「御菓子司 鶴屋八幡」の文月(七月)の和菓子


夏もも東武百貨店の和菓子売場、鶴屋八幡さんの文月(7月)のお菓子を身請けしてまいりました。

「夏もも」
310円(税別) 

白い求肥の中は黄身餡です。
ほんのり色づくまさに「桃色」が美しい~!
少し黄色味を帯びたところまで桃そのものであります。

夏祭り「夏祭り」
330円(税別)

寒天でてきた四角い錦玉羹(きんぎょくかん)中に浮かぶピンクや黄色のきれいな円。
これって花火でしょうか。
花日大会の縁日の雰囲気が思い出されるみたい。

夏の錦玉羹のお菓子は見た目も涼し気であります。

三重餡白薯蕷_1「三重餡入 白薯蕷饅頭」
440円(税別)

限定品の白薯蕷饅頭です。
chirosukeは最初観た時「三重餡」を「三重県のみえ」と勘違いしてしまい、「三重県のあんこって何だろう?」と思ってしまいました。
(勘違いひどいぞ・・・chirosukeよ)
三つの層のあんこですね・・・。

ぱっと見はとても地味なお饅頭ですが・・・。

三重餡白薯蕷_2和菓子は出来上がった形そのものが美しいというのがchirosukeの自論であります。
なので、基本的にお菓子を割ったり切ったりした写真は紹介していないのですが、このお饅頭は中身を見ないとね~。

じゃじゃ~ん!
どうですか、すごくきれいであります!
三重餡です。

冷たく冷やした緑茶でいただきました。
おいしかったです。

夏を感じる美しくてかわいい和菓子にchirosukeは嬉しくなってしまいます。
日本に四季があってよかったなぁ~。
鶴屋八幡さん、ごちそうさまでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。