寺山修司と天井桟敷・全ポスター展 


寺山修司ポスター寺山修司:没後30年記念イベントのひとつ、
「寺山修司と天井桟敷・全ポスター展」を観にいってまいりました。
(会期ギリギリであります)
会期:2013年4月10日(水)~5月19日(日)
場所:ポスターハリス・ギャラリー(渋谷)
入場料 一般:500円
※ パルコ劇場『レミング』、シネクイント『寺山修司◎映像詩展』のチケット提示で1回のみ無料

chirosukeは先日「レミング」を観ていますのでチケット半券を持参し、無料で入れました~!
(レミング観劇については4月27日のブログをみてね)

寺山さん主催の「演劇実験室◎天井棧敷」(1967~1983)の演劇公演ポスターの展示です。
chirosukeは大好きな金子國義さんが描いたポスターを観たかったのですが、残念ながら金子さん作のポスターはありませんでした。(縮小版の一覧ではありました!)

よく残っていたなぁと思うような古いものばかりです。
ポスターは宣伝の為に描かれるものですが、とっても過激~!
70年代に象徴される「アングラ演劇」ってすごかったのだなぁ。
過激でアナーキーで挑発的。
そこにエロっぽさが加わりもうすごい。
正直言ってエロチシズムというよりエログロギリギリであります。
時代ですねぇ。
昔の言葉ですが「サイケデリック」ってこんなんだっけ。
ポスターという手法のアート作品ですね。
しかも既成概念をぶっ壊すくらいのメッセージが感じられるようです。
当時のアングラ演劇の勢いや、寺山さんが追求した「見世物の復権」が、色んなアーティストの想像力で形になっていました。

chirosukeは天井桟敷の舞台は一度しか観ていません。(最後の公演)
chirosukeが演劇少女だった時に観ておけば・・・というのはもう変えようもない昔話ですね。
その時のchirosukeはアングラ演劇に対して「良くわからない世界、理解し難い表現」と思っていました。
「普通のお芝居とはちがう、踏み込んではイケナイ世界」のように感じていました。
今思えば狭い世界の小娘ですが、それもまたchirosukeです・・・。
劇団の研究所時代に、同期生から、友人(別の研究所)が天井桟敷のオーディションに行ったという話を聞いたことを覚えています。
『オーディション会場に行ったら演技の課題が【紫になってください】だったんだって~。どうしていいかわからなかったけど夢中で紫を演じたら、寺山さんが【すごく良かったよ】って褒めてくれたんだって』
結果合格したかどうかは不明ですが、演劇少女chirosukeは、「アングラってよくわからん・・・自分には向いていないなぁ」と思いました。
紫になる、ってなんなんだ?? どうやって演じたんだ? 紫になれないと天井桟敷に入れないのか?
どんな劇団なんだ・・・?
今になって思えばその課題は判断のすべてではなく、表現力の一面に過ぎないと想像できます。
もちろんchirosukeは紫になる演技はできません・・・。
いやぁ、天井桟敷恐るべしです。

今はもう、過激で美しく挑発的なポスターから想像するしかありませんが、独創的で寺山さんの「毒」がいっぱいちりばめられた世界があったことでしょう。
寺山修司(天井棧敷)、唐十郎(状況劇場)、鈴木忠志(早稲田小劇場)、佐藤信(黒テント)、串田和美(自由劇場)らアングラ劇団が実験的舞台を創っていた時代のポスターでした。
chirosukeはもう少し後の80年代小劇場ブームに夢中になった演劇少女でありました。

横尾忠則さんや宇野亜喜良さん等のポスターは今観ても超過激~!
金子國義さんのも観たかった・・・。
寺山さんの直筆原稿・台本・公演のチラシ・パンフレット・舞台写真・小道具などの演劇関連資料も展示されていました。
chirosukeは30年前に観た「レミング」で使用された小道具:大きな体温計を観られて嬉しかったです。
ああ、あの時みた1メートル以上ある体温計だぁ~!
心の奥が少し「きゅっ」となりました。

絵葉書を身請けしたのですが、どれも過激で若い娘さんのあられもない姿なんかが描かれていて、これをお友達に出したら勘違いされそう・・・と思い、エロちっく感の薄い絵葉書を選びました。
粟津潔さんの「犬神」です。
怪しさはたっぷりです~!

寺山さんが生前「僕の職業は寺山修司です」と言われてたことを思い出したchirosukeでありました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。