舞台 「プルートゥ PLUTO」 


プルートゥchirosukeの今年初めての舞台「プルートゥ PLUTO」を観に行ってまいりました。

「プルートゥ PLUTO」
2015年1月10日(土) 17:00~
上演時間:
【1幕】1時間15分
(休憩 15分)
【2幕】1時間25分
合計 2時間 55分

Bunkamura シアターコクーン
座席はS席 1F D列 (下手寄り)
10,500円

原作:浦沢直樹×手塚治虫
    長崎尚志プロデュース
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
監修:手塚 眞
協力:手塚プロダクション

出演 :
アトム:森山未來
ウラン/ヘレナ:永作博美
天満博士/ プラウ1589 :柄本 明
お茶ノ水博士/Dr.ルーズベルト(声):吉見一豊
アブラー博士/刑事(声):松重 豊
ゲジヒト:寺脇康文

chirosukeの感想は・・・
森山未來さんの身体能力がすごすぎる!
一昨年観た「100万回生きたねこ」でもすごかったんですが、さらにパワーアップしています。

(「100万回生きたねこ」については2013年1月13日のブログをみてね)

この1年、文化庁の文化交流使として単身イスラエルに渡り、現地のダンスカンパニーで修業してこられた森山未來さんの演技は素晴らしかったです。

chirosukeは「鉄腕アトム」は当然知っていますが浦沢さんの原作漫画「プルートゥ PLUTO」は読んでいません。
この舞台は、まんま浦沢さんの漫画「プルートゥ PLUTO」を舞台化していました。
「プルートゥ PLUTO」の舞台化じゃないですよ、”漫画”「プルートゥ PLUTO」の舞台化です。
漫画のコマ割りのようなパネルに浦沢さんの絵が投影されます。
キャラクターの顔だったり、中東の街並みだったり、花畑だったり、爆撃シーンだったり・・・。
シルエットで投影される通行人や雨等の効果は面白いと思いました。

ロボットも出てきますし、巨大ロボットとアトムの戦いも舞台上で演じられます。
アトムは飛びますし、戦いの煙幕の中に飛び込んだり、爆風に吹き飛ばされて一瞬姿を見せたかと思うとすぐにまた攻撃態勢で煙に飛び込んでいきます。
そういうシーンが漫画の手法そのままに舞台上で演じられます。
というか、漫画の絵を舞台で表現していると言ったほうが良いですね。
演出はなかなか面白かったです。

物語は漫画「プルートゥ PLUTO」を読んでいないchirosukeには少し解りにくい部分がありました。
でも漫画「プルートゥ PLUTO」の持つ強烈なメッセージは伝わりました。
そのメッセージはとても社会的というか政治的な部分を感じます。
原作がそうなのだから仕方ないですね。
手塚治虫さんの漫画『鉄腕アトム』の『地上最大のロボット』より政治的な部分が具体化されています。(イラク戦争)
舞台では、物語の根底に流れる「ロボットは人間と同じなのか」というテーマより「憎しみの連鎖はどうやったら断ち切れるのか」を感じてしまったchirosukeです。
そしてその問いにはやはり答えはなくて「人類に課せられた永遠の課題」として提示されていました。

難しいテーマですし、舞台でそれをやられても辛いかな・・・。
でも漫画の画像イメージが舞台で表現される試みは面白かったです。
永作さん演じるウランちゃんはかわいかったですし、二役で演じたヘレナの泣き真似のシーンではchirosuke思わず涙目でした。

あとソフトバンクのPepperがロボット俳優として出演してました!
Pepperの出演回は以下の通りです。  
1月10日(土) 17時開演
1月21日(水) 14時開演
1月21日(水) 19時開演
偶然ですがchirosuke、生Pepperを初めて観ましたよ~。
世界初の感情認識パーソナルロボット、Pepper(ペッパー)です。
ただ舞台を横切って少し手を振っていただけの出演でしたが、感情認識っていうキーワードが、この舞台にPepperがでてくる意味があったのかも知れません。
観られてラッキーなchirosukeでした。

完璧な人工知能=人間ならば・・・
嘘をつくし、記憶を忘れる、判断も間違う、悲しみや憎しみの感情を持ち、時にはその感情により殺意も抱く。
癒せない悲しみには泣くことで対処する・・・、そして少し楽になろうとする。
それこそが人間です。

やっばり浦沢さんの漫画「プルートゥ PLUTO」を読んでみようかな。
これってすっかりこの企画の罠ですか・・・chirosukeよ。

広告

2件のコメント (+ 自分のものを追加)

  1. にこ
    5月 24, 2015 @ 20:23:19

    Eテレでプルートゥを見て、こちらにたどり着きました。
    100万回生きたねこ、新キャスト版も気になっていたので、楽しく拝読させていただきました。
    NPT会議決裂のニュースを見たあとでしたので、非常にかんがえさせられ、子ども達にこそ見て欲しい舞台だと思いました。

    返信する

    • chirosuke
      5月 24, 2015 @ 21:20:19

      にこ 様
      始めまして。chirosukeです。
      コメントありがとうございます。
      生の舞台でも、観終わった後いろんなことを考えました。
      舞台は良いですね~!
      気まぐれでつたないブログでありますが、楽しんでいただけてとても嬉しく思います。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

      返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。