「菓匠 花見」 7月の和菓子


水牡丹東武百貨店のスイーツ売り場にある「菓匠 花見」の7月の和菓子です。

「水牡丹(みずぼたん)」

chirosukeはピンク色が好きなので、このお菓子をショーケースの中に見つけた時から狙っておりました。
桃色の寒天に包まれた白餡はラズベリー風味です。
涼しげでかわいい和菓子です。

鬼灯「鬼灯(ほおずき)」

求肥でつくられた美しいお餅の中は白餡です。
小枝の部分はほうじ茶が使われています。
ほおずきの愛らしい形と何とも言えない色が見事です。

食用ほおずきというのもあるみたいですが、もともとほおずきって鑑賞用でしょうか。
夏の風物詩であります。
漢字の「鬼灯」って「小さな赤い提灯」の意味だそうです。
ガクに包まれた朱色の果実は愛らしいです。

コドモchirosukeは夏の縁日で見かけるほおずきが、きれいだけど何だか不思議でなりませんでした。
chirosuke母が、コドモの頃ほおずきで遊んだと言ってたのに驚いた記憶があります。
ほおずきの実を、やぶらないように根気よくやわらかくなるまでもんで、穴から中身を出すそうです。
きれいに洗い、穴を外に向け口にくわえ、音を鳴らして遊ぶとのこと・・・。
そんな話を聞かせてくれるchirosuke母はとても楽しそうでした。
コドモchirosukeの夏の日の遠い記憶であります。

金魚鉢「金魚鉢」

これはかわいい!
金魚大好きchirosukeはうっとりであります。
透明な葛でできた金魚鉢はガラスみたいです。

中の金魚は、小麦粉を混ぜた餡でできているとお店の人に聞きました。
chirosukeは最初「・・・タコさんウィンナー??」とも思いましたが、金魚であります!

菓匠 花見さんの和菓子は、ほんとに美しくて楽しいです。
どれもひとつ324円(税込)
おいしくいただきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。