「金子國義生誕80年記念展」・「金子國義スタイルブック」刊行


金子國義スタイルブック金子國義さんの本「金子國義スタイルブック」が刊行されました。

「金子國義スタイルブック」
編者/金子修・岡部光 
出版社/ART DIVER
2016年7月23日先行発売
定価 1.600円(税別)

出版に合わせて、渋谷区恵比寿にあるLIBRAIRIE6/シス書店で「金子國義生誕80年記念展」が開催されています。

「金子國義生誕80年記念展」
7月23日(土)~8月21日(日)
LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
TEL/FAX 03 6452 3345
CONTACT / info@librairie6.com
OPEN / 水曜日-土曜日 12:00‐19:00 日曜日/ 祝日 12:00- 18:00
CLOSE / 月曜日 ・ 火曜日(月火が祝日の場合も店休)
入場無料

chirosukeは日曜日に行ってまいりました。
「金子國義スタイルブック」の書店販売は、8月上旬を予定しているとのこと。
chirosukeは先行販売で本を身請けすべく、JR恵比寿駅に降り立ちました。

地図を見ると駅から徒歩5分にも満たない距離・・・。
念のため駅員さんにケータイの地図を見せて確認しました。
駅員さん:「この出口を出て左側にいくとありますよ」
ありがとう、駅員さん!
しかし、指示された出口を左に行きましたが番地の近くにきても辿りつけないのは何故?
方向音痴のお約束とはいえ、晴天の午後、炎天下と言ってもいいくらいの日差しと暑さにくらくらで涙目のchirosukeであります。

20分くらい彷徨ったでしょうか。
同じ場所をぐるぐる回って、途中コンビニ3件で地図を見せて訊きました。
それぞれのコンビニは近い距離にあります。
コンビニA:「すぐ近くまで来ていますよ」
コンビニB:「この前の道を右に行ってすぐですね」
コンビニC:「この前のビルじゃないですか?」
店員さん、親切にありがとう。
でも辿りつけませんでした・・・。
とうとうchirosukeは恵比寿駅の出口に舞い戻ってしまいました。

金子國義生誕80年記念展気を取り治して、同じルートを辿ります。
さっきはここを通って右に曲がったから、曲がらずにまっすぐ行ってみよう。
ああっ!!ありましたっ!
駅をでてからわずか数分の距離でありました。

恐るべし、恵比寿には旅人をだまくらかすキツネがおったそうな・・・。
(日本昔話に逃げるんじゃない・・・chirosukeよ!)

chirosukeの大好きな画家、金子國義さんが亡くなられてから1年以上が経ちました。
「金子國義スタイルブック」は金子先生が生前に残した発言やメッセージが、代表作とともに掲載されています。
表紙の絵が素敵です!
金子先生の「人生を楽しみ、美しく生きよう」という姿勢に貫かれた言葉が興味深いです。
思わず笑ってしまったり、納得したり、気付かされたり、ああ金子先生らしいなぁ。
コンパクトでとてもかわいらしい本です。

chirosukeが30分以上彷徨ってようやくたどり着いた、記念展の会場は小さなギャラリーみたいな雰囲気でした。
金子先生の作品、油彩、リトグラフが展示されていました。
好きな絵が沢山ありました。
chirosukeがスタッフの方と、展示されていたイタリアオリベッティ社の「不思議の国のアリス」が直前に売れてしまったことなど、お話ししていましたら、おひとりの男性の方が入ってこられました。
金子修さん、金子先生の息子さんでありました。

chirosuke、金子修さんとお話しできてとても嬉しかったです。
ああ、30分くらい彷徨ってよかった!
東京万歳!

展示されていた作品の中に、ガラスケースの中に入った素晴らしい本がありました。
売れてしまったオリベッテイのアリスに並んでいた本は、金子先生が丹精こめて作り上げた特装本「不思議の国アリス」でした。

2000年、シリアルナンバー入り100部限定でメディアファクトリーより発売された豪華本です。
若干数の残部がKADOKAWAから再販されるとのこと。
1冊1冊を製本職人さんが手作りされた凄い本です。
装丁から表紙の山羊皮の色(美しいピンク!)、挿絵も文章もすべて金子先生が手がけられました。
山羊革を取り寄せ、ショッキングピンクに染め、ドイツ、フランス、イタリアから3種類の用紙を選択、ケースのデザイン・仕様すべて、金子先生の美意識が詰まった夢のような特装本です。
挿絵と同じ12枚のリトグラフがセットになり、一枚は先生の手彩色でサイン入りです。

手に取って見させていただきましたが、あまりの素晴らしさにchirosuke涙目であります。
これは金子先生の作品です。
ここにあるのは100部の内の一冊で、KADOKAWAに注文する形になるそうです。
これはぜひ欲しい・・・けど身請け額が半端ないです。
chirosukeがんばって身請けいたしました。
数日後に届きます。
届いたらまたブログでご紹介しますね。

金子修さんとお会いできてお話しできたこと、chirosukeはとても嬉しく思います。
金子先生が残された素晴らしい作品たちと、美しいものを追い求めた生き方そのものを、chirosukeも心の糧にしていきたいと思います。
「不思議の国のアリス」の特装本、届くのが楽しみです

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。