chirosuke東京ディズニーシーに行く (インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮編)


%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba_4ディズニーシーの次のアトラクションはファストパスを使った「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」であります。

ロストリバーデルタにあるアトラクションで、ファストパスを使わない場合約40分待ちでした。
chirosukeはファストパス使用でしたが、それでも乗り込むまでに15分くらいかかりました。
建物に入ってからインディ・ジョーンズの魔宮の世界を堪能できるので、ちょうどいい感じの時間だったと思います。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba_1怪しいオブジェや朽ち果てた感の壁画、一部廃墟のような場所におどろおどろしい彫刻なんかがあって、ここで一人で居ろといわれたらchirosuke涙目であります。
手すりの下の池には人骨が沢山沈んでるし・・・。

インディ・ジョーンズ博士の助手、パコが企画した魔宮ツアーに参加する設定です。

ジョーンズ博士のお約束、招かれざる客の侵入に魔宮の守護神クリスタルスカルの怒りを買ってしまい、いろんな攻撃にさらされて、命からがらトロッコに乗って脱出するという、映画のシーンさながらのアトラクションです。
暗闇の中を猛スピード(実際にはさほどスピードはでていません)でガーッと走る状況は、まさに「ドキドキする乗り物」そのもの・・・!

%e3%82%b7%e3%83%bc_5そうそう、こういう「乗り物」にchirosukeは乗りたかったんだよ!

壁面からヒュンヒュンと吹き矢が飛んでくる音がするし、骸骨もいっぱい。
大きな髑髏の目から謎のビームが発射されます。
通路の両サイドには夥しい虫がぴっしりで、うじゃうじゃです。
映像だと解っているんですが、虫嫌いのchirosuke、涙目であります。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba_2暗闇の時間って長く感じるんですね。
インディ・ジョーンズも登場します。
というより、ハリソン・フォードそっくりのジョーンズ博士です。

定員12名のトロッコに乗っている時間は約3分。
乗車中の撮影はご遠慮ください、と言われますがとても撮影なんかできる状況ではありません。
暗闇長いし・・・。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba_3楽しくて、怖くてキャ~!うわ~!と叫んだけど、めちゃ怖かった?というと意外にそうでもなかったんです。

chirosukeは去年、USJの「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」を体験しています。
あれは涙が飛んでいくのが解ったくらい怖かったです。
あれに比べると・・・。
USJのは脚がブラブラ状態で臨場感すごかったけど、インディ・ジョーンズはトロッコに乗っているし、その分だけでも怖さが違ってきますね。
「乗り物」って耐性がでてくるんだなぁ。

%e3%83%81%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%86%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%abアトラクションからパークに戻ってくると、チップとデールたちの行進に遭遇!

チップ&デールかわいいですぅ~!
chirosuke、チップ&デールの簡単な見分け方を訊きました。
「チョコチップ食べて鼻血デール」と覚えるんだそうです。
なるほど・・・!
鼻が黒いのがチップ、赤い鼻がデールですね。
誰が考えたのか、これは分かりやすいです。

%e3%83%84%e3%83%9c%e5%a3%b2%e3%82%8aアラビアンコーストにある、壺やお鍋が沢山ディスプレイされている場所はchirosukeのお気に入りです。
食器やお鍋をついつい集めてしまうchirosukeですが、ここにくるとつい「大阪商人」になって壺売りをしたくなります・・・。

2006年のハロウィーンで来た時にも、ここで壺売りをやっている写真を見つけました・・・。
10年経っても、やっぱり同じことをやっているとは・・・コドモだな、chirosukeよ!

壺を売ってる場合じゃないぞ。
chirosukeの乗り物・・・いえアトラクション、まだまだ続きます。
「chirosukeディズニーシーに行く (シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ編)」に続きます~!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。