フランスアンティーク 少女のメルスリーボックス


SMB1素晴らしいフランスのアンティークメルスリーボックスを身請けしました。
素晴らしいお品だけに身請け額もそれなり・・・でありますが、増税直前に思い切ったchirosukeであります。

フランス1915~1925年頃のメルスリーボックスです。
大きさは 幅303mm × 奥行220mm × 高さ120mm

SMB2 箱は木製箱にオリジナルプリント貼りです。
ブロンズのパーツ飾りが豪華~!
箱の両サイドにもブロンズ製の取っ手付きです。

正面に貼られたかわいいバラのクロモのところに2箇所の鉤フックが付いています。
このフックを外すと・・・!

SMB3正面がパタンと手前に開きます。
そして、引き出しがあらわれます。

ここにも古いタイプのクロモが貼られています。

上部のふたが開いて、引き出しを開けると夢みたいに美しい世界が現れます!

SMB4 全てを開いたところ。

ふたの裏には、花クロモ飾りの糸巻にカラフルな色の糸や細幅綿レースが飾られています。

四角いボックスの中に引き出しが隠れていたり、箱自体の仕掛けがとても凝っていて素敵すぎ!
chirosukeはもう目がうるうるであります。

SMB5ふたの裏側のアップ。

糸や刺繍糸が飾りのようにバランス良く配置されています。
中央に鏡、ここにもクロモが!花束を抱えたかわいい少女と猫です。

整理整頓されたおもちゃ箱、といった雰囲気ですね~。
お裁縫箱なのに、とってもおしゃれです。

SMB6一段目には色糸刺繍の練習用セット、刺繍用図案布などがピンクのシルクリボンで飾られています。

子供用のピンクのロザリオ。
古い貝のミニボタン。
指抜き。
波テープ、アンティーク布花などなど・・・。

アンティーク箱に入っているのは、ほのかなピンク色のスパンコールです。

SMB7下段の引き出し内部です。

古い綿布。
レース布。

オフホワイトダマスク織布が素敵にセットされています。

ピンクのストライプ、小花のプリントなどchirosukeが好きな雰囲気のものがいっぱい!

SMB81段目の中身をいくつか並べてみました。

ピンクのロザリオは子供用なので小さいです。
当然chirosukeにはかけられません・・・。
どんな女の子が大切にしていたものなんでしょう。

SMB91段目の底に入っていた、手刺繍のブラウス袖1対(白糸刺繍)です。
古着の袖を切って、子供の刺繍の練習用にしたものでしょうか。

古いものが残っているということは、人の手を介して大切にされていたということですね。
長い年月と遠い異国からの旅を経てchirosukeの手元にやってきた素晴らしいメルスリーボックスです。
chirosukeもずっと大切にしたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。