「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」 サントリー美術館


若冲と蕪村chirosukeはサントリー美術館に「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」を観に行ってまいりました。

サントリー美術館
「生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
会期:2015年3月18日(水)~5月10日(日)
開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※5月3日(日・祝)、4日(月・祝)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日
※5月5日(火・祝)は20時まで開館
入館料:一般 1,300円
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_2/index.html

開館時間ちょっと過ぎに美術館に着いたのですが、入場に100人程度が並んでいてchirosukeはびっくりです。
中も結構混雑でした。

会期中展示入れ替えが6回ありました。
chirosukeは最終分のみ観ました。
入れ替えで見逃した作品が多かったのが残念ですが、オカネと時間の制限があるので仕方ないですね。

展覧会は6章で構成されています。
・第1章 京都ルネッサンス
・第2章 出発:40歳まで
・第3章 画風の確立:40代から50代にかけて
・第4章 新たな表現への挑戦
・第5章 中国・朝鮮絵画からの影響
・第6章 若冲・蕪村クロスロード:交差する交友関係

chirosukeの感想は・・・
とても見応えがある展覧会でした。
正徳6年(1716)に誕生した、伊藤若冲さんと与謝蕪村さんです。
(同年には尾形光琳さんがが亡くなっています)
二人ともすごいなぁ。

若冲と蕪村の直接の交友関係を示す作品や資料は確認されていないとのことですが、どっちも天才!
chirosukeは若冲の絵が好きですが、蕪村の絵の中にも好きなのがありました。

若冲と蕪村図録chirosukeはお約束のミュージアムショップで図録とクリアファイル、絵葉書を身請けしました。

図録:3,000円(税込)
A4クリアファイル:310円(税込)
三つ折りクリアファイル:324円(税込)
絵葉書:100円(税込)

見逃した若冲はせめて図録で観ることにしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。