chirosuke旅行に行く「軽井沢・お土産 編」


murasakidamimarumonchirosukeが源右衛門窯軽井沢店で身請けしてきた湯呑であります。

「紫濃丸文湯呑(むらさきだみまるもんゆのみ)」
直径:8㎝ 高さ:8.5㎝ 
身請け額:10,000円→7,000円(税別)

源右衛門窯ではあまり見かけない、色変わり湯呑です。
淡い紫色は一目で気に入りました。
chirosukeはピンクだと思っていました・・・。

このシリーズは5色展開で飯碗もあります。
全色は揃っていませんでしたが、chirosukeの一番好きな色が身請けできて嬉しいです。

一回り大きいのでは、柄も違っていますが焼酎杯もありました。
紫は湯呑だけです。
フリーカップとしても使えるし、でこぼこした手触りが持ちやすいです。
源右衛門窯ならではの手描きの大胆な筆遣いがきれいです。
「くぼみ」は、ろくろ師さんがが一つ一つ指で押しながら成形したものだそうです。
手作り感いっぱいの湯呑、毎日使いたいと思います。

sawaya1「沢屋」のジャムや瓶詰めです。
http://www.sawaya-jam.com/

素材も加工もすべて「国産」にこだわってつくっています。
スーパーで売っているジャムと比較すると身請け額もお高いですが、納得できるお味です。
すごくおいしい!
これがジャムならば、今までchirosukeが食していたジャムっていったい・・・と思うくらいのおいしさです。
今までも時々国内の農場さんから「手作りジャム」をお取り寄せをしたこともありますが、沢屋さんのは別格です。
ペクチン(ゲル化剤)を使用していないので、フルーツそのままの味です。
材料は果物とお砂糖だけ!
なので、開栓後は冷蔵庫でも2週間が目安です。

ストロベリージャムは圧巻です。イチゴの形そのまま!
スプーンですくったら煮詰まったイチゴがまるまるです。
パンにつける時は潰さないといけません。
もったいないような気持ちです。
ヨーグルトに入れて食すのがいいみたいですね~。
これ、そのままおやつになるんじゃない?

紅玉リンゴもおいしい!
リンゴをすりおろしたような食感です。
これをジャムというのでしょうか。
すりおろしリンゴの瓶詰めみたいです。

キウィもザク切りした形がゴロゴロです。
すっぱくてキウィそのものの味~。

サイズはSサイズ(125g)
・ストロベリージャム 630円(税別)
・紅玉リンゴジャム 430円(税別)
・キウィフルーツジャム 380円(税別)

sawaya2ママレードです。
オレンジは国産のネーブルオレンジを使用。

chirosukeはレモンママレードを食しました。
うう・・・おいしい!
食感、酸味、ほろ苦さ、爽やかさ、レモンのすべてが瓶に詰まっています。

サイズはSサイズ(125g)
・オレンジママレード 430円(税別)
・レモンママレード 430円(税別)

sawaya3おいしそうだったので、小梅漬けときゃべつピクルスも身請けしました。

・きゃべつピクルス(125g) 470円(税別)
・小梅漬け(150g) 450円(税別)

きゃべつピクルスはとてもchirosuke好みの味でした。
おいしいです!
これは大きい瓶にすべきでした!

沢屋さんのジャム、瓶詰め、とてもおいしいです。
店舗は軽井沢だけみたいですが、通販もあるのでchirosukeリビート身請けします。
国産の旬の材料使用なので、つくる量に制限があるため品切れもあるそうです。

とてもおいしいジャムを教えてくれたNさん、ありがとうです!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。