り終わった家族は、なんとダッフィーを連れて行ってしまいました!
えええっ?なんで連れて行くんだよ?
ここ、「ダッフィーのフォトポイント」じゃないのっ??
涙目のchirosukeにSちゃんが「良く読んで・・・」

【あなたのダッフィーをここにのせて すてきな写真を撮ってね】
ダッフィーは自前でありました・・・。
フォトポイントは数カ所あるみたいですが、【わたしのダッフィー】を持たないchirosukeにはどうしようもないことに気が付きました。

これはもう「chirosukeのダッフィー」を身請けするしかない!
chirosukeはSちゃんに訴えました。
「お誕生日にダッフィーが欲しいよぅ~!」
(パークチケットをプレゼントしてもらったうえ、まだ要求するのか・・・chirosukeよ!)
黙ってちょっとひきつった笑いのSちゃんの眼がこういっています。
『自己責任・・・!』
わかったよ、chirosukeは自分で身請けするっ!
あんな小さいコドモがMYダッフィーを持っているのに、真面目に働いているchirosukeがダッフィーを持っちゃいけないはずがない!
chirosukeは「自己責任」でダッフィーを探しに行きました。

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0ダッフィーグッズは「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」「マクダックス・デパートメントストア」「ガッレリーア・ディズニー」の3店舗でのみ販売されています。

ダッフィーグッズはディズニーストア等での販売は無くて、ディズニーシーでのみ身請けできます。
chirosukeは最初、ダッフィーの「ぬいぐるみS」 3,900円 (お座りした高さ:約30㎝)を身請けする予定でしたが、お店で悩んでしまいました。
「chirosukeダッフィー」を持って歩くのはここでは良くても、狭い東京のマンションに置き場所はありません。

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8それより、みんなが持っているリュックが便利じゃないかしら?
お店の人に訊くと「ダッフィーちゃんのリュックのお取り扱いはございません」とのこと。
えええ?みんな背負っているのに・・・??
とりあえずトートバッグを身請けしました。

・トートバッグ 3,900円(税込)
サイズ:約 縦30㎝ 横35㎝ マチ10㎝
トートバッグ、ショルダーバッグの2WAY

ショルダーのストラップの片側を一度外して、持ち手にくぐらせてから再度取り付けたら・・・おおお!リュックになりました!
この仕組みを解明したのはSちゃんです。
背負っている人の後姿をみたらわかったそうです。
chirosukeは全然わかりませんでした・・・。

chirosukeの「自己責任」ダッフィーリュック姿であります。

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9ダッフィーは大人気で、2008年の東京ディズニーリゾート25周年企画で知名度が上がったそうです。

ダッフィーのぬいぐるみをパーク内で持ち歩く若い女性が急増し、一時期人気のぬいぐるみが常時品切れ状態までになったらしい。
グッズ購入では、混雑状況によって整理券を配布する場合があったり、ひとりあたりの販売数や入店回数を制限される場合もあるんですって。
今回は品切れや混雑もなく普通に身請けできました。(平日万歳!)

あと、こちらもパーク内の99.9%の人が首から下げているこれも外せません。

・コインケース 1,700円(税込)
サイズ:約 縦14㎝ 横22㎝  ポケット付き

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc_2

コインケースってなっていますが、後ろのポケットにパークチケットを入れました。
中にはハンカチを一枚入れました。

chirosukeの「自己責任」ダッフィーコインケース姿であります。

ダッフィーにはシェリーメイというガールフレンドがいます。
シェリーメイは、2010年1月15日に発表されたそうです。
ダッフィーもシェリーメイも、ミニーがミッキーの為に作ってプレゼントした熊のぬいぐるみという設定です。
航海に出るミッキーのためにミニーがダッフルバッグに入れてプレゼントしました。
それでミッキーが「ダッフィー」と名前をつけたそうです。

ダッフィーの毛の色はミルクティー色ですが、シェリーメイはスモーキーピンクです。
シェリーメイもかわいくて人気ですね。

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc_3ストラップです。

・ストラップ 1,300円(税込)
サイズ:約 8㎝

上の写真、ダッフィーのリュックのファスナー部分に付いています。
ファスナーがふわふわの毛に埋もれて見つけにくいので目印にしました。
小さいけどしっかりしています。
沢山のダッフィーの中から選びましたが、どの子も殆ど同じ顔でした。
恐るべし、オリエンタルランドクォリティー!

chirosukeが6年前に東京で暮らすようになった時、電車内で見かける女子高校生さんたちの多くが、ダッフィーのストラップを鞄につけていました。
当時、ダッフィーを知らなかったchirosukeは、関西に帰省した時お友達に言いました。
「東京の女子高生の間では、何故かわからんけど柔軟剤ファーファのクマ、めっちゃ流行っている」
ダッフィー、ゴメンよ・・・。

%e3%83%80%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%97%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%b3パーク内で50%の人が持っているダッフィーのポップコーンバケットであります。
(そろそろ統計無視の、雑把すぎる数字を出すのは止めたらどうだ・・・chirosukeよ!)

ダッフィーの顔だけのバケットを持った人もいます。
かわいい・・・!
chirosukeも関西のマンションに10年以上前のポップコーンバケット(チップ&デール/アリエル)を置いていますが、ダッフィー可愛すぎです!

このポップコーンバケットを探して、眼に着くポップコーンワゴンを見ましたがどこにもダッフィーのはありません。
キャストさんに訊くと、ダッフィーのポップコーンバケットはパーク内の2カ所のみで売っているとのことでした。
地図で説明してくださいましたが、訊いてくれたのはSちゃん。
はなからchirosukeは地図を見てもいません。
わからないんだもの・・・。

パークをウロウロして夜になり、さすがに脚が疲れていたchirosukeですが、ポップコーンバケットの為ならガンガン歩いちゃいます。
ホワイトチョコレート味は、リバティ・ランディング・ダイナー前のポップコーンワゴン。
ミルクチョコレート味は、ケープコッド・クックオフ前のポップコーンワゴンです。
chirosukeがたどり着いたのが、ホワイトチョコレート味の方でしたが、味はどっちでも良くて入れ物が大事!

・ダッフィーのポップコーン バケット付き
2,500円(税込)

顔だけのバケットは以前限定で販売したもので、現在はこのタイプのみということでした。
とってもかわいいダッフィーのポップコーンバケットであります。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc2016-11_3chirosukeは背中にダッフィーリュック、首からはダッフィーコインケースを下げ、手にはポップコーンバケットという全力の「自己責任」なスタイルでありました。
いずれのグッズも「対象年齢:6才以上」です。
(とっくにクリアだ・・・chirosukeよ!)
対象年齢を大きく超えちゃうと、「自己責任」になってしまうことを再確認したchirosukeであります。
そして「自己責任」が及ぶ範囲も、一歩パークを出てしまうとせいぜい新木場までだということも、オトナchirosukeは知っています。

とても楽しいディズニーシーでありました。
Sちゃん、すてきな誕生日プレゼントをありがとうでした!
「chirosuke東京ディズニーシーに行く 」はこれで一旦おしまいです~!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。