宮崎料理「万作」で晩御飯


%e4%b8%87%e4%bd%9c_1chirosukeは、グランフロント大阪 南館 7Fにある「宮崎料理 万作」で晩御飯をいただきました。

http://r.gnavi.co.jp/kbwj634

「万作」さんは、創業80年になる老舗だそうです。
明るくて気軽な雰囲気で、お料理もめちゃおいしかったです。
気軽なんだけど、お料理によっては気軽ではない価格のものもありました・・・。
でもおいしいので満足であります。

スタッフさんも親切で明るくてキビキビしてて、良い雰囲気です。
お料理がおいしくて、スタッフさんお勧めのお酒もおいしくいただきました。
宮崎県、やはりここは「焼酎」でありましょう。

%e4%b8%87%e4%bd%9c_2今回はいろいろと「焼酎」を飲みました。

chirosuke初めての銘柄にチャレンジであります。
芋焼酎はコクがあっておいしいです。
どのお酒もおいしかったので、調子に乗ってメニューの最後の方に載っていた珍しい焼酎「ピーマン」と「しょうが」をお願いしました。

「ピーマン」は、宮崎県の特産品のピーマンでつくった焼酎だそうです。
chirosukeは好き嫌いがほとんど無いので、ピーマンは好きです。
が・・・焼酎のピーマンは、とてもピーマンのほろ苦い味でした。
ちょっとシシトウで大当たりした時のお味です。
「しょうが」は、四万十しょうがでつくった焼酎です。
chirosukeはしょうがは大好きです。
でも焼酎は・・・めいっぱいしょうがで辛いです。

ピーマンは苦くて、しょうがは辛くて、chirosukeは涙目になりました。
お水がほしくなるお酒であります。
この苦さと辛さを知ったので、もう許してください・・・。

%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e6%96%99%e7%90%86-%e4%b8%87%e4%bd%9c_3お料理はどれもおいしかったです。

数量限定の、万作名物「旨煮」はおいしい~。
宮崎本店で80年受け継がれている一品だそうです。
甘辛い味付けは焼酎にぴったりであります。
chirosukeの好きなカマボコも歯ごたえ良く、しっかり味が染みていました。

「宮崎地鶏のたたき」もおいしいです。
「鰹焼っ切り」は、たたきとは違って鰹をさっと炙ってお刺身にしたものなんですって。

「ぶり鶏のもも焼き」は絶品!
柚子胡椒でいただきます。
キャベツ用の付け味噌もおいしいです。
ぶり鶏って何でしょう?
chirosuke調べてみました。
山林のなかで、地面を歩かせ、草や餌を食べさせ、昔ながらの自然飼育法で育った地鶏のことでした。
その昔、九州の庭先で飼われていたそうです。
筋肉質ですがあっさりとした味。
飼育が難しいことから生産者がほとんどいないそうです。
お高いはずです。
このお料理だけで1,800円でした・・・。

チキン南蛮も、鶏天入りきのこうどんもおいしい~。
chirosuke、鶏肉をたくさんいただきました。

「万作」は調べたら、東京にもお店があります。
KITTE丸の内店と渋谷ヒカリエにありますね。
機会があったら東京のお店にも行ってみましょう。

おいしい宮崎料理とお酒、お腹いっぱいになりました。
ごちそうさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。