映画 「シンデレラ」+「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」 (字幕版)


Cinderella_2お仕事帰りに映画「シンデレラ」を観てまいりました。
板橋のイオンシネマ、ハッピーマンデーでお安く鑑賞です。

「CINDERELLA」
製作年:2015年
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
監督:ケネス・ブラナー
上映時間 105分
http://www.disney.co.jp/movie/cinderella.html

【キャスト】
エラ/シンデレラ:リリー・ジェームズ
継母:ケイト・ブランシェット
フェアリー・ゴッドマザー:ヘレナ・ボナム=カーター
王子/キット:リチャード・マッデン
ドリゼラ:ソフィー・マクシェラ
アナスタシア:ホリデイ・グレインジャー
王:デレク・ジャコビ
キャプテン(大尉):ノンソー・アノジー
大公:ステラン・スカルスガルド
エラの父:ベン・チャップリン
エラの母:ヘイリー・アトウェル

chirosukeの感想は・・・
久々に文句なく面白いファンタジー映画を観ました。
この作品はとても楽しいです。
まず、主役シンデレラを演じる女優さん(リリー・ジェームズ)がかわいくて結構強くて良い感じでした。
シンデレラの継母はケイト・ブランシェットさん。
この人はすごい。
さすがオスカー女優さんです。
迫力あるなぁ。

フェアリー・ゴッドマザーは、いかにもといういでたちで、やや暴走気味の演技にchirosukeはちょっと驚きました。
ここ、笑うとこ?
あとで気が付きましたが、演じていたのはヘレナ・ボナム=カーターさんです。
やはり只者ではなかったです。

シンデレラを虐める上の姉、ドリゼラをソフィー・マクシェラさんが演じていたのもびっくりのchirosuke。
ダウントン・アビーのキッチンで料理長助手を務める、いつも健気なデイジーがこんな役を!
どんなに着飾っても漂う下品さと軽薄さをとても巧く演じていました。
これから厨房のデイジーを見る目が変わりそうなchirosukeであります。

先日観た「イントゥ・ザ・ウッズ」にでてきたシンデレラの継母と娘二人とは違った雰囲気です。
(「イントゥ・ザ・ウッズ」については2015年3月23日のブログをみてね)
王子様もまともで良かった・・・。

「シンデレラ」で一番chirosukeが特に感激したところはふたつ。
まずカボチャが馬車に変わる場面です。
これは、コドモchirosukeがずっと思い描いていた「カボチャ→馬車」の変化を、本当に納得できる映像で表現していました。
ディズニーのアニメ以前に、本の「シンデレラ姫」を読んで、魔法でカボチャが馬車になる?とわくわくして想像していたコドモchirosukeが観たら「魔法ってすごい~!」と拍手するでしょうね。
ある意味ベタなCGなのかも知れませんが、子供の想像力を見事に補完する映像でした。

もうひとつは、継母がシンデレラを虐める本当の理由を感情吐露する場面です。
その理由は意外なほどシンプルかつ根深い・・・。
だからと言ってシンデレラを虐める正当な理由なんて無いんですが、継母にも感情があるんだなぁと納得してしまったchirosukeであります。

美しい映像と、原作のおとぎ話の良さ(毒も含め)を損なうことないアレンジ。
わくわくドキドキのとても楽しい「シンデレラ」でした。
トカゲがとても良い奴でchirosuke、ぐっときました。

同時上映の短編アニメーション映画「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」も楽しめました。
「アナと雪の女王」を観ている人だったら思わず両手をグーにすることでありましょう。
chirosukeは今回「字幕」で観ましたが「エルサのサプライズ」は是非日本語吹き替えでも観たいなぁ。
そうなるとシンデレラも「吹き替え」になるので、こちらはコワいもの観たさ・・・です。

現時点で言えることは、シンデレラ「字幕版」はとってもお勧めであります!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。