英国ロイヤル・バレエ団 2016年日本公演 「ジゼル」


ジゼルchirosukeは、東京文化会館大ホールに英国ロイヤル・バレエ団2016年日本公演「ジゼル」を観に行ってまいりました。

2016年6月25日(土) 14:00~16:10
「ジゼル」 全2幕
上演時間:2時間10分
第一幕 55分
休憩 25分
第二幕 50分
座席はS席 1F 3列 上手ブロック
(25,000円)

振付:マリウス・プティパ(ジャン・コラーリ、ジュール・ペローに基づく)
演出・追加振付:ピーター・ライト
指揮: クーン・ケッセルズ
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

(出演)
ジゼル:サラ・ラム
アルブレヒト:スティーヴン・マックレー
ヒラリオン(森番):ヴァレンティノ・ズッケッティ

第1幕
ウィルフリード(アルブレヒトの従者):ケヴィン・エマートン
ベルタ(ジセルの母):クリステン・マクナリ―
クールラント公:トーマス・ホワイトヘッド
バチルド(その令嬢):オリヴィア・カウリー
狩りのリーダー:ジョナサン・ハウエルズ
パ・ド・シス:ヤスミン・ナグディ、マルセリーノ・サンベ
ロマニー・パイダク、デヴィッド・ドネリー
レティシア・ストック、ニコル・エドモンズ
村人、廷臣:英国ロイヤル・バレエ団

第2幕
ミルタ(ウィリの女王):ヘレン・クロフォード
モイナ(ミルタのお付き):エンマ・マグワイア
ズルマ(ミルタのお付き):メーガン・グレース・ヒンキス
ウィリたち: 英国ロイヤル・バレエ団

ロイヤル・バレエ団プログラム2016年・公演プログラム 2,000円

3年ぶりの英国ロイヤルバレエ団日本公演です。
前回の日本公演は「不思議の国のアリス」でした。
chirosukeは「不思議の国のアリス」ですっかり英国ロイヤルバレエ団のにわかファンになりました。
(「不思議の国のアリス」については2013年7月5日のブログをみてね)

今回のロイヤル・バレエ団公演は「ロミオとジュリエット」「ジゼル」の2作品です。
chirosukeは迷いました。
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」は本場英国ですから観たいし・・・ロマンティック・バレエの神髄と言われる「ジゼル」も観たい・・・。
でもチケット代が25,000円なので両方はとても無理。
悩んだあげく、コドモchirosukeが憧れたドレスみたいなロマンティック・チュチュのバレリーナさんを観たい、というわけでchirosuke全力の「ジゼル」であります。

chirosukeの感想は・・・
「ジゼル」素晴らしかったです!
ジゼルの踊り・演技にchirosukeは泣きました。

ジゼル1ジゼルを演じたのは、アリスを演じたサラ・ラムさんです。
前半のジゼルは、若くて、恋の喜びを全身で表現する溌剌とした愛らしい姿です。
転じて、恋人の裏切りを知った時の狂気の踊りは、凄まじいくらいでした。
観ていてとても辛くなり、ジゼルがかわいそうでなりません。
サラ・ラムさん、美しくて情感をこめた演技が素晴らしいです。
chirosukeはポロポロ泣いてしまいました。

身分を隠して村人になりすまし、ジゼルを騙していた伯爵アルブレヒトを演じたのは、アリスの時の「いかれ帽子屋」でおいしいところを殆ど持っていったスティーヴン・マックレーさんです。
アルブレヒトはとっても嫌な奴なのに嫌いになれないのは、スティーヴン・マックレーさんが演じたからなのかなぁ。
結果ジゼルを死なせてしまったけど、アルブレヒトの愛は本当だったのかと思わせる演技でした。
スティーブン・マックレーさんの美しさと、ジャンプ滞空時間の長さに驚きます。

2幕目、亡霊になったジゼルが邪悪な「ウィリ」という妖怪?たちからアルブレヒトを救おうとする姿は崇高でさえあります。
ここでもchirosukeは涙目であります。
死を超えても愛を貫くジゼルですが、やはりアルブレヒトの愛が真実だったからこその行動でしょう。
アルブレヒトを救ったジゼルの魂は、「ウィリ」の魔力からも解き放たれました。

ジゼル2「ウィリ」たちの群舞はとても美しいです。
この世のものではない妖しい美しさと哀しさがあります。
chirosukeは心の中で「アンタらも成仏しろよ・・・」と思いましたよ。

ロイヤル・バレエ団の「ジゼル」は素晴らしかったです。
カーテンコールも数回、chirosukeも思いきり拍手しました。
ロマンティック・チュチュのバレリーナさん、美しい姿でありました。

今回も「バレエは夢のように美しかった」です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。