「進撃の講談社文庫 100冊」フェアでマスクケース


shingeki100_2015

今年も講談社文庫のフェア「進撃の講談社文庫 100冊」が始まっております。
対象の文庫100冊の中で2冊身請けごとに「マスクケース」がひとつもらえます。

去年のフェアは1冊身請けでマグネットがひとつでしたが、今回は2冊でマスクケースがひとつです。
(去年の「進撃の講談社文庫」については2014年4月18日のブログをみてね)

対象作品には帯が付いていますから間違えないでね。
対象作品100冊は講談社のHPで確認できます。
http://kodanshabunko.com/fair.html

マスクケースは4種類。(リヴァイ兵長・寄生獣のミギー・ミッフィーちゃん・講談社文庫オリジナル)
無くなり次第終了です。
chirosukeは当然「リヴァイ兵長」狙いであります!

フェアが始まって約一週間経過、大きい書店だともしかして「リヴァイ兵長」は無くなっているかも・・・。
chirosukeは会社の最寄り駅前にある小さな書店に狙いを定めて、お仕事帰りに行ってまいりました。
まずレジでアルバイト風のお姉さんに「講談社文庫のフェア、やってますか?」
お姉さんは何のことかわかんないようで、奥に店長のおじさんを呼びに行きました。

店長さん「ああ、講談社のね。やってますよ。」
chirosuke「リヴァイ兵長はまだありますか?」
店長さんがバイトのお姉さんに「後ろの箱だして」と指示。
店長さん「まだ4種類ともあるねぇ」
chirosuke「じゃ本選んできます」
店長さん「ああ、対象の本はあの黒いラックの中ですよ」
chirosuke「・・・!!」

黒いラック・・・しょぼいですぅ。
20冊くらいしかありません。
100冊じゃないの??
chirosuke涙目であります。
確か去年も少ない中から選んだよなぁ・・・。
今回もキツイ選択でありました。

shingekimaskchirosukeは、やっとの思いで京極夏彦さんのと、伊坂幸太郎さん、角田光代さん作品ともう一冊、合計4冊を身請けであります。
これも「リヴァイ兵長のマスクケース」の為であります。

chirosuke、無事リヴァイ兵長マスクケースを2枚ゲットです~。

イラストは「FRaU (フラウ) 8月号」の表紙になった時の、あの「読書するリヴァイ兵長」です。
(FRaU (フラウ) 8月号については2014年7月12日のブログをみてね)

マスクケース4マスクを入れるとこんな感じ~。

横長で上辺が開いているクリアファイルみたいなものです。
マスクが一枚付いています。

マスクを使用していて、外した時に保管しておくケースです。
使用中のマスクをここに入れておけば衛生的だし、クシャッとならずにすみます。

マスクケース2マスクケースの裏側です。
「進撃の講談社文庫100冊」の文字がシンプルで良いですね~。

マスクケースですから、市販のマスクがぴったり入る大きさです。

この大きさならチケットフォルダーとしても使えそうです。
「使い方はご自由ですが・・・」って説明書にも書いてるし~。

マスクケース_1何と「実用新案登録」であります。
素材はポリプロピレン、しっかり「抗菌」です。

大同紙工印刷株式会社・・・chirosuke、調べてみました。
名古屋が本社の会社です。
http://ddsp.jp/

お給料日前の約3,500円の出費はちょっと厳しかったですが、リヴァイ兵長のマスクケースに大満足のchirosukeであります。
お高いマスクケース、使うのだろうな、ちゃんとマスクを入れるのだろうな、chirosukeよ・・・!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。