映画「シン・ゴジラ」 5回目 新宿バルト9 発声可能上映会


%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%889_1映画「シン・ゴジラ」5回目の鑑賞であります。
今回はchirosuke初めての「発声可能上映会」であります。

「新宿バルト9」19:00~の上映が「発声可能上映会」でした。
chirosukeは事前に座席指定のチケットを取り、お仕事帰りに行ってまいりました。

「シン・ゴジラ」
総監督:庵野秀明
監督:樋口真嗣
准監督:尾上克郎
脚本:庵野秀明
特技監督:樋口真嗣
音楽:鷺巣詩郎・伊福部昭
2016年 日本
配給 東宝
上映時間: 119分

http://www.shin-godzilla.jp/index.html

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%889_2「発声可能上映」とは通常の鑑賞方法とは違って、声を出してOK、コスプレしてもOK、サイリウムを振るのもOKです。
(もちろん迷惑な行為は禁止)
イベント上映会ですね。

chirosukeは初めての発声上映、ドキドキしながらバルト9に向かいました。
チケットは「G-●」席。
chirosukeの誕生日の席を取りました。
GはゴジラのGです。
chirosukeの精一杯のゴジラ愛です。
(どんな愛だ・・・chirosukeよ!)

料金は発声上映でも普通料金、夕方割引の1,300円です。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%889_5_xまずchirosuke、コスプレはできないです。
お仕事帰りだし、準備できる衣装が思いつきません・・・。
今までの発声上映会の様子をネットで調べると、皆さんすごくがんばっていたようです。

次にchirosukeは「サイリウムってなんだ?」レベルでありました。
コンサート等で使うペンライトが進化した照明器具のようです。
これを客席で発光させて振るのか・・・!
どこに売っているのか?
どんな種類のを用意すればいいのか?
chirosukeさっぱりわかりません・・・。

そこでインターネットの出番であります。
Amazonで一番クチコミの評価が良い
「キングブレードX10III Neo シャイニング」
セール価格 2,400円 通常配送無料 を身請けしました。
夜中に注文したのに翌日届きました。
さすがAmazon、仕事が早い!

基本15色、ソフトを使えば無限に近い色をつくることができるそうです。
どうやって使うんだソフトなんて・・・15色もあれば充分じゃないかchirosukeよ!
電池が入っていることを確認、電池の部分に挟まれていた薄いシートを引き抜くといきなり発色!
おお!すごい!
これを振るのか~!
色はどこで変えるんだろう?
取説を読みもせず、電気全般に弱いchirosukeであります。
あ、底が切り替えスイッチになっていました。
色が変わって楽しいです~。

ところがchirosuke、OFFの仕方が解りません。
これ、一度点けたら消えないの?
点灯させたままバッグの中に?
嘘だぁ・・・。
chirosuke、仕方なくさっきの薄いシートを電池部分に差し込んで消灯しました。
こんな面倒なことしないと消えないのはおかしい!
だいたい映画館の暗がりでこのシートを挿したり抜いたりできないです。
点けっぱなしだと電池がなくなるでしょ。
「キングブレードX10III Neo シャイニング」、口コミ評価高いのにON/OFFができないなんて・・・chirosuke涙目であります。

しばらく底の部分を触っていてようやく電源のON/OFFを発見!
色の切り替えの反対側を長押しでした・・・。
ああよかった。
(電気全般、弱すぎだ!・・・chirosukeよ!)

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%889_3chirosukeが準備した小道具です。
サイリウムと「まずは君が落ち着け水」であります。

クリスタルガイザーの白キャップ、ラベルも剥がしました~。
これを泉ちゃんのあのシーンで水ドンするんだ!
発声可能上映会に向けて、chirosukeができる精一杯の準備であります。

「シン・ゴジラ 発声可能上映」、chirosukeの感想は・・・
めちゃくちゃ楽しかったです!
今回の上映は、声の出しどころが分かる”発声補助用字幕”付き!
シン・ゴジラは出演者が総じて超早口です。
主な台詞だけでなく、ガヤやアナウンスにも字幕が入っていてすごかったです。
5回目ですが発見も多かったです。

最初映画館のロビーでコスプレの方が何人かおられて楽しめました。
東京は暑かったのに全身防護服の人もいましたよ。
張りぼての手造り蒲田くんを抱えた女性の方、立ち上がると蒲田くんを被ってました。
被るんだぁ!
すごく良くできている~!
素晴らしいです。

開場になると防災服を着こんだり、「警視庁リエゾン」というゼッケンをつけたり。
「志村祐介」うちわを持ってる人も見かけました。
蒲田くんのフィギュアを抱えていたり、楽しそうです。
みんなすごいなぁ。
タオルを首にかけた方は塚本晋也さん演じる間准教授ですね。

着席するとchirosukeの前の席には片桐はいりさんのお茶くみのおばさんコスプレの方がいました~。
気合はいってます!
画面は予告編映像が流れ、「NO MORE 映画泥棒」が流れたときはほぼ満席の会場は、既に盛り上がってました。
下手後方で歓声と喝采が起きて、chirosukeが観てみると・・・
「カメラ男」が立って踊ってます!
いやんすごい!
chirosukeも拍手です。

本編が始まるともう大盛り上がり!
まず「東宝」という文字が現れると全員が「トーホー!」と叫びます。
もうひとつ「東宝ロゴ」で「トーホー!」
次に「映倫」で「エイリーン!」
chirosukeもしっかり発声してまいりました。

尾頭さんが登場したときは「ヒロミ~!」
あとは「総理!」「ご決断を~!」「花森~!」
英語の部分は「win-win!」「however!」皆さんココだけ・・・。
「会議室に移動してください」と台詞があれば一斉に「ハイっ!」
とにかく自由に皆さん素直に発声です。

chirosukeも斎藤工さんがアップになったシーンでは「たくみ~!」です。
ファンでもないのに「たくみ~!」です!
ゴジラが登場すれば赤いサイリウムを振り、自衛隊が出動すれば緑のサイリウムを音楽に合わせて振ります。
発声補助用字幕は助かりました。
自衛隊のシーンでは「いぬわし~」とかね。

巨災対のシーンでは音楽に合わせて皆と一緒に手拍子です。
(あの手拍子何気に難しい・・・)
画面観て、サイリウム振って手拍子して、拍手して声出して大忙しですが、この雰囲気はここでしか味わえない楽しさと感動がありました。
「好き」を等しくする人たちが集まって、つかの間の連帯感が生まれます。
何より皆さん「ゴジラ愛」ありすぎ!
chirosuke、発声可能上映に参加できてとても良かったです。

そして、泉ちゃんの水ドンの時は思いきりペットボトルを掲げました。
沢山の人が同様にペットボトル掲げてて、みんな持ってたんだ・・・。
楽しさ倍増です。
ヤシオリ作戦ではやはり「無人在来線爆弾」のシーンに大感動です。
おおおっ!というどよめきと大拍手です。
chirosuke涙目になるくらいでした。

発声可能上映は何でもアリですが、滅茶苦茶ではありません。
各人が羽目を外して楽しみながらも、ルール無視ではありません。
会場には、ゴジラ愛と暗黙の了解の周囲への気配りが感じられました。

エンドロールで「庵野秀明」という名まえが何度も出てくるのですが、そのたびに「アンノ~!」です。
chirosukeは「ヒグチ~!」も叫んできました。
もちろん「たくみ~!」もね・・・。
そして最後は「トーホー!」 「ありがと~!」でした。

「終」の文字が出た時、客電が灯いてからも全員で「アンコール!」でしたが、スタッフさんが現れて
「アンコールはありません。皆さん、ゴジラ最高ですか?!」の音頭で全員が「サイコー!」
chirosukeもグーを掲げてまいりました。
スタッフさん、お疲れ様です。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%889_4バルト9で売っていた台詞缶バッジです。
売り切れが多く欲しいのはほとんど無かったです・・・。
誰かが「ヤシオリ作戦」をひとつだけ戻されたので、chirosukeはすかさずゲットであります。

身請け額:ひとつ320円(税込)

とても楽しかった「シン・ゴジラ」発声可能上映会でした。
まさかサイリウムを使う日が来るとは思ってもみませんでしたが、振ってみたらなかなか楽しいです。
chirosukeが気付いたこと。
数回映画を観て、台詞を覚えていても発声のタイミングは難しいということです。
合いの手というか、歌舞伎の大向こうみたいなものですね。
次回機会があれば、もう少しタイミングよく発声できるかも・・・。

ありがとう「トーホー!」
ありがとう「アンノ~!」
そして一緒に盛り上がった客席の方々、ありがとうでした!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。