イマン 「プリンセスローズのビードストッカーM」


プリンセスローズ ビード入りストッカー_x「プリンセスローズのビードストッカーM」です。

ほうろう 協和工業製

プリンセスローズのビードストッカーMはイマン後期に新工場でもつくられましたが、そっちには蓋に模様はついていません。
chirosukeが持っているのは協和工業製であります。
吹きもしっかり入っていて、やはり協和工業製は違いますね。

ビードっていうのは、ぐるっと周囲にある溝のことです。
アンティークで見られるデザインのひとつです。
ビードがあるから何か良いことがあるかというと何もありません・・・。
ただ、見た目が美しいというだけであります。
「吹き」と同様、ビード入りと無しでは身請け額も変わってくるのですが、どちらもあるほうが素敵です~。

このストッカーはルピシアのお茶(ティーバッグ)をストックしています。
吹きのある蓋はアンティークな形で、小さなプリンセスローズも2箇所ついているchirosukeのお気に入りです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。