「TOKYOMILK(トウキョウミルク)」のソープ


tokyomijk2chirosukeはとても美しいパッケージの石鹸を見つけました。

「TOKYOMILK(トウキョウミルク)」というブランド名が何だか怪しくって良い感じ~。
マーゴット・エリーナさんというクリエイター&デザイナーさんが創りだすちょっぴり不思議な世界です。

TOKYOMILKというブランド名ですがアメリカ製の輸入品です。
ソープの他には香水とかリップバーム等があります。
「ベジタブルベースの素地にシアバター(保湿成分)を配合した、質の高いトリプルミルド製法の美しい石鹸」とのことですが、chirosukeはパッケージがきれいだから・・・の身請けであります!

「ミニソープ」
身請け額:1,500円(税別)
内容量:105g(35g×3個入り)

「ソープ」
身請け額:2,000円(税別)
内容量 : 229g
サイズ : W100mm×D60mm×H43mm
・TOKYOMILK(トウキョウミルク)ソープ バード No.82
 No.82:グリーンアップル、ジャパニーズバンブー、ジャスミン、シダーウッド、ベティバー
・TOKYOMILK(トウキョウミルク)ソープ ローズフラワー No.12
・TOKYOMILK(トウキョウミルク)ソープ ホワイトフラワー No.12
 No.12:シトラス、ローズウッド、ミモザ、マンダリン

トリさんやマリー・アントワネットの絵がとても美しい~!

tokyomilk_3早速この石鹸を使ってみました。
・TOKYOMILK(トウキョウミルク)ソープ イエローフラワー No.12
 No.12:シトラス、ローズウッド、ミモザ、マンダリン
ナンバーが同じだと、香りも同じです。

chirosukeが愛用しているロクシタンのソープが1個100gで700円(税別)、デルベのソープも同じく100gで700円(税別)ですからTOKYOMILKはお高めですね。

tokyomijk1パッケージは美しいですが、中身は白い普通の石鹸です。
アルファベットのレリーフは使うとすぐに消えてしまいます。

この石鹸、大きい!
手で持ってタオルにすりすりしていると、昔懐かしの固形の洗濯石鹸を使っているような感じであります・・・。

香りはそんなに強くなくて、ほんのりお花の香りです。
とても細かくてクリームみたいに泡立ちます。
流した後は香りはほとんど残りません。
しっかり石鹸で洗った感があるので、お風呂あがりはボディクリームなどで保湿するのがいいかも。
大きいのでソープトレイに収まりきれません・・・!
お風呂場に置いてても溶けにくいのは良いかな。

chirosukeはいろんな石鹸を使いますが、牛乳石鹸も好きです。
時々、牛の絵のついた赤箱を身請けして使いますが、あのシンプルな石鹸の香りも好きです。
昭和の香りです。
コドモchirosuke時代はお風呂場で使うのは牛乳石鹸ばかりでしたね~。

「TOKYOMILK」、パッケージが素敵なのでマルであります。
お風呂タイムが楽しくなるのは嬉しいです~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。