映画 「君の名は。」


%e5%90%9b%e3%81%ae%e5%90%8d%e3%81%afchirosukeはお仕事帰りに、板橋のイオンシネマで「君の名は。」を観てまいりました。
ハッピーマンデーでお安く鑑賞です。

「君の名は。」
監督:新海誠
原作/脚本:新海誠
2016年 日本
配給 東宝
上映時間: 107分

キャスト(声の出演)
立花瀧:神木隆之介
宮水三葉:上白石萌音
奥寺ミキ:長澤まさみ
宮水一葉:市原悦子
勅使河原克彦:成田凌

http://www.kiminona.com/index.html

chirosukeの感想は・・・
これは「3.11」を思い起こさせる作品だと思いました。
chirosukeは映画を観て泣きましたが、主人公の二人の繋がりや出会いとすれ違い、再会に涙したのではありません。

あの「3.11」の大地震、その後に起きた大津波の映像を観た時、あまりの自然の容赦なさに驚愕し、「早く逃げて!!」と叫びました。
そして届かない声、既に起きてしまった大災害に何もできない無力感に襲われた日本人は多かったはずです。
映像ではなく、目の前で為すすべなく大切な人を失った人はどれほどいたことでしょう。
あの時、声をかけていれば・・・、あの時、戻らせずに引き留めていれば・・・、あの時、手を離さずにいたら・・・。
亡くなった人は還らないし、未だ行方不明の方も多くおられます。
起きてしまったことは変えられない。

それでも人は願わずにはいられないし、祈らずにはいられない。
これは「3.11」の出来事の、どうしようもない願いと祈りの作品だとchirosukeは思い、涙が止まらなかったです。

この作品でも彗星の爆発による大災害で、ひとつの街が消滅し、多くの命が失われます。
けれどその災厄はすでにおきてしまったことです。
どうしてかわからないけど「時空超え」が起きて、主人公の少年と少女は心と身体が入れ替わることによって繋がります。
少年=少女の行動によって、災害は回避できなかったけど数百人の命が救われました。
映画のなかのオハナシです。
現実ではありえないけど、あの時届かなかった多くの人たちの「早く逃げて!!」という声が届いた結果です。
現実では成し得なかった「救い」が描かれていたと感じました。

映像はとても美しく、流れる音楽も感動的です。
chirosukeは新海監督作品、「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」を観ています。
「秒速5センチメートル」で流れる山崎まさよしさんの「One more time, One more chance」に号泣したことを覚えています。
その時は素直に男女のピュアな心の繋がりや、すれちがうもどかしさ、出会いと別れに感動しました。
chirosukeの好きな作家「レイ・ブラッドベリ」の言葉を借りるならば「肉と道徳が意味を持ち始める以前の恋」でありました。

この映画では「結び」がキーワードになっています。
東京で暮らしていた高校生、立花瀧と、彗星爆発の被災地となる糸守村に住む同世代の高校生、宮水三葉との時空を超えた繋がりはすごいのですが、chirosukeは「なんでこの二人?」という疑問が解消されませんでした。
二人はお互いを心から大切に思い、瀧くんは三葉を救うために全力で行動を起こすのですが、時空を超え、過去の出来事を変革できるほどの「原動力」がどこからくるのかchirosukeにはわからなかったです。
なぜ二人が入れ替わったのか、この二人でないといけなかったのか、背景に何があったのかの描写、説明が全くありません。
あえて説明しなかったのかなぁ。
二人の関係や心の動き、魅かれ合う理由やすれ違い、再会には切なさを感じはしましたが、あまり感情移入できなかったchirosukeです。

映画「シン・ゴジラ」が「3.11」を含む理不尽な災厄に立ち向かうリアリティのある作品であるのに対して、「君の名は。」は、起きてしまった災厄に命を奪われた人たちに、もし奇跡が起きるならば届けたい声、助けたい思いの「願いと祈り」が描かれた作品だと思いました。
そして、「君の名は。」とは、災害で亡くなった(行方不明)全ての人たち、ひとりひとりの名前ではないかとchirosukeは思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。