作品集 「金魚養画場」 深堀隆介


「金魚絵師」深堀 隆介さんの作品写真集です。
chirosukeは金魚大好き!
この人の作品をTVで初めて観たときには衝撃でした!
枡や桶の中に金魚が生き生きと「封じ込められて」います。

てっきり「生き金魚が閉じ込められているっ!」と思いました。(それも衝撃・・・!)
ところがこれは「生き金魚」ではなく、深堀さん独自の手法で「描かれた金魚」でした!
金魚の姿を描き、何層にも樹脂を流し込んでは描き・・・を繰り返して立体的にみせているとのことです。

すごいです! 何もないところから「生き金魚」が生まれることにchirosukeは感動します。
リアリズムを追求した果てにイメージが広がった想像の世界があった、という感じです。

【プロフィール】
1973年愛知県生まれ。1995年愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻学科卒業。2000年スランプ時、7年間粗末に飼っていた金魚に初めて魅了される(金魚救い)。2007年アトリエ『金魚養画場』を横浜に開設。

ご本人が言われている「金魚救い」という言葉・・・。飼っている金魚からインスピレーションを得て、試行錯誤の末にたどり着いた表現ですね。

作品は制作時間が掛かるために数が少なくてとっても入手困難です。
一合枡18万~25万円くらい、5勺枡は4万円~5万くらいです。もちろん美術品なので価格は変動します。
5勺枡だったら手の届かない価格ではないでしょうが、作家ご本人が今後は5勺枡は制作しない(時間が無い)と仰ってますので残念・・・。
一合枡も展示会などでは即完売という人気。当然価格も吊り上っていくのでしょうから、身請けは無理でしょう・・・。

この写真集、深堀さんの作品を知ることができる点では素晴らしいのですが、写真の画質が良くありません。
暗いし、ぼんやりした感じ。意図的なのかはわかりませんがネットの写真のほうが鮮明ってどうよ・・・。ちょっと残念です。
やはり身請けは別として展示会等で実物を観てみたいchirosukeです。

深堀さんのHPです。
http://goldfishing.info/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ほうろうって・・・

優しく扱ってあげないと、欠ける、はがれる。
お鍋の取っ手は熱くなる・・・。
お高い・・・。
でも綺麗なんだものっ!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。