フランスアンティーク 「シャトレーンのバッグ」


シャトレーン_1フランスアンティーク 「シャトレーン」についていたバッグです。

サイズ
幅:12.5㎝ 奥行:7.5㎝ 高さ:3㎝

シャトレーンとは、18~19世紀頃に流行した装身具で、元々は「高貴な女主人」という意味なんですって。
転じて、貴族の女性が身の回り品を携帯するために腰ベルトから鎖で下げていた、チェーンストラップのことです。
懐中時計やピルケース、裁縫道具、筆記具、ナイフ・鏡などが付いているのだそうです。

このバッグは中央部分が膨らんだ優雅な形です。
表面には細かい細工模様が施されて、シンブルだけど美しいです。
チェーンも付いています。
chirosukeはシャトレーンを知りませんでしたが、アンティークって素敵だなぁ。

シャトレーン_2開いたところ。
きれいなブルーの布張りです。

保存状態も中々良いです。
このバッグには何を入れてたんでしょうか?
どんな貴婦人が使っていたのかなぁ・・・。
想像すると楽しくなります。
時間と場所と人の手を経てchirosukeの手元にやってきた珍しいアンティークです。

昔々、遠い異国のお姫様が持っていたかも知れないシャトレーンの一部分が、一般人chirosukeの手元にあるのが不思議であります。
とりあえず「五円玉」ひとつ入れときましょうか。
(どうしようもない一般人だな・・・chirosukeよ!)

シャトレーンのバッグ、大切にしたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。