丸の内の「蔵人厨 ねのひ」で晩御飯


ねのひ_1chirosukeは東京丸の内オアゾ6Fにある「ねのひ」で晩御飯を食しました。

http://www.nenohi.com/

関西に住んでいた頃は、何度か西梅田にあった「ねのひ」に行ったことがありますが、数年前に大阪店は閉店、東京丸の内店だけになっていました。
chirosuke、数年ぶりの「ねのひ」であります。

ねのひ_5「ねのひ」は寛文5年創業の蔵元「盛田」直営のお店です。
作りたての豆味噌や醤油等を使用した旬のお料理をいただけます。
お高めなので度々は行けませんが、旬の食材を生かしたお料理は抜群においしいです。
日本酒に合うお料理なので、もちろん日本酒もおいしいです。

お通しは10種類以上の中からひとり一種類を選びます。
スタッフさんが大きいお盆に全種類を持ってきてくださるのですが、どれもおいしそうで迷います~。
chirosukeは「バイ貝」と「鮭とチーズ」をチョイス。
おいしい~!

お箸は「宮内庁御用達」でした。
フツーの割りばしと違って、使い易いような気分になります。
箸置きは長崎のビードロでした。
これも演出でありますね・・・。

ねのひ_2お酒は純米酒と木桶仕込みをいただきました。
おいしいお料理に合わせて少しいただく日本酒はおいしいです。

「クレソンのサラダ」です。
これはお席に運ばれて来た時、スタッフさんが「かつお節削り器」も一緒に持ってきます。
で、目の前でシャカシャカと鰹節を削って、削りたての削り鰹を引き出しからからふわっとクレソンにかけてくれます。
この演出にはchirosukeちょっとびっくり~。
昔はchirosu家にも「かつお節削り器」がありましたが懐かしい・・・。

クレソンはゴマ油で味付けされていてとてもおいしいです。
クレソン独特のピリッとした苦みも少ないです。

ねのひ_3「新玉葱のお造り」です。

お店の方曰く、「新玉葱を蒸しただけです」って・・・。
なんでこんなに甘くておいしいの!
「蒸すことで甘みが逃げないんですよ」ですって。

お店と一緒のものはできないと思いますが、これは一度お家でチャレンジしてみましょう。
添えられたお味噌、別添えの辛子も玉葱に良く合います。

ねのひ_4「新じゃがの煮ころがし」です。

ただの「煮ころがし」です。
めちゃうまです。
「ねのひ」さんは野菜そのものの味を引き出しています。
大阪店の時も、トマト丸ごとのスープ煮とか、ニンニクの丸揚げなどおいしかったのを覚えています。
chirosukeは野菜も好きなのでおいしくいただきました。

新玉葱も新じゃがも、旬のものはそれだけでおいしいですね。

ねのひ_6「いかの一夜干し」です。

イカもおいしいのですが、chirosukeは染付の四角い器も気に入りました。
紙ナプキンには旬のタケノコの絵入りです。
こういう細かい設えも含めて「ねのひ」で食事をするのは楽しいです。
お料理を引き立てる演出は良い感じで、少しお高めでも納得できます。
もちろん、お料理がおいしいのは大前提であります。

「いわしの丸干し」も「赤鶏手羽先」もおいしかったです。
ここでchirosuke気が付きました。
一品の量が普通で二人前、それ以上のお料理もあります。
これは思ったよりお腹いっぱいかも・・・。

日本酒の入った「サケ八朔サワー」をおいしくいただきつつ、「鯖の味噌煮」を食しておりました。
chirosukeの知っている味噌煮とちょっと違うおいしさでありました。
このお味噌だけでご飯がどんどんいけそうです。
「赤鶏の卵焼き」で結構満足してきたchirosukeでしたが、最後にもう一品を注文しました。

ねのひ_7「薩摩芋の天ぷら」です。

わかっていたんです。
量が多いことは・・・。
でも甘くてとてもおいしい天ぷらはもはやデザートであります。

残すのはほんともったいない。
しかも「持って帰るので包んでください」とは言えないchirosuke。
(それは・・・どこのお店でも言えないと思うが・・・chirosukeよ!)
リタイアしたお友達の分もしっかりいただきました。
「腹八分」というコトバは丸の内の夜景に溶けていきました・・・。

ねのひ数年ぶりの「ねのひ」、おいしいお料理とお酒をいただいて大満足のchirosukeでありました。
ちょっと贅沢な晩御飯、ごちそうさまでした!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。