カネテツデリカフーズ「ネルサイユ宮殿の献上品 パン・ド・ほぼカニ他」


マリー・アントワ・てっちゃんカネテツデリカフーズの「ネルサイユ宮殿」からの献上品、今回は「惣菜パン」であります。

http://www.nerusailles.com/

ネルサイユ宮殿では「惣菜パン」「調理パン」などという無粋な言い方はしないのですね。
それぞれに、もったいぶったこじゃれたネーミングがついております。

ネルサイユ宮殿の朝食やランチで食されているらしいです・・・。
カネテツさんいったいどこまで行くんでしょうか。
きっと関西人のお約束「誰か止めてやれや!」まで攻めていくのでありましょう。
そんなカネテツさんの企業姿勢、chirosukeは応援したいです。

パン・ド・ほぼカニ「パン・ド・ほぼカニ」です。

chirosukeは「ほぼカニ・・・!!」と思わず「ぷっ・・!」と笑ってしまいました。
ほぼカニって、カネテツデリカフーズの「カニかまぼこ」の商品名みたいです。

http://www.kanetetsu.com/hobokani/hobokani.html

※カニではありません、と潔く認めながらも「カニがくやしがる」というキャッチフレーズであります。
カネテツさん、すでに「ほぼカニ」がじわりときます。

「パン・ド・ほぼカニ」は、バター・ガーリック・ハーブで炒めた「ほぼカニ」を、パンにはさんだものです。
chirosukeはカニかまが結構好きです。
「パン・ド・ほぼカニ」にはカニかまがたっぷり挟まっています。
たっぷりどころか、これ見よがしです。
chirosukeが数えたら7本挟まっておりました。

カニを使わずに、あくまでカニにどこまで近づけるかに全力投球のカネテツさんの気概を感じます。
おいしいです。
「ほぼカニ」が・・・!

パン・ド・ほぼカニポテサラ「パン・ド・ほぼカニポテサラ」です。
新商品らしいです。

「パン・ド・ほぼカニ」にポテトサラダがプラス挟まっております。
お惣菜度アップです。
何といいますか・・・おかずっぽいですね。
カニかまぼことポテトサラダとパンを食している感じです。
(だからパン・ド・ほぼカニポテサラだ・・・chirosukeよ!)

「カニかま」って、パンに合うんだなぁと発見したchirosukeであります。

チクワッサン「チクワッサン」です。
そうです、クロワッサンの中にちくわが入っています!
っていうか、チクワの周りにクロワッサンが巻いてあると表現した方が良いでしょうか。

ちくわの中にわさびマヨネーズが入っています。
これ、おいしいです。
一抹の悔しさを感じてしまいますが、おいしいです。
この悔しさは「カネテツにやられてしまった、しかもちくわに!」という、説明しようのない感情であります。
「chirosukeだったらもっと別のもので笑いをとったのに!」という関西人特有の感情かも知れません。
(笑いじゃなく、味だろうが・・・chirosukeよ!)

今回も「マリー・アントワ・てっちゃん」のなんちゃってエレガントにやられてしまったchirosukeであります。
(ネルサイユ宮殿の献上品第1弾・第2弾についてはについては2月3日2月29日のブログをみてね)

やはり「ネルサイユ宮殿」恐るべしであります。
ごちそうさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。