神楽坂の「あべや」できりたんぽ鍋


%e3%81%82%e3%81%b9%e3%82%84_1大阪からお仕事で東京に来ていたIちゃんと一緒に、神楽坂をウロウロしていたchirosukeであります。

神楽坂は雰囲気が良くておいしいお店がたくさんあります。
chirosukeは関西でいた頃から、東京に来た時には良く神楽坂を訪れておりました。
お店が多い分、新陳代謝もあって「あれ?あのお店は?」「おおっ、ここにこんなお店が!」と驚くことも多いです。
神楽坂はメイン通りだけでなく、左右に広がる路地にもお店がいっぱいあって、お気に入りのお店を見つける楽しさがあります。

正式な店名は「比内地鶏生産責任者の店 本家あべや 神楽坂店」です。
メイン通りから少し入ったところにあるので、方向音痴chirosukeは場所が定かではありません。

http://r.gnavi.co.jp/g286911/

比内地鶏は、昔から秋田県の県北周辺で飼育されている鶏です。
薩摩地鶏、名古屋コーチンと並んで日本三大美味鶏と言われているんだそうです。
「あべや」さんは以前来たことがあったと、お店に入ってから気が付いたchirosukeであります。

%e3%81%82%e3%81%b9%e3%82%84%e6%99%a9%e5%be%a1%e9%a3%afお料理はIちゃんが食したことが無いという「きりたんぽ鍋」のコースにしました。
・奥入瀬(おいらせ)コース ひとり 5,000円(税込)

比内地鶏の焼き鳥とお鍋(水炊き鍋orきりたんぽ鍋)が食せます。
前菜から始まってデザートまで、とてもおいしいお料理で、お腹一杯になりました。
前菜は2種あって、「きんかん」にはiちゃんもchirosukeもびっくり。
最初見た時、金柑の甘露煮だと思いこんでいたら・・・鶏のきんかんでした!
「玉ひも」のきんかんですね。

比内地鶏の燻製もおいしかったです。
chirosukeは、お歳暮などでいただく高級ハムの味だと思いましたよ。
鶏のお刺身も新鮮です。
焼き鳥(2種)もお肉が大きくて柔らかいのに歯ごたえがあっておいしい~!
産直野菜のアンチョビのディップソースが温かくておいしいです。

%e3%81%82%e3%81%b9%e3%82%84_3きりたんぽ鍋もお醤油出汁がたっぷりでめちゃうまです。
きりたんぽは秋田県の郷土料理ですね。
つぶしたうるち米のご飯を竹輪のように杉の棒に巻き付けて焼き、棒から外して食べやすく切ったものです。
きりたんぽが沢山入ってて(ゴハンですから)お腹一杯であります。
水炊き鍋はあきたこまちの雑炊が付きますが、きりたんぽ鍋はおコメですから雑炊無しです。

おいしいお料理とお酒も少しいただきました。
神楽坂に来た時はまた来たいお店です。
おいしい秋田料理、ごちそうさまでした。
ご一緒してくれたIちゃん、ありがとうでした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。