ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」


%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e2%84%969chirosukeは 森アーツセンターギャラリーで開催されているルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」を観に行ってまいりました。

ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」
会期: 2016年7月22日(金)− 9月25日(日)
※会期中無休
開館時間: 10:00 − 20:00(最終入場19:30)
入場料:一般 1,800円
森アーツセンターギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー52F)

http://manga-9art.com/

chirosukeの感想は・・・
普段chirosukeが、あまり観ることのない世界に触れることができた展覧会でした。
フランスで漫画は「第9の芸術」とされているそうです。
諸説あるようですが、フランスにおける芸術の序列があるんですって。
順序としては「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」。
その次の№9が「漫画」とのことです。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e2%84%969_3この写真は会場に入ってすぐの撮影スポットです。
ルーヴル美術館に展示されている有名な「サモトラケのニケ」像の周りを漫画の原稿が飛び交っているオブジェです。

フランス語圏には古くから「バンド・デシネ(BD)」という漫画文化が独自に発展してきたそうです。
絵画のような作品もあって、子供から大人まで楽しめる文化だそうです。
chirosukeが観た限りでは「バンド・デシネ」って総じてアカデミックな雰囲気でした。
絵そのものはすごいテクニックで描かれた作品もありました。

「ルーヴル美術館BDプロジェクト」は、「漫画」という表現方法を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えるための企画だそうです。
漫画家さんたちに、ルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう企画です。
日本の漫画家を含むフランス内外の著名な漫画家が多数参加されました。
既に11作品が出版され、プロジェクトは現在も進行中らしいです。

chirosukeは「バンド・デシネ」も「ルーヴル美術館BDプロジェクト」もこの展覧会で初めて知りました。
「漫画」がルーヴルに展示される・・・?違うなぁ。
ルーヴルに展示される「漫画」を観たという感じです。
chirosukeは漫画と絵画の違いって良くわかりません。
美しく繊細で、時に大胆な絵で読者を魅了する漫画家さんは沢山おられます。
絵を額にいれて飾れば「絵画」になるんじゃないの?とも思います。
「芸術」の定義は人それぞれだと思うchirosukeです。
漫画だろうと絵画だろうと基本は「好き嫌い」ですね。
chirosukeは絵画にはポエジーを求めますが、漫画はもっと多面的な要素があって奥深いです。

展示されていた海外の漫画家さんの作品は前衛的な雰囲気も多くあって、chirosukeの知っている「漫画」とは違う作風のものが多かったです。
どなたも絵が巧くて個性的です。
漫画というより「劇画」に近いものを感じました。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e2%84%969_2お約束のミュージアムショップはグッズに溢れていました。
今回図録は見送りです。

会場やショップ内は空いていて、品数もたくさんあるのに、1アイテムにつきひとり3点までという制限にちょっと納得できないchirosukeでした。
お友達のおみやげ用にポストカードだけ身請けしましたが、ポストカードも3枚までだって。
制限設けないと同じものを何十枚も身請けするファンがいるのでしょうか?
まぁ決まりだから仕方ないですが、いっぱい余ってますよ。

・ポストカード 150円(税込)

坂本眞一さんの「イノサン」という作品はchirosukeは読んでいませんが、マリー・アントワネットの絵がとても美しくて驚きました。
デジタルで描かれているそうです。
寺田克也さんの絵に見覚えがあったのは、舞台「キレイ」のポスターを描かれていたからです。
chirosukeはあのポスターの絵は好きでした。

日本の漫画家さんですがchirosukeは殆ど作品を読んでいない方ばかりでした。
松本大洋さんは「鉄コン筋クリート」の人だぁ。
chirosuke、映画「鉄コン筋クリート」のDVDを持っています。
荒木飛呂彦さんは読んでいませんが「ジョジョの奇妙な冒険」の人で、ヤマザキマリさんは「テルマエ・ロマエ」の人、くらいの認識です。
あとの人は・・・知りませんでした。

%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e2%84%969_1会場で特製うちわをもらいました。
ピンクできれいです。
でも、うちわよりポストカードを4枚売ってくれた方が嬉しいぞ。

「ルーヴルNo.9」、漫画という手法で描かれた作品たちは、個性が際立っていました。
これが「芸術」なんでしょうか。
「ええ加減は芸の神髄、意味づけは時の権力」が座右の銘のchirosukeであります。
chirosukeの好きな「西原理恵子」さんの絵は、間違ってもルーヴルの「バンド・デシネ」としては扱われないだろうなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。