「生誕300年記念 若冲展」 東京都美術館


若冲展2016上野の東京都美術館で、待ちに待った「生誕300年記念 若冲展」が始まりました!
開催期間は一カ月足らず、ゴールデンウイークは大混雑が予想されます。
若冲大好きchirosukeは、前売り券を身請けして、休暇を利用して初日に行ってまいりました。

「生誕300年記念 若冲展」
会期:2016年4月22日(金)~5月24日(火)
※休室日 4月25日(月)、5月9日(月)
開館時間:9:30~17:30
※毎週金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
(入館は閉館の30分前まで)
入場料:一般 1,600円
東京都美術館

http://jakuchu2016.jp/

若冲展2016初日chirosukeは、初日9時過ぎに上野駅に付きました。

東京都美術館前には既に行列ができていました。
(皆さん、平日ですよ・・・!)
写真は9:17頃の行列の様子です。

9:30の開館時間ですが入場までに15分くらい並びました。
TVカメラの取材も来ていました。
若冲人気ですね。
お天気が良く、日向は日差しが強くて少し眩しかったです。

chirosukeの感想は・・・
若冲、やっばりすごい!!です。
伊藤若冲(1716-1800)の生誕300年を記念して、初期から晩年までの代表作約80点が展示されています。
どの作品も素晴らしくて、chirosukeが何度か観た作品もありました。

「動植綵絵」全30幅は「釈迦三尊図」(絹本着色、三幅対)と共に、両親と弟、そして若冲自身の永代供養を願って京都の相国寺に寄進されたといいます。
「動植綵絵」の名前は、この時若冲自身が書いた寄進状の中に記されていました。
その後時を経て、「釈迦三尊図」は相国寺に残り、「動植綵絵」は宮内庁三の丸尚蔵館に所蔵となりました。

「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅(宮内庁三の丸尚蔵館)が東京で一堂に会すのは初めてなんですって。
chirosukeは2007年に京都の相国寺で、里帰りした釈迦三尊像と動植綵絵全30幅を観ています。
あの時は足が震えるんじゃないかと思うくらいの衝撃でした。
生き物の姿が華やかに、愛らしく、美しく描かれ、荒々しいくらいの「生きる命」の姿は、怖ろしささえ感じるほどの美しさでした。

今回も「動植綵絵」には感動で涙目になりました。
緻密さと大胆さが入り混じった素晴らしい絵の力に圧倒されます。
何度観ても「動植綵絵」は素晴らしすぎで、なんで江戸時代にこんな作品が描けたのか不思議でなりません。
若冲作品の様々な研究が進んでいてTV番組でも紹介されていますが、画法、絵の具の使いかた等当時では類をみない超絶技法が判明してきています。
人の目で認識できる色の範囲を超えた部分まで描き込まれているというのですから、まさに時空超えであります。

そして83年ぶりに発見された作品、「孔雀鳳凰図」が展示されています!
孔雀図、鳳凰図ともに何という鮮やかさでしょう。
若冲が「動植綵絵」に先駆けて描いた作品と思われる作品です。
83年間どこに眠っていたんでしょう。
どうやって見つけたんでしょう。
今回も「岡田美術館」が所有されています。
岡田美術館よ、そのあたりのお話は「オトナの事情」でありますか・・・。

思いがけなく、chirosukeの大好きな「百犬図」もありました!
「個人蔵」のこの作品、2009年に滋賀県のMIHO MUSEUMで観て以来7年ぶりであります。
chirosukeと目があったかわいい犬たちよ、元気でありましたか?
ここでまた会えたのはとても嬉しい!

若冲展2016図録大混雑の中、素晴らしい若冲の世界にクラクラしそうになりつつ、お約束のミュージアムショップでは図録を身請けです。

・公式図録 3,000円(税込)
A4変形判 327ページ
若冲展出品作全89点がこの1冊に収録されています。

chirosukeは若冲展に行く度、図録を身請けしていますが毎回図録は外せません。
画集もいろいろありましたが、既にchirosukeは小学館からでている大型本「伊藤若冲大全」を持っています。
本はガマンであります。

初日だったこともあり、レジは長蛇の列でした。
レジの担当の人たちが慣れていないうえ、カード決済の機械の1台のみという状況で混乱していたみたいです。
支払だけで40分くらいかかりました。
後でわかりましたが、会場外の特設売り場、東京都美術館のミュージアムショップでも図録は販売しています。
図録だけなら会場外での身請けをお勧めします。

若冲展2016グッズchirosukeが身請けした図録以外のグッズです。

・A4 ダブルクリアファイル(動植綵絵) 600円(税込)
・A5 ダブルクリアファイル(群鶏図) 400円(税込)
・一筆箋 600円(税込)
・絵葉書(百犬図) 150円(税込)

他にもトートバッグなど素敵なものがありました。

「生誕300年記念 若冲展」 、混雑を覚悟で観る価値ありの展覧会です。
若冲の「宇宙」を体感できる素晴らしい機会であります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。