お料理チャレンジ! 「ねぎのヴルーテ」


千葉県産泥付きネギ_x有名なお料理研究家の辰巳芳子さんのねぎのスープのレシピです。
たまたまテレビでやってて、ねぎの好きなchirosukeは「これならできそう!」と単純に思い立ちチャレンジです。

ねぎをただひたすら炒め続けるこのお料理・・・。
辰巳先生いわく「とにかく手を抜かず、丁寧につくらなくちゃダメ」でした。
ゴメンナサイ、辰巳先生・・・chirosukeは鶏ガラスープを一からつくるなんてできませんでした。
市販の「鶏ガラスープの素」を使います!

ヴルーテというのはフランス語でビロードのような、という意味なんですって。
時間はかかっても、この「ヴルーテ」を作り置きしておけば、簡単に美味しくて栄養のあるスープが飲めるというものらしい。
煮沸瓶に入れて冷蔵庫で5日間、冷凍庫で約3か月保続できるそうです。

【ねぎのヴルーテ】
・ねぎ 10~15本(正味600g)
・オリーブ油 カップ1/4
・しょうが汁 大さじ1
・鶏のブイヨン カップ2+1/2
・塩 小さじ1

■作り方
①ねぎは3~5mm厚さの小口切りにする。
厚手の鍋にねぎを入れ、まず加熱せずにオリーブ油を全体に木べらでからめる。
※野菜に油をからめてから火をつける。こうすると全体にまんべんなく油が行き渡る。
② 火力全開を10とすると、4の火にかけてふたをし、木べらで時々混ぜて蒸らし炒めにする。
しんなりするまでしっかり炒める。
③しょうが汁を入れて蒸らし炒めにし、【鶏のブイヨン】を注いで塩を加え、煮詰める。
④ ぽってりとした、ペースト状になれば、ねぎのヴルーテの完成。
1人分はヴルーテ約大さじ1をティーカップに入れ、熱湯カップ3/4~1を注ぐ。
塩少々で味を調える。
⑤ 【ねぎのヴルーテ】は、煮沸消毒した瓶に入れ、冷蔵庫で約5日間保存可能。
または、小分けにして冷凍用保存容器に入れ、冷凍庫で約3か月間保存可能。

ネギ1_xではchirosuke、さっそくねぎのヴルーテ作りにチャレンジです!

いきなりねぎ10本はキツイので近くのスーパーから6本入り(298円)を身請けしてきました。
千葉県産泥付きねぎです。

お鍋はル・クルーゼを使います。
刻んだねぎでココットロンド18㎝がほぼいっぱいです。

ネギ7_xオリーブオイルを絡めて炒めます。途中ショウガ汁を入れて蒸し炒めの後、鶏ガラスープと塩を加えて蓋をせず煮詰めました。
炒め始めて約1時間後です。

ヴルーテ_x煮沸消毒した瓶に入れました。
ねぎのヴルーテ完成!

ネギのスープ_xマグカップにスプーン一杯のヴルーテ、塩少々に熱湯を注いでスープをいただきました。
ねぎの甘みとショウガの香りでとっても優しい味です~。
chirosukeは少し扁桃腺がはれてしまい少し喉がつらいのですが、おいしくいただけました~!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。