「人間の最も忠実なる友・人間の最も古くからの友 いぬ・犬・イヌ 展」 松濤美術館


inuinu_x日曜日、chirosukeは渋谷の松濤美術館に「いぬ・犬・イヌ展」を観に行ってまいりました。

渋谷区立松濤美術館
「人間の最も忠実なる友・人間の最も古くからの友 いぬ・犬・イヌ展 」
会期:2015年4月7日(火)~5月24日(日)
開館時間:午前10時~午後6時
※入館は午後5時30分まで
入館料:一般 1,000円

chirosukeは松濤美術館は初めてです。
渋谷区松濤の住宅街にある区立美術館です。
各路線渋谷駅から徒歩15分ですが、chirosukeは渋谷駅から東急百貨店までのシャトルバス(無料)を利用しました。
東急百貨店からは徒歩6分程度ですね。

犬好きchirosuke、この展覧会は狙っていましたが、いつものようにぐずぐずしていて、とうとう最終日であります。
埴輪に始まり、近世・近代・現代の画家や彫刻家により描かれつくられてきた犬作品90点が公開されています。
(会期中一部入れ替え有り)

犬が主役に描かれたものだけでなく、さりげなく犬の姿が描かれているもの様々でした。
chirosukeの感想は・・・
やっばり犬はかわいい!!

現代の作家さんの絵も良いのですが、chirosukeはやはり江戸時代の「ころころ犬ビーム」にやられました。
長澤蘆雪の「一笑図」に描かれた子供と仔犬たちは、とても微笑ましいです。
同時に、仔犬も子供も、その無邪気で愛らしい姿が一時のものであるが故の輝きがあると思います。
蘆雪の別の「一笑図」は2013年の「ファインバークコレクション」でも観ていますが、今回の「一笑図」は犬と子供が屈託なく転げまわっている素晴らしい絵でした。

そして丸山応挙の「十二支図ノ中 菊狗子図」のころころ犬ビームは最強でありました。
5匹もいるんですぅ~仔犬が!
かわいすぎるぞ、応挙犬!

明治時代になってから描かれた仔犬たちも、応挙が確立した愛らしい仔犬絵の流れを汲んでいるようでchirosukeはとてもかわいいと思いました。
日本人の描く「カワイイ」ってほんとに素敵です。
何といっても犬が好き、という情感が溢れていて犬好きにはたまりませんね。

竹内栖鳳さんの絵もchirosukeは観たいと思っていたのですが、今回いくつかの作品を観ることができました。
「百騒一睡」は四曲一双の屏風に描かれた大作です。
右隻には洋犬の親子犬と4羽の雀。
左隻には、刈田に落ちたおコメを求めて集まる雀の群れが描かれています。
目を閉じてウトウトしている母犬のそばでは、3匹の仔犬が無邪気に遊んでおります。
ころころ犬ビームです。
雀たちの群れから騒々しい囀りが聴こえてくるようです。
chirosuke、雀さんを数えましたが藁の下に潜っている雀や、群がって雀団子状になったのもあり、正確に数はわかりませんがざっと100羽いたようであります。
(いちいち数えるな、chirosukeよ・・・!)

犬も人も一生の中で「子供」であったり「仔犬」であったりする期間は本当にわずかです。
その一瞬の姿を絵に留め置く、多くの画家さんがいるのですね。
沢山の犬の姿に、犬大好きchirosukeは感動しました。
見応えのある展覧会でありました。

inuzurokuお約束のミュージアムショップでは図録のみ身請けしました。

図録:1,500円(税込)

図録は在庫些少とのことでしたが身請けできてよかったです。
ホールに特設売り場のようなスペースがあって、図録の他に中村芳中の犬のメモパッドやチケットホルダー等がありました。
ポストカードは特別展示の現代画家さんの絵だけでした。
長澤蘆雪や竹内栖鳳のポストカードがあったら欲しかったんですが・・・。

疲れた時等は、この図録を開いて「ころころ犬ビーム」にやられたいと思います~。

chirosuke1愛犬の写真を印刷して持参すると会場に貼ってくれて、入館料が200円引きになるという松濤美術館の粋な計らいがありました。

chirosukeも数年前まで家族だった子の写真を持っていきました。
最終日でしたがちゃんと貼ってくれましたよ~。
沢山の愛され犬たちの写真がありました。

犬の寿命は人よりずっと短いです。
14年間、chirosukeの家族として過ごした子です。
最高のころころ犬ビームであります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。