映画「シン・ゴジラ」 3回目 TOHOシネマズ新宿 IMAXシアター


%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%881chirosukeの最近のマイブームともいえる、映画「シン・ゴジラ」3回目の鑑賞はTOHOシネマズ新宿 IMAXシアターであります。

「シン・ゴジラ」
総監督:庵野秀明
監督:樋口真嗣
准監督:尾上克郎
脚本:庵野秀明
特技監督:樋口真嗣
音楽:鷺巣詩郎・伊福部昭
2016年 日本
配給 東宝
上映時間: 119分

http://www.shin-godzilla.jp/index.html

「キャスト」
矢口蘭堂(内閣官房副長官・政務担当):長谷川博己
赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官・国家安全保障担当):竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使):石原さとみ
志村祐介(内閣官房副長官秘書官[防衛省]):高良健吾
大河内清次(内閣総理大臣):大杉漣
尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課長補佐):市川実日子
安田(文科省研究振興局基礎研究振興課長) :高橋一生

「シン・ゴジラ」3回目の鑑賞です。
(「シン・ゴジラ」1回目と2回目の鑑賞については2016年8月8日8月15日のブログをみてね)

chirosukeの感想は・・・
初めてのIMAXシアター、画面が大きい、画質がきれい、音の迫力がすごい~。
通常料金より500円お高いですが値打ちはあると思いました。

「シン・ゴジラ」は何度観ても発見があります。
「おおっ!こんなところにこんなものが!」とか、「あっ、この役をこのひとがっ!」とか・・・。
オチはすべてわかっているのにスピーディーでスリリングな展開にドキドキします。
無駄なシーンがひとつも無い。
とても面白いです。

chirosukeも最近ではゴジラの第二形態を「蒲田くん」と呼んでいます。
かわいい・・・とはなかなか思えませんが、「でた!蒲田くんだぁ~!」と心の中で叫んでしまいました。

「無人在来線爆弾」にはとっても胸が高鳴ります。
これ本当にすごいよなぁ。
一瞬「え?」⇒「コレってあり?」⇒「いいのか?」⇒「おおっ!」⇒「すごいっ!」⇒「これこそ人類の反撃だっ!」
これですっかり「無人在来線爆弾」のトリコであります。

今日で、「IMAXシアター」の上映が終了とのことで客席はほぼ満席でした。
エンドロール終了まで席を立つ人はほとんどいませんでした。
そして、「終」の文字が映し出された時、なんと「拍手」が起きました。
大きい拍手ではありませんでしたが、複数の人たちの「パチパチ」が聞こえ、chirosukeも思わず拍手してしまいました。
拍手が起きる映画って、chirosukeは「パシフィック・リム」以来です。
なかなかこんな作品ってないです。

「シン・ゴジラ」は今やいろんなところで評判になり語られています。
数回上映された「発声上映会」もチケットは数分で完売。
有識者や政治家、新聞までがリアリティのある物語に言及し、もはや社会現象にまでなっています。
chirosukeも何度観てもまた観たいと思ってしまう、魅力に溢れた作品です。
ただの怪獣映画ではありません。
決してヒーローではない、ひとりひとりの人間が、ゴジラに立ち向かうべくプロフェッショナルな行動を起こします。
そこに共感と感動が生まれます。
chirosukeは何度も涙目になるシーンがありました。

パンフレットもようやく身請けでき、ますます「シン・ゴジラ」の世界を探求したくなるchirosukeです。
まだ観ていない人は、ぜひ劇場へ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。