東京かまぼこバトル2013 小田原VS大寅


年末年始は今年も東京で過ごすchirosukeです。
昨年に引き続き、今年の年末も練ものメーカーさんの熱い戦いがはじまっております!
(去年の様子は2011年12月31日のブログを見てね)

chirosukeは今年は池袋のデパ地下でかまぼこを身請けしました。
小田原の有名メーカーさんの鈴廣さんとみの屋さんと今年も大阪から出店していた大寅さんの練り物がターゲットです。
食べ比べしたいのに加えて、身内びいきといいますか大寅さんを応援したくて、ついつい身請けをしていたらカマボコだけで8,000円以上の身請け金となりました・・・。
おせちが1万円なのにカマボコで8,000円ってど~よっ!!
お正月はカマボコ三昧になりそうな予感のchirosukeであります・・・。

鈴廣_xさてさて、年末のデパ地下、chirosukeはまず鈴廣さんのブースに行き、お目当ての「碗種」をまずゲットしました。
とってもかわいい梅の花の形の練り物です。
碗種、というからには碗というかお吸い物をつくるという前提なのですが、chirosuke深く考えていません~!
かわいいから・・・身請けです。まるでおままごとです。

鈴廣さんでは定番の紅白蒲鉾を選びましたが、お店のお勧めはお正月限定のお品だそうです。(そりゃそうですね)
ただしっ、お高い!! 最低でも一本2,700円です。紅白で身請けしたら5,000円超えます!
お店のお兄さんが「こちら(2,700円以上)がお正月だけ出しているものです。そしてこちらはいつでもお買い上げいただける分です。」
心なしかお兄さんが「こちらは・・・」と示す手振りが実に微妙!
2,700円以上のお正月用の時には手が一瞬「ぴしっ!」と止まります。
で、いつでもお買い上げできる1,100円~1,800円クラスのグループをさす時はとっても素っ気ない! いかにもついで・・・という感じで0.1秒たりとも手は止まりません。
販売する側としてつい気持ちがはいっちゃうんでしょうね~、chirosukeは面白かったです。
他のメーカーさんのものも食して見たいchirosukeは、迷わず「ではいつでも買えるコレを一本ずつ・・・」と紅白蒲鉾と、伊達巻ハーフと碗種を身請けです。
chirosukeにとっては一本1,000円以上のカマボコなんてドキドキですよう~!

大寅_x鈴廣さんですでに4,000円以上の身請けをしたchirosukeは、去年もでていた大阪の老舗「大寅」さんのブースへ向かいました。
いましたいました、去年もいてお喋りしたおばちゃんですよ~!
当然chirosukeのことは覚えておられません。

ワゴンの前に立ったchirosukeが下げているビニール袋をみるなり、おばちゃんが
「もう鈴廣さんでごご用意されたんですねぇ・・・。鈴廣さんのお味がお好きでしたらうちのは歯ごたえがあるから、ちょっと違っていますよ」
chirosukeは「大寅さん!私関西ですから良く知ってますよ!去年もここで買いました。今年はどれがおすすめですか?」とお返事しました。
おばちゃんはとっても喜んで、「まあっまあっ! そうでしたかっ!!」
chirosuke「東京は小田原強いですねっ」
ここでおばちゃん、勢いづいてワゴンの向こうから出てこられ、chirosukeの所に来ましたよ!
おばちゃん「もうね・・・すごいんですわ。太刀打ちできませんねん。」
chirosuke「そんなにすごいですかぁ」
おばちゃん「東京では大寅の知名度低いしね。そやけどうちの味を好きやと言うてくれはるお客さんがいてはるから、毎年出さしてもろてますねん」
chirosuke「大寅さん、がんばりましょうよ!私も少し買いますから。去年のも美味しかったですよ」
おばちゃん「こないだ文枝さんが『蒲鉾はやっぱり大寅でっせ』言うてくれはってねぇ。ありがたいことに関西では売れてますねんけど、地域柄やねぇ、こっちは鈴廣さんのひとり勝ちですわぁ」
chirosuke「そうなんですか。じゃこの梅の模様、かわいいからこれいただきますね」
おばちゃん「ありがとうございます!あとね、はも板、すぐ売れてしまってもう入荷ないんですよ、たぶん明日はもう無いですがおひとついかがですか?」
chirosuke「はも板ねぇ・・・2,700円!!ちょっと手が出ません・・・」
おばちゃん「そうですかぁ、これ8割【はも】なんですよ!うちのにはねぇ【はも】が入ってるんが自慢なんですわ!せっかくやし良かったら松竹梅で揃えたらきれいですよ~」
chirosuke「そうですねぇ・・・じゃ、3本いただきます」
おばちゃん「ありがとうございます!ほんま知名度が無いってねぇ。私ら関西でカネテツの歌聞いて育ってるけど東京ではだぁれもカネテツ知りませんもんね・・・」
chirosuke「今はカネテツデリカフーズさんで神戸本社ですよね」
おばちゃん「よう知ってはりますねぇ、♪てっちゃんてっちゃんかねてっちゃん♪って関西やったらみんな知ってるのにね」
chirosuke「♪ままごと遊びの母さんたちはみ~んなてっちゃん大好きよ~♪」
つい口にでたchirosukeのてっちゃんの歌の冒頭部分に驚くおばちゃん!
おばちゃん&chirosuke「♪てっちゃんてっちゃんかねてっちゃん♪」
chirosuke「♪ちくわとかまぼこちょうだいな。へ~いへ~いまいど~、ありがとさん♪」
調子にのってフルコーラスで歌いきったchirosukeに驚きの眼差しの「大寅」の売り子のおばちゃん!
おばちゃん「お客さん・・・すごいですわぁ・・・」
おばちゃん、サビの部分だけかいなっ・・・!

てっちゃんって、デパ地下でなんで歌わなあかんねん・・・しかも大寅のおばちゃんと、関係ないカネテツのCMソング・・・。
小声で歌ったとはいえお客さんが寄ってきて、すっかり人寄せパンダやないですかっ!
chirosuke久々に関西人の本領発揮であります。

大寅さんの「はも」入りかまぼこ3本を身請け、さらにおばちゃんの強いお勧めでこれまたすぐに売り切れるという「なると」315円も追加して大寅さんで約3,500円を身請けしたchirosukeです。
さすが大阪商人、客を煽って歌わせて買わせる・・・商い上手ですなっ!!

みの屋_xおばちゃん「良かったら鈴廣さんのもここに入れてって」とでっかい紙袋(もちろん大寅のでっかいロゴ入り)を用意してくれました。
その後、大きい紙袋を下げて店内を歩くchirosuke、小田原の鈴廣さんで身請けした事実は大寅さんの紙袋に隠されてしまいました。
恐るべし、ナニワあきんど!

「ありがとうございました!来年もまた来ます!」とお辞儀するおぱちゃんに「またきてください」と返事するchirosukeですが、『おばちゃん、今度来たときはカネテツの歌最初から最後まで歌えるようになってくれ・・・』とは心の中だけ・・・!

その後、小田原の「みの屋」さんで伊達巻ハーフサイズをひとつ身請けしたchirosukeです。
もちろんお品は大きい「大寅」さんの紙袋の中です~。

kamaboko比較お味見は少し先ですが、chirosukeは今回身請けしたかまぼこの比較表をExcelで作ってみました。
おおっ、やはり表にするとわかりやすいぞ!
師走といいつつ、chirosukeまだまだ余裕のようです・・・。
お味見結果はまた報告します~!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。