泉寿庵の「涼嗜 黄橘(りょうすずみ きだち)


黄橘_1chirosukeは泉寿庵の「黄橘(きだち)」というお菓子をいただきました。

泉寿庵さんは昭和30年創業、兵庫県宝塚市の和菓子店だそうです。
冷やして食すお菓子のようですが、ずっしり重いです。
冷蔵庫でしばらく冷やしてからいただくことにしました。
いったいどんなお菓子なんでしょうか?

黄橘_2包装紙を解くと柚子の絵が美しい和紙のパッケージが出てきました。
そのなかは透明なプラスチックケースにはいった、葛もちみたいなお菓子です。

涼嗜(りょうすずみ)シリーズは吉野くずを使用した美しいお菓子です。
黄橘は夏季限定であります。
四国の天然柚子を使っているそうですよ。

柚子の淡い黄色が涼し気です。
chirosukeはこんなお菓子は初めてです~。
中身がケースの中にみっしり詰まっていて、とても柔らかいです。
どうやったら取り出すことができるのか悩んでしまうchirosukeであります・・・。

黄橘_3何とか取り出して切って並べてみました。

ふるふるした葛の柔らかさは、コドモchirosukeが好きだった、かたくり粉のおやつを思い出させます。

柚子がつぶつぶで入っています。
柚子の香りが爽やかで、酸っぱさがとてもおいしいお菓子でした。
黄橘(きだち)というネーミングも風流で良い感じであります。

夏季限定の涼し気なお菓子をありがとうです。
ごちそうさまでした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。