金子國義の豪華特装本「不思議の国のアリス」


Alice特装本1先日の「金子國義生誕80年記念展」で身請けした豪華特装本「不思議の国のアリス」が届きました。
(「金子國義生誕80年記念展」については2016年7月24日のブログをみてね)

素晴らしい本です!
本当に豪華です!
これは本というより、金子國義さんの作品です。

「不思議の国のアリス」豪華特装本
金子國義 文・挿絵・装丁
2000年10月2日 刊行
限定100部(記番・署名入り)

【仕様】
本体:A4変形(天地252㎜×左右190㎜)
オリジナル染め総山羊革装
フルカラー78ページ
本文用紙(ドイツ製レンケルレイド)
リトグラフ挿絵12点綴じ込み(フランス製アルシュ)
たとう入りスイート:挿絵のリトグラフ12点
(イタリア製ファブリアーノ・ローマ)うち1点は手彩色・サイン入り
オリジナル用紙使用の美麗函入り

リトグラフ制作: 版画工房(株)アトリエ38
製本: Atelier海月
本文印刷: 日本写真印刷(株)

Alice特装本2美しいショッキングピンクに染められた総山羊皮でできています。

2000年、シリアルナンバー入り100部限定でメディアファクトリーから発売された豪華本です。
金子先生の1周忌を迎えて若干数の残部がKADOKAWAから再販されました。
16年前に金子先生が丹精こめて作り上げた本です。
どのくらいの部数が残っていたのかは解らないし、今まで再販されなかったのも謎です。
でも、16年前だったらchirosukeは身請けできなかったかも知れません。
(身請け額が半端ない・・・)
今回chirosukeの手元にやってきた100冊の中の1冊・・・。
大切にしたいと思います。

Alice特装本31冊1冊を製本職人さんが手作りされた本です。
装丁から表紙の山羊皮の色、挿絵も文章もすべて金子先生が手がけられました。
山羊革を取り寄せ、ショッキングピンクに染め、ドイツ、フランス、イタリアから3種類の用紙を選択、ケースのデザイン・仕様すべて、金子先生の美意識が詰まった夢のような特装本です。
挿絵と同じ12枚のリトグラフがセットになり、一枚は先生の手彩色でサイン入りです。

フルカラーイラストカード12枚セットも付いています。
chirosukeはこのイラストカードだけでも涙目になるくらいです。

Alice特装本サイン金子先生のサインです。
同封されていた本のパンフレットに金子先生の言葉がありました。

「パリの皮屋さんで見かけたショッキングピンクの山羊皮を、どんな本の装丁につかえるのかなぁと、ひそかにずぅっと考えていました。
こんど、絵本「不思議の国のアリス」が豪華本になる。
絵本より少し小さくて、ものがたりも版画も入る。
もうぼくの頭の中は「あっちだ、こっちだ」と、ぐるぐる巻きになっていました。
ピンクの山羊革装で、ケースもピンクと有頂天になって、うすいピンクからショッキングピンクが出てくる、ぼくは夢ごこちで、そしてロマンチックに、アリスにストロベリーパイを作ってあげたお姉さんのように、熱中して本作りにはげみました。
出来上がりを楽しみにしてくださいね」
(金子國義)

Alice特装本シリアルナンバーchirosukeの本のシリアル番号は【96】でした。

注文時にはシリアル番号の指定はできなかったです。
そもそも何冊残っているのか、どの番号が残っているのかもわかりませんでした。
何番でも良い!
限定100部の、この素晴らしい本がchirosukeの手元にあることが嬉しいです。

Alice特装本リトグラフ手彩色Drink ME銀色のたとう紙の中に、本体のリトグラフとは別の用紙に刷ったリトグラフが12枚入っています。

絵柄は本体と同じですが、1点のみ(Drink Me)カラーの手採色で、金子先生のサイン入りです。
バラバラの状態で12枚入っています。
額に入れて楽しめるようになっているのですね。

どの絵もchirosukeは好きですが、特にこの「Drink Me」のアリスちゃんは大好きです!
可愛くて、どことなく物憂げな不思議な雰囲気の美少女です。
瓶の色は緑色だったんですね。
理由もなく納得してしまうchirosukeであります。

まずはこの作品だけでも額装しておこう!
ちゃんとUVカットのガラスを付けてもらって、額縁はイタリア製がいいかなぁ。
この直筆サイン入り手採色のリトグラフだけでも、身請け額の値打ちはあると思うchirosukeです。

12枚のリトグラフの写真を物語順で並べました。
拡大して見てね。

Alice特装本リトグラフ1

Alice特装本リトグラフ2どの絵も金子先生のイマジネーションに溢れていて、本当に素晴らしいです。

chirosukeは「Down the Rabbit Hole」のタキシードを着てメガネをかけたうさぎさんがお気に入りです。
この絵に漂うエロティシズムが良い!
「A Mad Tea-Party」では一瞬ヤマネを探しましたが、いました!
やっばり眠っていますよ~。
「Pig and Pepper」のシュールさにドキッとします。
ルイス・キャロルのアリスは金子國義のアリスになったのでした。

Alice特装本4金子先生のリトグラフをそのまま挿絵にしてしまった、とても素晴らしい贅沢な本・・・。

金子先生の息子さん、金子修さんが主催されているスタジオ・カネコからのメッセージです。

「16年前、金子國義が嬉々として取り組んでいた仕事があります。
ちょうど『不思議の国のアリス』の絵本を出版した頃でした。
通常の絵本では飽き足らず、函、革表紙、たとう入りイラストなど、いつか作りたいと思っていた理想の仕様で、100部限定の『不思議の国のアリス』特装本という作品を作りました。
金子國義は独特の美意識と嗅覚で、洒落た本の収集をたいそう好み、毎年パリなどに出かけては、古本屋や古美術店などでお気に入りの一品を求めるのを喜びにしていました。
それだけに、このアリスが完成して手元に届いたときには、これ以上ないほどご満悦で、さっそくお気に入りの本の仲間入りをさせていました。
用紙代の高騰や手作り製本の難しさなどを考えると、あの時期に理想通りのアリスで、金子國義の足跡を残せたことを心から誇りに思います」

Aliceポストカード12フルカラーイラストカード12枚セットです。

色が付くとまた違う素敵さがあります。

金子先生、すばらしい本を残してくださってありがとうございます。
出版から16年後という時間差ではありますが、chirosukeの手元に届きました。
chirosukeも、アリスにストロベリーパイを作ってあげたお姉さんのことを思いながら、不思議の世界に浸りたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。